検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜市章の由来について知りたいです。カナカナの「ハマ」になっていると言うのは解るのですが、その他に意味・由来があったりしないかとキニナります。(jbさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜の「き章」は、1909(明治42)年に開港50周年の記念行事として当時の横浜市役所文書課長、有賀初吉氏が創案した。

  • LINE
  • はてな

2012年01月01日

ライター:松崎 辰彦

横浜の象徴、通称ハママーク。
その認知度は、横浜市民にとってほぼ100%に近いのではないだろうか。
 


実際に、横浜市内でヒアリングしてみたところ、「知っている」「見たことある」という声が大半であった。

 

「横浜のマーク。小学校で見た」
 

「知ってますよ。中学校で見たかな」


学校や役所でもよく目にするし、マンホールにもある。

 

当然、役所の掲示板にもハママーク
 


マンホール中央にだってある


正式名称は横浜市「き章」。妙な表記だが、漢字で書けば「徽章」となり、常用漢字にない文字を使うことになってしまうので、こんな書き方になるのだという。
ちなみによく使われる「市章」は、公式の言い方ではない。

よく見ればたしかに「ハ・マ」の二文字が入っている。書きやすく、覚えやすい。
このマークには、どんな由来があるのだろう。



ハママークは開港50周年の記念事業で制定された

このマークが横浜市の「き章」になったのは
1909(明治42)年のことである。

当時「開港50周年」に沸いていた横浜は、記念行事の一環として「き章」の一般公募をおこなった。そして当選したのが、一般市民に混じって応募した横浜市役所文書課長だった有賀初吉氏の作品である。併せて横浜市歌も制定された。

この「き章」は
、1909(明治42)年6月5日に出された「告示第44号」で正式に制定されている。


本市徽章
明治42年6月5日
告示第44号

本市徽章ヲ次ノ通リ相定ム
地質 白
徽章 赤
 


寸法割合
高サハ横ノ100分ノ70
線幅ハ横ノ100分ノ8
線隙ハ線幅ノ4分ノ1

全体のデザインに関しては、ご覧の通り数字を出して厳密に決めてもいる。

しかし、実際上つねに「白地に赤」というわけにもいかず、色彩に関しては融通をきかせて運用している。事実、市職員のバッジの「き章」は青である。




 

はまれぽ編集部のイチオシ

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

カラダを思いっきり動かして運動能力向上! 子どもらしく過ごせる「大津スイミングクラブ・スポーツ学童」

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

横浜初! 「VRエクササイズマシーン“イカロス”」を体験してきた。

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング