検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末

ココがキニナル!

中華街がまわりから見ると斜めなのは、中国人が風水思想に基づいて作った街だからというのは本当でしょうか?(minamiさん、yamaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

開港以前に造られた新田のあぜ道にそった区画なので、中国人が風水思想に基づいて作ったわけではない。

  • LINE
  • はてな

2012年01月10日

ライター:吉岡 まちこ

どのくらい斜めか確認してみよう

中華街はわずか半キロ四方の広さに600店以上もの店がひしめく、中国人パワーみなぎる街。

中華街の区画だけがまわりの街並みと違い斜めになっているのは、知る人には有名な話。
中国人が風水にこだわって作ったから、ここだけ別世界みたいに斜めになっているんだというウワサがある。でも実際は違うらしいというのが最近の定説。どうして証明されたのか? その根拠を取材してみた。

まず地図で、どれくらい斜めかをチェック。
周囲の道が、海岸線と平行または垂直に作られている中で、中華街だけがキレイに違う向きだ。
 


なるほど、まわりの街並みと45度ズレている中華街(Googleマップより)


実際に歩いていてもなんだか迷路のように感じるし、自分なんて毎度、思った通りの場所に行かれない…。
 


街の中でまっすぐ前を見ると、まわりのビルが斜めにこっちを向いてる
 

まわりの区画との境目では、あちこちでこんな五差路ができてしまう


ところで、最初の地図の方位を見て、あることに気づかないだろうか?
そう、実は、一見斜めに見える中華街こそが方位的にはちゃんと東西南北を向いていて、曲がっているのはむしろまわりの街並みだったのだ。
それで、さすが風水を重んじる中国人が作った町だという説がまことしやかに広まって行ったというわけ。



開港より60年も前に、このカタチはでき上がっていた!?

「中国人風水説が定説になるのはまずいでしょ」と、待ったをかけたのが、横浜開港資料館・主任調査研究員の伊藤泉美さん。

なぜならそこは、中国人が住むよりもずっと前、横浜村の村民が埋立てた新田のあぜ道にそった区画だからだ。

新説が発表されたのは、平成20年1月から開かれていた「ハマの謎とき――地図でさぐる横浜150年」という企画展でのこと。その伊藤さんに直接お話しを聞きに行った。
 


横浜開港資料館の伊藤さんは、子どもの頃から中華街は庭。道に迷うことは「絶対にない」そう!


伊藤さんがまず注目したのは、下の江戸時代末期の嘉永4年(1851年)の地図。
海側から今の関内一帯を見た地図で、下が海、左方向が山手、右方向がみなとみらい方面だ。
このあたりが江戸時代の新田開発で埋立てられた土地だというのは「はまれぽ」でもおなじみ。

太田屋新田の隣、斜めに向いた半月状の土地が、今の中華街の場所にあたる。
そこにはよ~く見ると「横浜新田 寛政九年開発 高七十三石」という文字が。寛政九年(1797年)、つまり開港より62年も前に開発された新田だとわかった。
※下の地図の青字、青線を参考にご覧下さい。
 


江戸時代末期1851年の地図。「横浜村幷近傍之図」部分(横浜市中央図書館蔵)
地図をもっともっと拡大して見てみたいかたは
こちらから


地図上の赤い文字はというと、明治時代に入ってから書き加えられたもので、その後どう開拓したかが書かれているらしい。
たとえば、中華街の前身である横浜新田の左横には、「元町通り」という赤い文字と点線、そして「万延元年掘割 幅十間」という解説。どうやら万延元年(1860年)=開港の翌年に堀割の工事があったらしい。

そこで現在の地図をひっくり返して、角度を合わせてみると――
 

 

開港前の江戸時代の地図(1851年)に現在の地図を重ね合わせる


なんと!今の中華街の道と古地図のあぜ道が、ピッタリ重なるでは!!

そして元町通りの掘割というのが、今の首都高速の下を流れている堀川のことで、太田屋新田と上の沼地との間の川が、今のJR根岸線の下になっていることも一目瞭然!

つまり、開港より約60年も前に土地は造成されていて、少なくとも開港の8年前には今と同じ向きで道があったらしいことがわかった。


そのままの区画が今まで残っていた、その理由は? 次のページ

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

中華街に栗屋台が多いのはなぜ?

和田の三本の矢で「ワダノミクス」!? 保土ケ谷区「工藤不動産株式会社」

  • PR

中華街の500円ランチってどんなものが出てくるの?

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

横浜港のハブ化はどこまで進んでいるのか!?

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

「キモい」と言われ続けている横浜西口の残念なキャラクター「にっちい&ぐっちい」が変身したってホント!?

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

新着記事

居酒屋のキャッチについて行ったらどうなる?その1

    • 面白かった87
    • 面白くなかった3
    • コメント0
  • 2018年10月18日

台風の塩害で「横浜三溪園」の紅葉がピンチ? 秋まで尾を引く災害の爪痕とは

    • 面白かった117
    • 面白くなかった2
    • コメント4
  • 2018年10月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

安い旨いの理由はフレンチ出身のシェフにあり!豪快かつ繊細な料理に目と舌に喜びを「横浜ビストロZIP」

  • PR

夢のマイホームをセミオーダーで建てる。戸建に関するすべてに自信があります!「株式会社横浜建物」

  • PR

財産を「負の遺産」にしないために! 相続税の相談・対策なら、関内駅徒歩2分の「北川孝税理士事務所」

  • PR

予約不要で即日修理!「iPhone修理のクイック 横浜西口店」

  • PR

30~40代のオシャレメンズ増殖中! ゆるふわパーマで印象変えよう! 美容室「S. Blanket」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • ほっこりします。相鉄バスを通勤で利用していますが、最近になって車内アナウンスの変化がありました。それ...

  • 洪福寺松原商店街に出来たカゥンというミャンマー料理屋さんがキニナリます。 美人で可愛い店長が作ってく...

  • 東急沿線なのに、なぜバスは東急が走っていないの?

あなたはどう思う?

仮装して、どのハロウィンイベントに参加する?

最近のコメント