検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

鎌倉市笛田にある、「ちんや食堂」。外観からして不思議な食堂なのですが、いったいどんなメニューがあるのか、何がおいしいのか、是非調べていただきたい。(higeoyaji3rdさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

表はパリパリ、裏はモチモチの「ギョーザ」が一番の人気!麺類なら「しいたけそば」、定食なら「もつ炒め」もオススメです!

  • LINE
  • はてな

2012年02月01日

ライター:河野 哲弥

県道沿いでひときわ目を引く、独特の店構え

鎌倉大仏がある長谷から藤沢市内へ抜ける県道沿いに、何だか不思議な建物の定食屋がある。
その名もずばり、「ちんや食堂」。
 


「ちんや食堂」外観


ひときわ目を引く黄色の物体は、スピーカーのように見えるが、実はランプシェードのようだ。その下の黒い看板には「サンマーメン」とある。「ラーメン」と書かれた赤ちょうちんもあるし、木の切れ端で作ったような白い看板には「ぎょうざ」の文字が見える。

無秩序な色彩の中に独特の文字が躍っている。確かに不思議感が濃厚な店だが、その入り口の赤い暖簾を見ると、どうやら「中華料理」店であることは間違いなさそうだ。

そもそも「ちんや」って何だ。珍しいものが食べられるから「珍屋」なのか。
そんな数々の疑問を抱えつつ店内に入ると、そこには、何とも表現しがたい世界が広がっていた。



店主は80代で現役、その人生が詰まった店内

出迎えていただいたのは、店主の増田一仁(ますだ かずひと)さんと、奥さんの美佐子(みさこ)さん。
まずは、その店内の様子から拝見させて頂こう
 


店主の増田さん(奥さんは、写真は遠慮したいとのこと)
 

所狭しと並んだ、さまざまなオブジェたち
 

どことなく、仏教の思想も感じられる


増田さんによれば、こうしたオブジェの多くは、自分の趣味で作ったものとのこと。
店外のさまざまな手描き看板も、増田さんご自身が「趣味が高じて」書いたものなのだとか。

以前は陶芸に凝っていたらしく、自作の皿や置物なども目に付いた。
仏教は特に意識したことはないが、「自然にそうなってしまったのでしょう」と話していた。

 


「空」という字をイメージしたという、陶器製の人形(テーブル右側)
 

店外の看板や店内のオブジェの一部にも、このサインが描かれている


これはskyではなく、「うつろ」という意味の「空」をイメージしているそうだ。
色即是空という言葉にも使われるように、やはり、どことなく仏教感が伺える。

そんなオブジェを眺めていたら、かなり昔の写真を発見した。人力車や着物姿の女性が写るその奥に、「鎌倉ちんや食堂」の文字が確認できる。
いつごろのものなのだろう。この場所の昔の様子なのだろうか。
そこで、増田さんに、お店の歴史や名前の由来を聞いてみた。




 

はまれぽ編集部のイチオシ

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

腐りにくいウッドデッキが大人気。快適さは実績と安心が保証。ウッドデッキ専門会社「ウッディ企画」

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

企業のヒトにまつわる問題解決を担い、企業の長期発展とともに笑顔をもたらす「横山社会保険労務士事務所」

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング