ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ルミネの女社長が女のための店にするために理髪店を追い出したのが今の横浜駅前理髪店前の行列の原因か?これネタに記事できるかな?

    kodama_koさん

    本牧市民公園に、蒸気機関車のD51が展示されています。公園のホームページには“機関室に自由に入ることができる”とありますが、実際は老朽化を理由に柵が二重に張り巡らされて近づけないという、かなり残念な状...

    濱俊彦さん

    川崎縦貫道と大師線の地下化、2つの計画の内のどちらかが実現すると川崎市内から羽田空港やアクアラインへの所要時間が大幅に短縮されると思うのですがどちらも進展が見えません。限りある予算で市内の交通状況を良...

    ユースケさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

鎌倉市笛田にある、「ちんや食堂」。外観からして不思議な食堂なのですが、いったいどんなメニューがあるのか、何がおいしいのか、是非調べていただきたい。(higeoyaji3rdさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

表はパリパリ、裏はモチモチの「ギョーザ」が一番の人気!
麺類なら「しいたけそば」、定食なら「もつ炒め」もオススメです!

ライター:河野 哲弥 (2012年02月01日)

県道沿いでひときわ目を引く、独特の店構え

鎌倉大仏がある長谷から藤沢市内へ抜ける県道沿いに、何だか不思議な建物の定食屋がある。
その名もずばり、「ちんや食堂」。
 


「ちんや食堂」外観


ひときわ目を引く黄色の物体は、スピーカーのように見えるが、実はランプシェードのようだ。その下の黒い看板には「サンマーメン」とある。「ラーメン」と書かれた赤ちょうちんもあるし、木の切れ端で作ったような白い看板には「ぎょうざ」の文字が見える。

無秩序な色彩の中に独特の文字が躍っている。確かに不思議感が濃厚な店だが、その入り口の赤い暖簾を見ると、どうやら「中華料理」店であることは間違いなさそうだ。

そもそも「ちんや」って何だ。珍しいものが食べられるから「珍屋」なのか。
そんな数々の疑問を抱えつつ店内に入ると、そこには、何とも表現しがたい世界が広がっていた。



店主は80代で現役、その人生が詰まった店内

出迎えていただいたのは、店主の増田一仁(ますだ かずひと)さんと、奥さんの美佐子(みさこ)さん。
まずは、その店内の様子から拝見させて頂こう
 


店主の増田さん(奥さんは、写真は遠慮したいとのこと)
 

所狭しと並んだ、さまざまなオブジェたち
 

どことなく、仏教の思想も感じられる


増田さんによれば、こうしたオブジェの多くは、自分の趣味で作ったものとのこと。
店外のさまざまな手描き看板も、増田さんご自身が「趣味が高じて」書いたものなのだとか。

以前は陶芸に凝っていたらしく、自作の皿や置物なども目に付いた。
仏教は特に意識したことはないが、「自然にそうなってしまったのでしょう」と話していた。

 


「空」という字をイメージしたという、陶器製の人形(テーブル右側)
 

店外の看板や店内のオブジェの一部にも、このサインが描かれている


これはskyではなく、「うつろ」という意味の「空」をイメージしているそうだ。
色即是空という言葉にも使われるように、やはり、どことなく仏教感が伺える。

そんなオブジェを眺めていたら、かなり昔の写真を発見した。人力車や着物姿の女性が写るその奥に、「鎌倉ちんや食堂」の文字が確認できる。
いつごろのものなのだろう。この場所の昔の様子なのだろうか。
そこで、増田さんに、お店の歴史や名前の由来を聞いてみた。



外装だけでなく内装もどこかファンタスティックな「ちんや食堂」!はたして料理のお味は?≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事