ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    日本への外国人観光客数が増加しており、2014年は1,400万人になるといわれます。横浜市統計では例年その8%前後が市の観光客数になっているため、2014年は余裕の100万人超えが推測されます。成田・...

    katsuya30jpさん

    横浜橋商店街の不思議どこの地方の商店街も廃れているのに、何であんなに賑わっているのか?何で今でもあんなに賑わっている理由を是非知りたいです。大型店舗等の出店計画はなかったのか、とか地理的な物なのか?中...

    素人さん

    市内でも珍しい 温泉付きビジネスホテルだった アーバンルーフホテル戸塚 突然の廃業から数年、人の出入りはありそうだけれども、看板はそのまま。柏尾川温泉も気になりますが、今、現在いったいどうなっているの...

    yakisabazushiさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
東神奈川の二ツ谷の近く、半分くらい川の中に建っている謎の家、なぜこんなことになってしまった?
2位
「京急ウィング号」が県内利用者数ナンバーワンの横浜駅を通過する理由は!?
3位
川崎堀之内町の『ちょんの間』ってどうなったの?
4位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
5位
磯子駅近辺に本屋が一軒もない理由は!? 横浜の書店事情に迫る!
6位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
7位
見たらしあわせになれる!? 京急イエローハッピートレイン誕生の経緯を徹底取材!
8位
横浜生まれのコンビニエンスストア「スリーエフ」の歴史と人気商品を一挙に紹介! 
9位
横浜でもデング熱感染患者を確認! 繁みや木陰に注意!
10位
9月4日にジョイナス地下1階に新店舗5店を含む「JOINUS DINING」がオープン! 当日の様子をレポート!
11位
横浜市内でデング熱拡大の可能性? 金沢区の「海の公園」で二次被害を確認!
12位
米軍から返還された泉区の深谷通信所。今後どうなる?
13位
市営バスの「○○前でございます」という車内広告アナウンスって効果ある?
14位
鶴見区生麦駅前の「開かずの踏切」を閉鎖へ! 死亡事故を受けて市が歩道橋を整備!
15位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
16位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
17位
「シェフ監修」のお惣菜を売っている港北区のスーパー「ローヤルよつや」ってどんなところ?
18位
ランドマークプラザにある曲がるエスカレーターはどのくらいレア?
19位
「なんて書いてあるかよくわからない看板」を掲げる鶴ヶ峰の謎の歯医者さんに突撃!
20位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
21位
相鉄・JR直通線と相鉄・東横線直通線開通事業の遅延状況と今後の予定は?
22位
横浜駅西口周辺で見かけるリアカーによる果物の路上販売、その手口は?
23位
かつて青葉区に存在したという「餓鬼塚(がきつか)」、ちょっと怖い感じがする名前の由来は?
24位
鎌倉から世界へ!「鎌倉シャツ」の魅力に迫る!
25位
一見分かりにくい!? 市営バスの系統番号はどうやって決めているの?
26位
4月2日(火)オープン!国内最高レベルの図書館、中原図書館ってどんなとこ?
27位
横浜・広島間を走る高速バス「ドリームスリーパー」、その居住性は?
28位
「じゃん」「横はいり」は本当に横浜の方言なの?
29位
中華街にある怪しい建物、オリエンタルホテルは営業してるのか!?
30位
横浜駅南口の通路にひっそりとある小さな謎のマンホールの正体は? 一般市民が立ち入り禁止の「消防隊進入口」に突撃!

横浜のココがキニナル!

米軍根岸住宅地区が返還予定と聞きましたが、その後あの土地はどうなるのでしょうか?(カタリナさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

今年3月を目途に地権者グループがまちづくりのための協議会設立に向け準備中。また、市と協議しながら新しいまちづくりの計画を検討している段階。

ライター:松野 孝司 (2012/02/06)

神奈川県は沖縄、青森に次ぐ“基地県”だった

神奈川県の米軍基地の面積は20.8k㎡、基地数は14カ所で、沖縄、青森に次ぐ“基地県”でもある。

沖縄では、普天間基地移設問題などで、基地撤廃や県内移設反対という民意が明らかになっているが、神奈川では、なぜ基地があるのか、基地で何が行われているのか、近隣住民が何を思い、どのような生活を送っているのか、基地は本当に必要なのか、といったことについて普段の生活であまり語られていないように思える。

さて、神奈川県にある14カ所の施設のうち、横浜市内には現在のところ
(1)鶴見貯油施設 
(2)横浜ノース・ドック
(3)上瀬谷通信施設
(4)深谷通信所
(5)根岸住宅地区
(6)池子住宅地区及び海軍補助施設
の6カ所の米軍施設がある。
 


横浜市内には6カ所の米軍施設がある(横浜市政策局基地対策課HPより)


もともとこれらは、第二次世界大戦後に進駐した連合国軍による接収から始まり、その後「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧安保条約)」批准を受けて、米軍がそのまま利用していたものだ。

今回のキニナルの依頼でもある「根岸住宅地区」を例にとると、接収されたのは昭和22年の10月16日。以来、現在まで60年以上も米国の管理下に置かれていることになる。
同地区は、在日米海軍の住宅施設とされ、米軍人やその家族の住居約400戸の他、消防署、教会、小学校、保育園、診療所などがある。

もちろん横浜市も神奈川県も様々な機会を通じて国に対して早期全面返還を要請していたというが、沖縄の基地問題を見ても分かるようにこの種の問題は一朝一夕で進まない。

ところが平成16年10月、日米合同委員会において、6施設(小柴貯油施設、富岡倉庫地区、上瀬谷通信施設、深谷通信所、根岸住宅地区、池子住宅地区及び海軍補助施設の横浜市域の飛び地)合計約376haを対象とする返還と池子住宅地区及び海軍補助施設の横浜市域への住宅など建設の方針が合意された。

さらに平成17年10月には、一部返還とされていた小柴貯油施設の陸地部分全域等の返還が合意され、市内米軍施設総面積約528haの約8割にあたる、約419haの返還が合意された。その後、平成17年12月には小柴貯油施設(制限水域の一部を除く)が返還され、平成21年5月には富岡倉庫地区が返還されている。

こうして時系列を追ってみると、ここ数年で事態が一気に進んでいるという印象を受ける。



国有地、市有地、民有地が混在するゆえに課題も

こうした流れを受け、横浜市では平成16年10月「横浜市返還施設跡地利用プロジェクト」を設置し、返還施設の跡地利用について検討を続け、平成18年6月には、「米軍施設返還跡地利用指針」をまとめた。

それによると、根岸住宅地区は、「ヨコハマの歴史・文化を伝える庭園散策空間」をテーマとした“まちづくり”が行われるというのだが、具体的にはどんなものなのだろうか。そこで横浜市政策局基地対策課に突撃取材を試みた。
 


現在の「根岸住宅地区」
パンフレット「かながわの米軍基地」(平成23年3月発行)より

 

赤枠内が「根岸住宅地区」
横浜市米軍施設返還跡地利用行動計画」より


「根岸住宅地区の特色や隣接する根岸森林公園の環境を活用しながら、接収の歴史・文化を伝える憩いの空間の形成を目指しています」というのは井上義晃担当課長。

具体的には米軍住宅地である西側部分は、接収の歴史・文化を伝える空間として、米国風住宅地の景観や雰囲気をできるだけ継承したり、隣接する根岸森林公園との一体利用をも視野に入れているという。
 


横浜市が計画している「ヨコハマの歴史・文化を伝える庭園散策空間」
米軍施設返還跡地利用指針」より


しかし、その実現のためにも同課が第一に考えているのが“地権者の想い”だという。

根岸住宅地区は国有地や市有地もあるが、やはり民有地の率が大きい。

接収も返還も日本と米国(連合国)の間で決まったことで、一般の地権者にとってはどちらも寝耳に水の出来事だ。その点では沖縄の米軍基地問題と根は同じだ。こうした背景を考えると、一般の地権者の気持ちに配慮するのは当然なのかもしれない。

「市としてはそうした歴史的背景を踏まえ、地権者の皆さんと協力してまちづくりを進める方針です」(井上課長)
 


「根岸住宅地区」の地権者の割合
パンフレット「かながわの米軍基地」(平成23年3月発行)より



地権者の方々が考えるまちづくりのプランとは? 次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ



【関連記事】

【バレンタイン企画】素敵な女性がチョコをお届け!希望者大募集

調査エリア拡大のお知らせ

根岸に残る「疎開道路」、名付けられたその理由は?

根岸の米軍住宅で行われた『根岸盆踊り』はどんな感じ?