検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

米軍根岸住宅地区が返還予定と聞きましたが、その後あの土地はどうなるのでしょうか?(カタリナさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

今年3月を目途に地権者グループがまちづくりのための協議会設立に向け準備中。また、市と協議しながら新しいまちづくりの計画を検討している段階。

  • LINE
  • はてな

2012年02月06日

ライター:松野 孝司

神奈川県は沖縄、青森に次ぐ“基地県”だった

神奈川県の米軍基地の面積は20.8k㎡、基地数は14カ所で、沖縄、青森に次ぐ“基地県”でもある。

沖縄では、普天間基地移設問題などで、基地撤廃や県内移設反対という民意が明らかになっているが、神奈川では、なぜ基地があるのか、基地で何が行われているのか、近隣住民が何を思い、どのような生活を送っているのか、基地は本当に必要なのか、といったことについて普段の生活であまり語られていないように思える。

さて、神奈川県にある14カ所の施設のうち、横浜市内には現在のところ
(1)鶴見貯油施設 
(2)横浜ノース・ドック
(3)上瀬谷通信施設
(4)深谷通信所
(5)根岸住宅地区
(6)池子住宅地区及び海軍補助施設
の6カ所の米軍施設がある。
 


横浜市内には6カ所の米軍施設がある(横浜市政策局基地対策課HPより)


もともとこれらは、第二次世界大戦後に進駐した連合国軍による接収から始まり、その後「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧安保条約)」批准を受けて、米軍がそのまま利用していたものだ。

今回のキニナルの依頼でもある「根岸住宅地区」を例にとると、接収されたのは昭和22年の10月16日。以来、現在まで60年以上も米国の管理下に置かれていることになる。
同地区は、在日米海軍の住宅施設とされ、米軍人やその家族の住居約400戸の他、消防署、教会、小学校、保育園、診療所などがある。

もちろん横浜市も神奈川県も様々な機会を通じて国に対して早期全面返還を要請していたというが、沖縄の基地問題を見ても分かるようにこの種の問題は一朝一夕で進まない。

ところが平成16年10月、日米合同委員会において、6施設(小柴貯油施設、富岡倉庫地区、上瀬谷通信施設、深谷通信所、根岸住宅地区、池子住宅地区及び海軍補助施設の横浜市域の飛び地)合計約376haを対象とする返還と池子住宅地区及び海軍補助施設の横浜市域への住宅など建設の方針が合意された。

さらに平成17年10月には、一部返還とされていた小柴貯油施設の陸地部分全域等の返還が合意され、市内米軍施設総面積約528haの約8割にあたる、約419haの返還が合意された。その後、平成17年12月には小柴貯油施設(制限水域の一部を除く)が返還され、平成21年5月には富岡倉庫地区が返還されている。

こうして時系列を追ってみると、ここ数年で事態が一気に進んでいるという印象を受ける。



国有地、市有地、民有地が混在するゆえに課題も

こうした流れを受け、横浜市では平成16年10月「横浜市返還施設跡地利用プロジェクト」を設置し、返還施設の跡地利用について検討を続け、平成18年6月には、「米軍施設返還跡地利用指針」をまとめた。

それによると、根岸住宅地区は、「ヨコハマの歴史・文化を伝える庭園散策空間」をテーマとした“まちづくり”が行われるというのだが、具体的にはどんなものなのだろうか。そこで横浜市政策局基地対策課に突撃取材を試みた。
 


現在の「根岸住宅地区」
パンフレット「かながわの米軍基地」(平成23年3月発行)より

 

赤枠内が「根岸住宅地区」
横浜市米軍施設返還跡地利用行動計画」より


「根岸住宅地区の特色や隣接する根岸森林公園の環境を活用しながら、接収の歴史・文化を伝える憩いの空間の形成を目指しています」というのは井上義晃担当課長。

具体的には米軍住宅地である西側部分は、接収の歴史・文化を伝える空間として、米国風住宅地の景観や雰囲気をできるだけ継承したり、隣接する根岸森林公園との一体利用をも視野に入れているという。
 


横浜市が計画している「ヨコハマの歴史・文化を伝える庭園散策空間」
米軍施設返還跡地利用指針」より


しかし、その実現のためにも同課が第一に考えているのが“地権者の想い”だという。

根岸住宅地区は国有地や市有地もあるが、やはり民有地の率が大きい。

接収も返還も日本と米国(連合国)の間で決まったことで、一般の地権者にとってはどちらも寝耳に水の出来事だ。その点では沖縄の米軍基地問題と根は同じだ。こうした背景を考えると、一般の地権者の気持ちに配慮するのは当然なのかもしれない。

「市としてはそうした歴史的背景を踏まえ、地権者の皆さんと協力してまちづくりを進める方針です」(井上課長)
 


「根岸住宅地区」の地権者の割合
パンフレット「かながわの米軍基地」(平成23年3月発行)より



地権者の方々が考えるまちづくりのプランとは? 次のページ≫

 
  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

根岸の米軍住宅で行われた『根岸盆踊り』はどんな感じ?

物件購入後もサポートしてくれる! 二俣川の「株式会社ハッピーハウス」

  • PR

根岸に残る「疎開道路」、名付けられたその理由は?

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

青葉区の道路計画「恩田元石川線」が中断してツギハギって本当?【前編】

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

簡単で経済的! 水出し茶のススメ、教えて○○さん! 「お茶屋さん」編

駅前なので通院に便利! 明るい雰囲気で小さな子どもからお年寄りまで、誰もが気軽に受診しやすい歯科医院

  • PR

新着記事

桜木町駅からどこまでデッキが伸びる!? 「ウェスティンホテル横浜」がまもなく着工~みなとみらいレポート

    • 面白かった122
    • 面白くなかった2
    • コメント4
  • 2019年01月22日

野毛で篭城している不動産屋さん!?再開発地区にポツンと一軒建っている理由

    • 面白かった225
    • 面白くなかった10
    • コメント4
  • 2019年01月21日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

  • PR

はまれぽスタッフが婚活体験! プロが撮影した好印象のプロフィール写真で、運命の相手に出会える!? 

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

「つながりからコトが生まれる」がキーワード! 自社事業を地域貢献につなげる「株式会社太陽住建」

  • PR

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • サンコー時代から数えて51年の歴史に幕を閉じるダイエー横浜西口店ですが2月11日の閉店日の様子を後か...

  • 今日、1月22日、鎌倉小町2丁目の宝戒寺でりがありました。聖徳太子は、すぐれた工芸技能者を育てたこと...

  • 東戸塚駅東口を出て西武、イオン内を通り平戸側に出てから右に曲がると、工事現場の奥に、周辺からは入れな...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング