“横浜建物のラシットで選べる満足と幸せのカタチ”

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東京五輪における江ノ島周辺の問題はどうなったのですか?夏のシーズン中にも係わらず周辺駐車場は関係者しか停められないとかセーリングのコースによる漁業関係の問題とか沢山ありましたよね?プレ大会も開催される...

    山下公園のカモメさん

    「民泊」の規制緩和をめぐり厚生労働省と観光庁の有識者会議は市町村条例などで民泊営業を禁止できることを6月中にまとめる報告書に明記する方向で一致との報道があります。早速、地元横浜市や神奈川県での方針を調...

    よこはまいちばんさん

    横浜中央病院が,本牧へ移転するとの噂を聞きました。古いし,狭いので,移転が本当なら嬉しいですが、確認をお願いします

    agostoさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

神奈川県民の日、必要?

ぜひに作ってほしい
べつにいらない
興味ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
2位
歴史的景観のある北鎌倉「洞門山(どうもんやま)」幻の開発計画とは?
3位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
4位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
5位
横浜市の住民税って高いの?
6位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
7位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
8位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
9位
横浜市職員の給料は高いのか!?
10位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
11位
2015年、オーケーがみなとみらいに出店!
12位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
13位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
14位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
15位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
16位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
17位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
18位
2020年1月に完成予定の横浜市新市庁舎はどんな感じ?
19位
半世紀の歴史に幕! さいか屋川崎店が来年5月に閉店。その真相は?
20位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
21位
財政難なのに移転!? 新市庁舎を建設する理由とは?
22位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
23位
税金を納めて特典いっぱい!? 横浜市の「ふるさと納税」はどんなものがあるの?
24位
エコキャップ運動はあやしいか?
25位
綱島東のパナソニック跡地の活用方法が決定、詳細は?
26位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
27位
日吉に本社を構えるゲームメーカー「コーエーテクモゲームス」ってどんな会社!?
28位
東海道線がJR東戸塚駅に停車する可能性は?
29位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.6「信号システムなどのトップメーカー株式会社京三製作所」
30位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?

横浜のココがキニナル!

米軍根岸住宅地区が返還予定と聞きましたが、その後あの土地はどうなるのでしょうか?(カタリナさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

今年3月を目途に地権者グループがまちづくりのための協議会設立に向け準備中。また、市と協議しながら新しいまちづくりの計画を検討している段階。

ライター:松野 孝司 (2012/02/06)

神奈川県は沖縄、青森に次ぐ“基地県”だった

神奈川県の米軍基地の面積は20.8k㎡、基地数は14カ所で、沖縄、青森に次ぐ“基地県”でもある。

沖縄では、普天間基地移設問題などで、基地撤廃や県内移設反対という民意が明らかになっているが、神奈川では、なぜ基地があるのか、基地で何が行われているのか、近隣住民が何を思い、どのような生活を送っているのか、基地は本当に必要なのか、といったことについて普段の生活であまり語られていないように思える。

さて、神奈川県にある14カ所の施設のうち、横浜市内には現在のところ
(1)鶴見貯油施設 
(2)横浜ノース・ドック
(3)上瀬谷通信施設
(4)深谷通信所
(5)根岸住宅地区
(6)池子住宅地区及び海軍補助施設
の6カ所の米軍施設がある。
 


横浜市内には6カ所の米軍施設がある(横浜市政策局基地対策課HPより)


もともとこれらは、第二次世界大戦後に進駐した連合国軍による接収から始まり、その後「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約(旧安保条約)」批准を受けて、米軍がそのまま利用していたものだ。

今回のキニナルの依頼でもある「根岸住宅地区」を例にとると、接収されたのは昭和22年の10月16日。以来、現在まで60年以上も米国の管理下に置かれていることになる。
同地区は、在日米海軍の住宅施設とされ、米軍人やその家族の住居約400戸の他、消防署、教会、小学校、保育園、診療所などがある。

もちろん横浜市も神奈川県も様々な機会を通じて国に対して早期全面返還を要請していたというが、沖縄の基地問題を見ても分かるようにこの種の問題は一朝一夕で進まない。

ところが平成16年10月、日米合同委員会において、6施設(小柴貯油施設、富岡倉庫地区、上瀬谷通信施設、深谷通信所、根岸住宅地区、池子住宅地区及び海軍補助施設の横浜市域の飛び地)合計約376haを対象とする返還と池子住宅地区及び海軍補助施設の横浜市域への住宅など建設の方針が合意された。

さらに平成17年10月には、一部返還とされていた小柴貯油施設の陸地部分全域等の返還が合意され、市内米軍施設総面積約528haの約8割にあたる、約419haの返還が合意された。その後、平成17年12月には小柴貯油施設(制限水域の一部を除く)が返還され、平成21年5月には富岡倉庫地区が返還されている。

こうして時系列を追ってみると、ここ数年で事態が一気に進んでいるという印象を受ける。



国有地、市有地、民有地が混在するゆえに課題も

こうした流れを受け、横浜市では平成16年10月「横浜市返還施設跡地利用プロジェクト」を設置し、返還施設の跡地利用について検討を続け、平成18年6月には、「米軍施設返還跡地利用指針」をまとめた。

それによると、根岸住宅地区は、「ヨコハマの歴史・文化を伝える庭園散策空間」をテーマとした“まちづくり”が行われるというのだが、具体的にはどんなものなのだろうか。そこで横浜市政策局基地対策課に突撃取材を試みた。
 


現在の「根岸住宅地区」
パンフレット「かながわの米軍基地」(平成23年3月発行)より

 

赤枠内が「根岸住宅地区」
横浜市米軍施設返還跡地利用行動計画」より


「根岸住宅地区の特色や隣接する根岸森林公園の環境を活用しながら、接収の歴史・文化を伝える憩いの空間の形成を目指しています」というのは井上義晃担当課長。

具体的には米軍住宅地である西側部分は、接収の歴史・文化を伝える空間として、米国風住宅地の景観や雰囲気をできるだけ継承したり、隣接する根岸森林公園との一体利用をも視野に入れているという。
 


横浜市が計画している「ヨコハマの歴史・文化を伝える庭園散策空間」
米軍施設返還跡地利用指針」より


しかし、その実現のためにも同課が第一に考えているのが“地権者の想い”だという。

根岸住宅地区は国有地や市有地もあるが、やはり民有地の率が大きい。

接収も返還も日本と米国(連合国)の間で決まったことで、一般の地権者にとってはどちらも寝耳に水の出来事だ。その点では沖縄の米軍基地問題と根は同じだ。こうした背景を考えると、一般の地権者の気持ちに配慮するのは当然なのかもしれない。

「市としてはそうした歴史的背景を踏まえ、地権者の皆さんと協力してまちづくりを進める方針です」(井上課長)
 


「根岸住宅地区」の地権者の割合
パンフレット「かながわの米軍基地」(平成23年3月発行)より



地権者の方々が考えるまちづくりのプランとは? 次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ



【関連記事】

【バレンタイン企画】素敵な女性がチョコをお届け!希望者大募集

調査エリア拡大のお知らせ

根岸に残る「疎開道路」、名付けられたその理由は?

根岸の米軍住宅で行われた『根岸盆踊り』はどんな感じ?