検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

市内のいたるところに存在する杉山神社。その謎に迫る!

ココがキニナル!

横浜にはいたるところに杉山神社があり、「杉山神社」「杉山社」の名前で宗教法人登録されているだけで35社もあるそうです。とりあえず全部の杉山神社を回ってみませんか?(べいさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

合祀されたものも含めると72社ある杉山神社。そのほとんどが一地域に集中して存在している。探るほどに謎の深まる神社なので、全部回る予定!

  • LINE
  • はてな

ライター:ほしば あずみ

杉山神社を巡る謎は深まるばかり



以前、「大豆戸町あたりにある神社の社跡のようなものは一体なに?」でもお世話になった平井さんは、港北区の歴史と文化をまとめた『わがまち港北』を刊行しており、その中で杉山神社を取り上げている。
 


大倉精神文化研究所の研究部長、平井さん


「杉山神社の名前が史料上最初に登場するのは『続日本後紀』。 838(承和5年)年 の“武蔵国都筑郡枌(杉)山神社”という記述です。同書には杉山神社が霊験ある神社と朝廷からも認められた事が記されています。
その後『延喜式神名帳』で式内社としてその名を列せられ、次に文献に名が出てくるのは14世紀半ばに成立した『神道集』です。当時の思想である本地垂迹説(ほんじすいじゃくせつ)に基づき、杉山大明神は不動明王が神の姿に身を変えたものであると述べています」

延喜式に記された神社が、現在どの神社にあたるのかという研究は、杉山神社に限らず行われており、当時の式内社と推定される神社を「論社」という。
その多くは伝承に頼らざるをえず、ほぼ確実に当時の式内社を今に伝える神社と考えられる場合でも確たる証拠はほとんどない。
 


はまたび「センター南編」で紹介した杉山神社は論社の1社


杉山神社の場合も手がかりの少なさから、「最初の」杉山神社がどの神社なのかはわからないのだという。そのため元の祭神が何であったかも不明だ。
その杉山神社は時を経て数を増し、再び史料上に登場する。

「江戸時代に編纂された地誌『新編武蔵風土記稿』には都筑郡24社、橘樹郡37社、久良岐郡5社、南多摩郡(現在の東京都町田市や稲城市が含まれる)6社の計72社の杉山神社が記載されています。これらはいずれも鶴見川流域にあるのが特徴です」

かつて「暴れ川」とも呼ばれ、幾多の水害をもたらした鶴見川。その水害除けと豊作を願って、流域各地に杉山神社が祀られるようになったのではないかとも考えられるという。
 


氾濫する鶴見川。鶴見川流域センター配布史料より
(撮影:神奈川新聞 昭和33年)


だが、暴れ川と呼ばれる川は鶴見川に限らない。水害除けとして広がったのなら他の水域に祀られそうなものだが、ほかの地域には見られないのは何故なのか。すぐ隣の多摩川周辺すら1社もないそうだ。

「それには杉山神社を氏神として祀っていた一族の足跡だからという説、もしくは各地の土豪がかつてはそれぞれに祀っていた神社があったが、杉山神社を氏神と祀る一族に統合され、元あった神社から杉山神社という名に統一されたという説もあります」

一見ありふれた、どこにでもありそうな名前なのに全国でもこのあたりにしか見られない杉山神社。

「名前の由来すらわかっていません。杉山という地名があったわけでもないようです。不思議ですね」

アプローチのヒントをもらいに来たのに、さらに謎が深まっていくようだ。
『難しい話は置いておいて、とりあえず全部の杉山神社を回って』というのが今回の依頼である。とにかく全部回ってみれば何かわかるだろうか。

「それはぜひ回るべきですね」と平井さん。

「できれば現在杉山神社という名前である横浜市内の35社だけでなく、合祀された神社もぜひ回ってください。可能なら、合祀された神社と、合祀される前の鎮座地両方を調査すると良いでしょう。
合祀された先にはかつて杉山神社で使われていた手水鉢などが残されている場合があるし、以前鎮座していた場所の地形や方角は謎を解く手がかりになると思いますよ」

合祀された神社も含めると72社になるのだが…(はまれぽ調査範囲の横浜、川崎地域内は66社)。
 


はま旅Vol.40「菊名編」で紹介した菊名神社にも杉山神社は合祀されている


「古来からの研究により杉山神社の論社と比定される神社は4社あります。緑区西八朔町の「西八朔社」、都筑区中川町の「大棚社」、都筑区茅ヶ崎町の「茅ヶ崎社」、港北区新吉田町の「吉田社」です。
個人的には、都筑郡唯一の式内社杉山神社は、都筑郡衙(郡衙は律令時代の役所。都筑郡衙は青葉区荏田にある長者原遺跡)から極端に遠いところにはなかっただろうと考えています。有力候補の4社はいずれもその条件にあてはまっていますね」
 


有力候補の4社。戸倉英太郎著『杉山神社考』(昭53発行/緑区郷土史研究会)より




まとめ



「難しい事は置いておいて」というわけにも行かなくなってきた謎多き杉山神社。
実は杉山神社に関する調査依頼は複数ある。それらも含め、順次、杉山神社をはまれぽ的に攻略しコンプリートを目指したい。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 町田市三輪町には椙山神社があり、鶴見川最上流の杉山神社といわれています。三輪という地名も奈良の影響を感じるし、三輪町の南隣は横浜市奈良町、北隣の町田市能ヶ谷町には香久山がありと、三輪町の近辺には奈良の地名が多く登場します。奈良から人が移住して開拓し、その人たちが杉山神社を創建したのではないかと想像できます。これはあくまで個人的な想像ですが。

  • 私は、杉山一族の末裔の一人として、杉山神社とその謎には興味を持っていました。とても興味深そうな裏話がありそうですね。記事を楽しみにしています。よろしくお願いします。

  • 杉山神社って、八幡神社みたいに各地にあるものだと思っていました。ご当地ものだったんだ!自分の杉山神社は、明神台です。

もっと見る

おすすめ記事

横浜開港の歴史に触れる旅。はま旅Vol.20「戸部編」

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

「くらやみ坂」の名前の由来は?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月5日~3月11日)

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

【編集部厳選!】ナゾの看板やキニナル表記を徹底調査!

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

  • PR

こんな記事も読まれてます

【GW れぽ】連休最終日、5月8日の横浜各地の様子は ?

横浜駅東口の道路上に孤立している、誰も使わない階段の正体は?

中村川は元町と山下町を分けるためにできたって本当?

【GWれぽ】ゴールデンウィーク後半、初日の中華街の様子は?

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年9月3日~9月9日)

保土ケ谷区にある天王町の由来は?

横浜発祥の苗字や横浜で多い苗字はなに? 横浜市民の苗字を徹底調査!

【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月5日~3月11日)

新着記事