検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜だけでなく横須賀にもある二つの「鴨居」は関係があるの?

ココがキニナル!

2つの石川町の記事面白かったです。緑区に「鴨居」という地域がありますが、横須賀市にもあります。この2ヶ所には何か関係はあるのでしょうか(はまっこさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

同じ由来を持つ可能性を感じさせる説が、いくつか残されていたものの、記録がないため、正確なことは分からなかった

  • LINE
  • はてな

ライター:田中 大輔

水鳥の集まる町



さて、最初の説は「カミ」と「カモ」の音をベースとした説だった。
古い地名の場合、記述よりも口伝えで広がることが多かったことが想像されるので、どんな漢字で書くかよりも、どんな音かがポイントになる場合が多い。
 


 

二つの鴨居。上が横浜市緑区、下が横須賀市
 

漢字から連想するのはタブーであることの多い地名の由来だが、もちろんそれが100%間違いであるというわけではない。

『地名の語源』によれば「カモ」が表すものの中には、ストレートに「鴨」の意味である場合も存在するとされているのだ。そして、二つの町には水鳥の「鴨」にまつわる由来も伝えられている。

先述の杉山神社で世話人を務める黒滝剛(くろたき・たけし)さんが「昔、鶴見川の小机側にカモが住む“カモバ(鴨場?)”と呼ばれる場所があった。そこで武士たちがカモを獲ったから、鴨居になったと聞いてます」と話すように、当地にはそういう由来が言い伝えられているようだ。
 


鴨居駅付近から小机側を。この川にカモがいたのか
 

一方の横須賀市鴨居については『日本地名大辞典〈上〉』において「史料上の初出表記である「『鴨江(かもえ)』をつかまえて、カモの来る入江に由来する」と説明している。

カモと聞くと、川や池など淡水の水辺にいるイメージが強いかもしれないが、ヒドリガモやクロガモなど、海上に姿を見せる種類もある。
 


おなじみのカルガモも、海上に出ることがあるそうだ
 

こちらの場合も、説が正しければ同じ由来を持つ地名ということになりそうだ。



取材を終えて



ほかにも「カモ」地名の由来として、植物の蒲(ガマ)が元となった説などもある。
ただ、蒲は淡水で育つ植物なので、鶴見川沿いの緑区鴨居はともかく、海に面した横須賀市鴨居にはふさわしくないようにも思える。

いずれにしても、正確な由来は不明だ。

横浜線が通り、駅ができるまでは人も少なかった農村と、房総までを一望できる浦賀水道に面した港町。

まったく異なる歴史を歩んできた二つの町だが、もしかしたら同じ由来の町名を持っているのかもしれない。だとすれば、それもまた地名の奥深さを感じる。
 


観音埼灯台から望む房総半島。わずか7キロの距離だそうだ
 

最後にひとつこぼれ話。

『新編相模國風土記稿』の鴨居村(現横須賀市)の項に『小田原衆所領役帳』の内容を紹介している部分があるのだが、ここには鴨居村(現緑区)の情報まで書かれているのだ。

江戸時代のお役人も思わず勘違いした二つの鴨居。本当の由来はどんなものだったのだろうか。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 私は横浜の鴨居小学校にかよっていました、横浜駅で迷子になった子供が鴨居ですと言ったら保護した警察官は横須賀の鴨居しか知らず横須賀へ連れていかれてしまった子供がいました、朝礼で横浜の鴨居と言うように注意が校長先生からあったのを思い出しました。

  • 今でも時折鴨が飛来していますよ。ただ、場所は鴨居から中山側に少し歩いたところですが。なのでてっきり鴨が居るから鴨居なんだと思っていました。

  • 横須賀市鴨居3丁目にある八幡神社には横須賀市が設置した「鴨居の地名の由来」が書いてある説明板がありますが、諸説あってハッキリしないようです。橫浜の鴨居は鶴見川に鴨のような鳥が泳いでいるのを見かけるので「♪鴨がいるから鴨居~♪」とオヤジGAGを言っていたのですが、それが本当なのかもしれませんね。

おすすめ記事

懐かしい自然と眺めの良い景色を巡る、はま旅「鴨居駅」

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

フォアグラがこんな価格で? 鴨居の「もぐら横丁」に潜入!

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

西区花咲町に複合型住宅が誕生する理由は?

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

神奈川区恵比須町の化学工場で出火! 一晩明けた火災現場は?

相続問題に悩むはまれぽ編集部が、新横浜の「税理士法人小林会計事務所」で相談に乗ってもらった

  • PR

こんな記事も読まれてます

著名デザイナーが設計した横浜駅東口の「ポートサイド公園」にそそり立つ「円柱」と謎の「記号」とは?

平沼一丁目交差点にある「豆腐会館」ってなに?

節電を呼びかける東京電力はどれだけ節電してるの?

東横線は本当に便利になった? 「副都心線」乗り入れをどう思う?

1日4便しか運行していない激レア路線、和田町~保土ケ谷駅間の市営バス22系統は採算が取れているのか?

絶版の絵本に導かれ、横浜市電引退後の第二の人生に迫る!

2017年に西区花咲町に完成する「横浜MIDベース」の詳細は?

西区花咲町に複合型住宅が誕生する理由は?

新着記事