検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

川崎のセメント通り、鶴見のゴム通りの由来は?

ココがキニナル!

セメント通り、ゴム通りって変な名前で由来が気になります!ついでに、マンガ『孤独のグルメ』に出てくるセメント通りの焼肉屋でゴローちゃんばりに「うおォン」してきてください!! (maniaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

セメント通りは浅野セメントの工場が、ゴム通りには横浜護謨製造があったから!マンガに登場する焼肉屋はその界隈でも一、ニを争う高級店だった。

  • LINE
  • はてな

ライター:松野 孝司

ゴローちゃんばりに焼肉をバクバク

ご存知のない方のために簡単に説明しておくと『孤独のグルメ』とは、「月刊PANJA」(扶桑社)で1994(平成6)年~1996(平成8)年にかけて連載されていた原作・久住昌之、作画・谷口ジローによるマンガ。

主人公のゴローちゃんこと、フリーの輸入雑貨商の井之頭五郎が、行く先々で、誰にも邪魔されず、気を使わず料理を食べるという物語で、ゴローちゃんのハードボイルドな言動や台詞まわしが魅力のひとつになっている。

連載当時はさほど話題にならなかったが、2000(平成12)年に文庫化されてから、ジワジワと人気に火が付き、2009年にはドラマCDが発売、そして今年1月からテレビ東京系で実写化された。マンガやテレビの舞台になった店に行くことを“聖地巡礼”と呼ぶ熱狂的なファンも多い。

さて、テレビ版では同じ川崎市内の八丁畷の焼肉店が舞台だったが、原作で登場するのはセメント通りにある「東天閣」。そこで編集部の山下氏とともに突撃。

 


セメント通りにある焼肉店の中でも高級店だ


同店はセメント通りの出口、産業通り側にあり、創業40年を誇る老舗。門構えも立派でセメント通りにある焼肉店の中でも高級店のひとつだ。

マンガやテレビの放映以降、その影響はあったのだろうか。店長の原英敏さんに尋ねてみると、「全体としてすごく増えているわけではありませんが、『マンガで読みました』と声をかけてくださるお客様がいるのはありがたいですね」と笑みを浮かべる。

 


店長の原さん。以前はセメント会社に勤務していたという
 

7~8年前内装を全面改装。マンガ掲載当時よりおしゃれな感じだ


高級店ということもあり、そう気軽に足を運べないのかもしれないが、ファンが足を運んでいるのは確かのようだ。
 


気合い注入をする山下。マンガ掲載時は長方形だったが、円形ロースターに


そうこうしているうち注文した品物が続々と登場。カルビも脂身と赤味とバランスがよく、ミノにも細かく切れ目が入っており、丁寧な仕事ぶりだ。ゴローちゃんが作中で「こいつはなかなかいい肉だ」というのもムリはない。
 


赤味と脂のバランスが絶妙のカルビ(880円)
 

ミノには細かく切れ目を入れる丁寧な仕事ぶり(800円)
 

一人焼き肉は焼いて、食ってと休むヒマがない
 

「うおォン、
俺はまるで人間火力発電所だとゴローちゃんばりに食べる山下


店長の原さんは、同店に勤める前までは第一セメント(現ディ・シー)に勤務されていて、お店にもよく足を運んでいたという。奇遇といえば奇遇だ。そんな原さんでも、セメント通りと呼ばれるようになった時期まではご存知ないそうだ。



取材を終えて



ゴム通りもセメント通りも、地元での呼び名がいつしか定着したものだった。国道○号線や県道○号線といった無機質な呼び名でなく、こうした愛称が付けられているほうがなんとなくホッとするのは記者ばかりではないだろう。

セメント通りは原店長が勤務し始めた20年程前は、今の新大久保に負けないほど賑やかだったという。2001(平成13)年のBSE騒動により、焼肉店の数も減り、当時に比較すると寂しくなってしまったそうだが、日本を代表するコリアンタウンとして今後も頑張ってほしいものだ。


-終わり-


◆東天閣 川崎本店
川崎市川崎区浜町4-12-5
044-355-1234
11:00~24:00(LO23:30)
第2月曜定休(祝日の場合は翌日)
http://www.totenkaku.co.jp/index.php

 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 箸の持ち方が悪いですね。

  • 最近この記事を知ったのでコメントします、自分は平安小学校卒業生です、今は亡き父が話した事で覚えているのは空襲の時、横浜護謨の工場も焼けて、一際物凄い火柱が上がっていたそうです、それと平安町に住んでいた時、戦時中捕虜収容所が近くにあって、空襲の時捕虜が逃げ回っていたそうです、負の思い出ですね。

  • 次回はドラマ版のお店にも!

もっと見る

おすすめ記事

川崎大師の参道にたんきり飴屋が多い理由は?

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷横浜オートマン」

  • PR

鶴見に自由の女神が立っているって本当?

本当のセキュリティとは!? 1級錠施工技師がいる「カギの横浜ロックサービス」

  • PR

ハマの最先端医療拠点誕生!移転開院の横浜市立市民病院を独占取材

子どもの放課後をもっと楽しく、もっと有意義に!保土ケ谷区の民間学童保育「マックス・キッズ・プラザ」

  • PR

終電ユーザーは利用不可!? 相鉄線・横浜駅内のコインロッカーが24時で精算されるのはなぜ?

横浜市神奈川区に、K-1全盛期を肌で知る男「佐藤匠」のアツい道場があった

  • PR

こんな記事も読まれてます

クイーンズスクエア横浜に変わった乗り物が出現していた

西区の浜松町交差点、事故率が多いという噂の真相は?

鶴見駅前にある「かつら専門店のヘアーサロン」ってどんなところ?

横浜市営バスの「飲食禁止」ルールは夏場の飲み物もダメって本当?

江ノ電vs自転車、どちらが速いのか!? 全区間約10kmのガチンコ勝負! 

「横浜ハンマーヘッド」に出店した神奈川や横浜初のラーメン店5店舗をレポート!【後編】

そごう横浜店ではまれぽ監修のクイズが出題中! 横浜の歴史問題は市民なら常識!?

ハマの最先端医療拠点誕生!移転開院の横浜市立市民病院を独占取材

新着記事