ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    10月22日の夜、台風の影響で増水する鶴見川を見ていたところ、緑色に光る小さな物体が上流からいくつも流れてきました。周りが真っ暗で、距離もあったので、ピンポン玉くらいの大きさの光しか見えませんでした。...

    くまやまさん

    ヨコハマ・トリエンナーレだけでなく、障害のある方をはじめとする市民と、アーティストとの協働で、新たな芸術表現を創造する、ヨコハマ・パラトリエンナーレについても記事にしてくださいませ。

    bausackさん

    新横浜に、インフルエンザ予防接種を1回2000円の低価格で行ってくれる整形外科があるのですが、なぜそんな価格で可能なのでしょうか? 調査お願いします。

    bausackさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
17位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
18位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
19位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
20位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
23位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
24位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
29位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
30位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

「家系ラーメン全店制覇への道」 新規オープン店の「拉麺ぼうず」「とらきち家」の2店舗で、マーコ氏による禁断の辛口チェックが始動!!

ライター:千葉 こころ (2014年04月22日)

横浜市内の「家系ラーメン」店を全店調査するという任務を引き継ぐことになったライター・千葉(以下:チバコロ)が、マーコ氏とともに無計画に走り出し、トンデモ第2章の幕開けとなった前回。真夜中でも食べられる家系ラーメン店を探し求めて深夜の横浜を徘徊し、「我が家」「鶴一家」「たかさご家」の3店舗を紹介した。
 


真夜中はお腹にやさしい味わいを (写真 : たかさご家)

 
「お話ししたいことがあるんです・・・」
 
チバコロからの電話で、某所カフェに呼び出されたマーコ氏。
暖かい春の木漏れ日がふりそそぐオープンカフェで、神妙なオーラを放ちながらも本題には一切触れず、淡々と打ち合わせを進めるチバコロ。
 
痺れをきらしたマーコ氏が席を立とうとした時、ふいにチバコロが顔を上げ目線が絡む。
 
「あの・・・」
 
しばらくの沈黙の後、意を決したように顔を上げ、力強い目線をまっすぐにマーコ氏へと向けた。
 
「で、で、弟子にしてください!!!」
 


「お願いします!」 「・・・」

 
長い静寂――
 
「簡単に弟子入りを認めることはできないんですよ」 とマーコ氏がようやく口を開いた。
やはり、家系ラーメンが好きというだけで飛び込める世界ではないのか。あきらめかけたその時、マーコ氏から予想外の言葉が発せられた。
 
「あなたの行動次第で、特別に弟子入りを認めてもいいでしょう」
 
やったぁ―――!!!
 
しかし、どんな行動をとればいいのか? と急に不安になるチバコロ。
撤回しようとしたが、マーコ氏が最近オープンした家系ラーメン店があるという情報をキャッチしたとのことで、「行きますよ」と連行されることに・・・。
 
そこで今回は、今年に入ってオープンした新店2店舗を紹介しようと思う。

 
 
 
中華からの転身
 
最初に向かったのは、相鉄線鶴ヶ峰駅から徒歩15分のところにある「拉麺ぼうず」。
 


バスなら目の前に降り立つことができる
 

店主の秋山祐樹(あきやまゆうき)さん。店名は自身のヘアスタイルからつけたそう

 
秋山さんは「聘珍樓(へいちんろう)」で2年間の修行後、某中華料理店でさらに7年修行を積んだ中華のプロ。しかし今から15年前、家系ラーメンに魅了され「本牧家」の暖簾をくぐることに。その後、独自に家系ラーメンの研究を進め、2014(平成26)年2月21日、両親が経営していた中華料理店の跡地を継いで「拉麺ぼうず」をオープンさせた。
 


店内にあるテーブル席は掘りごたつ! 
 

取材時も常連客のファミリーがランチを堪能していた
 

ジリリリリンと懐かしい音が響く黒電話もキニナル

 
使用している麺は大橋製麺の中太ちぢれ麺。「麺に合わせてスープを調合した」というほど、店主が大橋製麺の大ファンだそうだ。こだわりのスープはゲンコツや背ガラをふんだんに使用し、臭みが出ないように細心の注意をはらっているという。
 


茹で加減にもこだわりがみえる

 
中華料理店時代の人気メニュー「角煮丼(300円)」はミニサイズで健在。賄い飯から生まれた「麻婆豆腐らーめん(780円)」も、当店ならではの一品だ。
 


こんなの初めて~!
 

ミニ角煮丼は中華料理店時代から変わらぬ味

 
家系ラーメンのトッピングにも、元中華料理人ならではの感性が光る。のり、ほうれん草のほか、下味の付いた白菜と、大きな角煮がデフォルトでのっているのだ。
 


角煮の存在感が際立つ「とんこつらーめん(680円)」
 

白菜!!!

 
ここで今回から、辛口で有名な家系マイスター・マーコ氏による新企画が始動することに!
今までのネタ度を改め、ラーメンの味のみを対象とした5段階評価を以下のボードで表してもらい、なんと! その場で発表してもらうというドッキドキの禁断企画。
 


★5つを獲得できる店はあるのか!?

 
丹精こめて創り上げた一杯に下される、情け無き辛口評価・・・。
店主たちの反応はいかに!?
 


真剣な表情で★をぬり込んでいく・・・
 

不安そうに見守る店主

  
「できました」
 
静まり返った店内にマーコ氏の声が響く。緊張感の張り詰める店内。いよいよ、結果が発表される・・・
 


店主の予想は控えめに★1つ。マーコ氏の出した評価は・・・?
 

★2つ! 中毒性に欠けるのが伸び悩みの原因 
 

・・・

 
しかも、ただ発表するだけではない。ラーメンコンサルティングとして全国で活躍しているマーコ氏が、味分析の詳細と改善点を、店主に細かくレクチャーしていくのだ。
 


熱心に語るマーコ氏。 店主も真剣にアドバイスを聞いていた

 
しょう油とチー油を増やすことで、家系ならではの中毒性が増すとのアドバイスを受け、「参考にして、よりおいしいラーメンを提供できるよう研究します!」と、思いを語ってくれた。
 


「リベンジマッチをさせてくださいね!」と店主。最後は笑顔で記念撮影

 
~マーコ&チバコロの総評~
マーコ氏:スープ濃度はほどよく出ているが、アドバイスでも述べたように、しょう油とチー油が少ないので家系特有の強烈な中毒性が皆無に等しい。別の言い方をすれば、しょう油とチー油を増やすことで一気に戦闘力は高まると分析する。
 
チバコロ:スープ自体のバランスはとれているが、家系としては薄く感じる。大橋製麺の特性をうまく引き出している茹で加減なだけに、スープの物足りなさが際立ってしまったのが残念。
 
「マーコの本気コンサルチェック」
(1) 「新規客は一発勝負」であり、特に新規客は初訪問の場合「ふつう」を選ぶ傾向があるため、もっと攻撃に出た味わいにするべし。
(2) 競合店状況を加味すれば、(特に家系ラーメン屋を謳っているわけではないので)麻婆豚骨をブラッシュアップしまくり、鶴ヶ峰エリアナンバーワンの“辛い系こだわりラーメン店”を目指すべし(蒙古タンメン中本風に)。
(3) 店内があまりも殺風景すぎて活気感が弱いため、まずは赤いカウンター暖簾をカウンターの端から端まで付けるべし。

既食メニュー:とんこつらーめん(680円)

 
 
続いては、激戦区・東白楽の「とらきち家」へ!・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事