ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    鶴見区生麦にあるラーメン大国家のチャーハンがメチャうまです!付いてくるスープもあっさり系とコッテリ系が選べて私はアッサリ系が好きです。食器が色々で揃っていないのもご愛嬌(笑)場所柄ガテン系のお兄さん御...

    ポスポスさん

    裏横浜に関しては、雑誌やメディアで取り上げられるケースが多くありますが、奥横浜については、ほとんど取り上げられることもなく、未だ かなりマイナーな感じがしています。是非、ハマレポで奥横浜の魅力について...

    たかし君さん

    毎年恒例の横浜開港祭の取材をお願いします!

    YAM-3さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜市栄区と鎌倉市のほぼ境目、大船駅近くにあった資生堂鎌倉工場跡地はどうなるの?島忠ホームズで決まり?(栄区かまくらさん、bloomsburiさん、雨まめラメさん、山下公園のカモメさん)

はまれぽ調査結果

大船駅近くの資生堂鎌倉工場跡地には、2019年12月に大規模分譲マンションが建つ予定。島忠ホームズの建設はない。

ライター:岡田 幸子 (2017年05月16日)

「資生堂鎌倉工場の跡地利用について、いくつかキニナルをいただいているのでまとめて調査してきてください」と、編集部から。

 

どれどれ・・・
 

って、最新のものでも「2016/4/18 10:37」とほぼ1年前! ほかは2014(平成26)年、2015(平成27)年とはるか昔にいただいている投稿じゃん!! これ、みなさんいまでもキニナッていらっしゃるかなぁ?

「食材だけじゃなくて、情報にも旬ってものがあるよね」などとぼやきつつ、調査に行ってまいりました。



結論:「資生堂鎌倉工場」跡地はマンションになる

「資生堂鎌倉工場」といえば、1959(昭和34)年に創立された化粧品製造工場。掛川、大阪、久喜と並ぶ国内4工場のなかでも、大阪工場についで歴史ある生産拠点であったようだ。

 

同工場のおいたちは『美粧の座標−資生堂大船工場物語』でどうぞ
 

約2万6000平方メートル(横浜スタジアム約1個分)の敷地で、スキンケアやメイクアップ製品などの製造を行っており、稼動時には国内を流通する資生堂の口紅のうちほぼすべての製造を担っていたという。

 

JR東海道線・横須賀線「大船」駅から600メートルほど、徒歩だと10分弱(Google mapより)
 

届出地名地番は「鎌倉市岩瀬1丁目1番1外2筆」(鎌倉市提供)
 

そんな「資生堂鎌倉工場」の閉鎖が発表されたのは、2013(平成25)年1月31日。2014年12月に工場の稼働を停止し、2015年3月に閉鎖のうえ、売却される予定が公表された。

資生堂広報部に問い合わせたところ、閉鎖は工場の老朽化と周辺環境の変化を受けてのものであったという。

 

口紅の生産は(資生堂HPより)
 

同社掛川工場に移管されたようだ(資生堂HPより)
 

現地を訪れてみる。

 

どーん
 

どどーん
 

どどどーん
 

重機による解体工事、および土壌汚染対策が行われている段階のようで、すでに大部分の建物は解体済みだ。現地に掲出されている事業計画概要に、キニナルの答えはあった。

 

こちら
 

つまり「資生堂鎌倉工場」跡地は、「三菱地所レジデンス」の開発により、総戸数409戸、RC造7階建の共同住宅になるようだ。

 

こんな感じだそうで
 

以前キニナッてたみなさん、ご報告が遅れて大変申し訳ございません。・・・というわけで、「資生堂鎌倉工場」跡地には、2019年12月に大規模マンションが竣工の予定でございます(汗)。



工場閉鎖とマンション計画の経緯とは?

で、以上。

としても良いのかもしれないが、工場閉鎖とマンション建設の経緯などについて、もうすこし追ってみることにした。

先に工場閉鎖の理由として、資生堂側から「周辺環境の変化」が挙げられたとした。実際に現地周辺を歩いてみると・・・

 

静かな住宅地が広がり
 

解体現場周辺にもマンションが林立
 

「大船」駅に向かうルートも、家々を縫う小道の様相だ
 

正直、あまり「工場っぽい」立地ではない。

 

当地は横浜市栄区との境にあたるが鎌倉市
 

というわけで、鎌倉市役所へ!
 

鎌倉市まちづくり景観部次長兼土地利用調整課長吉田浩(よしだ・ひろし)さんにお話を聞くことができた。

 

一級建築士でもいらっしゃる吉田さん、お願いします!
 

吉田さんによると、「現地は都市計画法の用途地域では準工業地域にあたり、工場をマンションに建て替えることには特に問題はありません。とはいえ、市としては産業系の土地利用についての要望を出してはきました」とのこと。

「資生堂鎌倉工場」は大きな工場であり、市税を含めて鎌倉市への貢献は大きかったという。そのため、工場閉鎖後も別の工場を誘致するなどの土地利用が望まれたようだ。

 

2万6000平方メートルですからねぇ
 

市の意向を踏まえて入札が行われたが希望に合う応札がなく、「三菱地所レジデンス」に売却という流れになったらしい。

 

余談だが、近年開発の同社近隣物件の分譲価格は6000~7000万円代が中心とか
 

ちなみに、キニナルにあった「『島忠ホームズ』ができる」という噂の出どころについては、鎌倉市側からも資生堂側からも「不明」とのお答えをいただいた。
 
 
跡地利用には市民参画の整備計画もあり!?・・・キニナル続きは次のページ
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事