ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜橋商店街にあります、天丼屋さん「豊野」について取材をお願いします。特にマスターの人柄やネタへの拘りが聞ければ嬉しいです。(コビン・ケスナーさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

豊野丼は一見頑固親父風だが、軽快なトークと心遣いでお客を楽しませてくれるマスターのいる店だった!天丼は素材が新鮮で量も多く、言うことなし!

ライター:松宮 史佳 (2013年04月29日)

冴えわたるトークに大爆笑!
 
天丼を食べながら、クレイジーケンバンド(CKB)のギタリスト、小野瀬さんは大の天丼好きで「豊野の常連」と吉田氏と話していると・・・「俺はナベプロだよ」とマスター。「ええー! あのワタナベプロダクションですか!?」と吉田氏。

「そう。ナベプロだよ」
  


ナベプロ=天ぷらナベのプロ!!!

 
マスターは絶妙な間で会話に参入しつつも、新しいお客さんが来ると「荷物大丈夫?」「後ろあるから(掛けるフックが)」「漬物あるよ」と常に繊細な心遣いを欠かさない。
 


水を飲み干した吉田氏に絶妙なタイミングでボトルが!

 
汗をかく吉田氏にサッとティッシュが出される。「???」
 


ティッシュはカウンターの上にマグネットで張り付けてある!

 
キッチンに余計なものを置かず、“必要な時に必要なものをサッと出す”。それがマスターの美学なのだ。



いよいよ正体を告白!

松宮は食べるのが遅い。ほかのお客さんは帰り、時刻は14時45分。

「15時過ぎると延長料金取るぞ」とマスター。延長料金取られるのはイヤだけど「延長されるのは大歓迎」と松宮。「キャバクラかよっ」とツッコむ吉田氏。・・・こんなことを言っている場合ではない。確かに急がねば!

「焦らなくてもいいから、急げよ」とマスター。“一体どっちだ・・・”と心の中で逆ツッコみ。
 


松宮は20分ほどかけて完食!

 
食べ終えたところでちょうど15時に。閉店の時間だ。「・・・どーする?」「行け!」

吉田氏と偽装カップルになり、結婚式場に潜入した「本当に5万円で挙式できるのか!?」を思い出す。・・・この果てしないドキドキ感。本当に“いつも心臓に負担をかける”、そんな人生だ。

意を決した松宮、正体を告白! すると、「やっぱり! どうもアヤしいと思ったんだよな」「取材はやらないよ」と言われてしまう。次々と業者の方が来店し、忙しそうなので「明日もまた来まーす!」と立ち去る。
 


「もう来んなよ!」と言いつつも、マスターの言葉にはどこか“愛”があるのだ

 
 
 
再び来店
 
翌朝。外で天丼を食べたのは初めての体験だったが、「まったく胃もたれしていない」。すでに「今日も天丼食べるぞー!」という気になっている。

11時15分過ぎに吉田氏と再び豊野へ。入口に辿り着くと、マスターは「また来たのか!」とあきれ顔。昼時なのでお客さんが次々来店。
 


松宮がオーダーした海鮮丼(700円)! れんこんにかけられたカレー塩が香ばしい!


昨日来店した時とは「野菜が違う!」。毎日多くのお客さんが来店するのに、「お客さんの顔」と「何を食べたのか」を覚えているのだ! 毎日来ても「飽きないように」というさり気ない心遣いがうれしい。

海老・きす・穴子はどれも“超新鮮”! やっぱり豊野の魚介は美味しい!

「春は桜海老、入梅には梅雨鰯、初夏は銀宝、冬には白子や牡蠣」など、「季節ごとにおすすめがある」とマスターが教えてくれる。
 


吉田氏は鯨丼(900円)!

 
クジラ肉と素揚げされたにんにく&ネギ、甘めの丼タレが絶妙! 「これまでの人生で食べたクジラはなんだったのか」というほど、クジラ肉のイメージを覆される。やわらかくてとってもジューシー! 「お~いし~い!」と言うと、「何食べてんだ、注文してねーのに」とツッコむマスター。「盗み食い」と松宮。

食べるのが遅い松宮に「お前、遅いよ。(みそ汁の)しじみは貝ごと食え!」とマスター。思わず噴き出しそうになる松宮。混雑しているので「また来まーす」と退散。「もう来るなよ!」とマスター。・・・もはや“別れのあいさつ”と化している!

ここで、お客さんにインタビュー。
 


異なるものを注文しても2人に分けてくれるマスターに「気遣いを感じた」と嶋田さん

 
 

マスターの素材へのこだわりが明らかに!!・・・次のページ≫
 

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事