ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市営地下鉄ブルーラインの各駅にある、1000形と2000形の縦縞に合わせた青いタイル、いつまで残すのか?できればずっと残して欲しい。

    ockyさん

    昔は上大岡にも性風俗が結構ありましたが、今はどうなんでしょうか?僕的には20年前「やすらぎ」「チェリーガール」のあったころにはよく通っていました。若かったんですね。

    今宵月男さん

    中華街ではいろんな肉まんあんまんが売ってますよね。どこの店がおいしいか、はまれぽ見てる人たちで人気投票しませんか?正直、たいしておいしくない店もたくさんありますから。

    今宵月男さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月23日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
5位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
9位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
10位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
11位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
12位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
13位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
14位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
15位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
19位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
22位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
横浜初で噂ゼロ? 横浜駅西口エリアにひっそりと存在する謎の「ハリネズミ専門店」でチクッと体験!?
25位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
26位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
27位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
28位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
29位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
30位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

武蔵小杉に「横浜サンド」といサンドイッチ屋さんがあるのですが、なんで横浜なんでしょうか?前を通るたびに気になってしまいます。(カレーライスさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

ご主人が青春を過ごした街「横浜」への熱い思いが店名に込められていた。横浜には条件にあうテナントがなかったため、生まれ育った川崎に出店した!

ライター:石元 優 (2012年06月10日)

武蔵小杉駅というと川崎市。しかしそこに「横浜サンド」という名のサンドイッチ屋さんがあるらしい。一度知ってしまうと誰もがその素朴な疑問につまずくだろう。川崎市にあるのになぜ横浜サンド?

早速電話で取材を申し込むと「良く聞かれるんだよねー(笑)」と一言。そう言われると余計に気になってくる。「その真相突き止めにお邪魔します!」




川崎にある横浜サンド!?
 


初めての武蔵小杉駅。外に出るのに12分もかかった…


東急東横線武蔵小杉駅を南口から出て左へ進み、商店街の中を歩いていると法政通り南壱番街入口へたどり着く。そこを進むこと約2分、右手に気になる看板が見えて来た。
 


遠くからでも目立つブルーの看板


まず目に飛び込んでくるブルー。川崎フロンターレのイメージカラーでもあるが、横浜のみなとっぽさを演出しているかのようにも思える。
 


店内は狭いため朝の通勤ラッシュ時は行列が出来る


早速、同店を経営する有限会社タガワフーズ代表取締役社長の田川正明さんに話を伺った。
 


「本当によく聞かれるんだよー」と言いながら登場


「なんで横浜サンドですか?」
いきなりストレートにぶつけてみる。

「ははは(笑)。実は学生時代から30代まで、私の青春はほぼ横浜なんだよ。横浜が大好きでね。お店も横浜らしいものを作りたかった。そこだけはどうしても譲れないポイントで、最初に「横浜サンド」という名前のサンドイッチ屋さんを始めようと思いついたんだ」。

学生時代、東海道線を使って通学していた田川さん。帰りはいつも横浜駅で下車して、ダイヤモンド地下街や伊勢佐木モールで友人たちと青春の時を過ごした。

卒業後は日本ケンタッキーフライドチキン株式会社へ入社。横浜市内にあるいくつかの店舗で店長を務めたのち、スーパーバイザーとして横浜エリアの店舗展開を担当。学生時代から社会人に至るまで、横浜という街には数えきれないくらいの思い出があるという。
 


お店のロゴは横浜っぽさを感じさせるデザイン


その後、サンドイッチ屋を展開する株式会社三桂に転職。サンドイッチ作りのノウハウを学び、平成9年に独立し、生まれ育った川崎の地に「横浜サンド」を開店。

「もちろん真っ先に横浜市内でテナントを探したよ。でも中々条件に合う物件が見つからなくてね。そんな中、地元川崎にピッタリの物件があったからそこに決めちゃったの。こればかりは縁だからね。例えば渋谷にいい物件があったら渋谷なのに『横浜サンド』ってなってただろうね(笑)」



店名の由来がわかってスッキリしたところで、いよいよ実食!そのお味は?次ページへ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事