ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

    戸塚のヤギさんについて

    kodama_koさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

12月に行われる大会に向けて、横浜DeNAベイスターズがジュニアチームを作るそうです。どんな選手が選ばれるんでしょうか (ジミヘンさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

もちろん技術も問われるが、それだけじゃダメ。真剣に野球に取り組む、元気な野球少年がユニフォームを着ることができる!

ライター:田中 大輔 (2012年07月07日)

7月1日から選考会への参加募集が始まった、横浜DeNA ベイスターズジュニアチーム。
12月25日から28日に札幌ドームで開催予定の「NPB12球団ジュニアトーナメントENEOS CUP 2012」に出場するチームを作るためのセレクションだ。

今年で8回目を迎えるこの大会は、日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団が協力して行われるもの。
子どもたちの“プロ野球への夢”へのきっかけを作るという理念のもと、各12球団が小学5、6年生で編成されたジュニアチームを結成し、グループリーグと決勝トーナメントを戦い日本一を目指す。



プロ野球選手も輩出したENEOS CUP

もちろん我らが横浜DeNAベイスターズもチーム結成に向けて動き出したところ。

応募の対象となるのは、50m走8.7秒以内、遠投50m以上という基準をクリアできる神奈川県内在学の小学6年生。
400~600名ほどと見込まれる参加者の中から、7月26日の第1次選考会、8月開催予定の最終選考会を経て、18名の選手が選抜されることになる。
今大会のためだけに作られる、言ってみれば小学生のオールスターチームだ。

 


2010年の選考会の様子。多くの野球少年が出場を目指す


昨年のドラフト会議では、第1回大会に出場した選手が3人も指名を受けた。
2位指名を受けて横浜に入団した髙城俊人選手もそのひとり。福岡出身の髙城少年は、ホークスのジュニアチームのメンバーとして出場していたのだ。
 


ベイスターズ期待の若手、髙城選手もこの大会の出身者


プロ野球選手になるためのひとつのステップとして注目される大会のひとつと言えそうだ。



監督に聞く、求められる選手とは

そんなプロを目指す少年たちの集まるジュニアチームに求められるのはどんな選手なのだろうか。球団事務所を訪れ、今大会で監督として指揮をとるベイスターズOBの小山田保裕さんにお話しをうかがった。
 


現在は球団職員として活躍中の小山田さん(左)と地域貢献室室長の壁谷さん


「(選考会で)小学生の間にやってきたことを発揮してほしい」と期待を寄せる小山田さんは、「セレクションを受けることはいい経験になるはずです。今までにやってきたことを試すという意味でもぜひ来てもらえれば」と話す。
 


小山田さんは球団の野球教室を通じて、小学生への豊富な指導経験を持っている


ただし、技術が高ければそれでいいというわけではない。
「選ばれた選手はプロと同じユニフォームを着て大会に臨むことになります。ユニフォームを着るということは、気持ちの部分も持ってもらわないとダメ」とのこと。

どれだけ野球が上手くても、あいさつができなかったり、野球に取り組む態度に問題があれば選考会を勝ち抜くことは難しいのだ。
 


最初のあいさつや、プレー中のこの真剣な眼差しも大切


選考会でいちばん見たいポイントを聞くと「やっぱり元気な子がいいですよね」。
「元気な子どもはすごく目に付くので、積極的にアピールしてもらいたい」ということなので、参加する少年たちは大きな声を出して元気にプレーすると注目してもらえるかも。
 


しっかり声を出して、監督たちに見てもらおう!




「勝つ喜びを味あわせてあげたい」

小山田さんの言葉からも分かるように、小学生の大会ということもあって、勝ち負けがすべてではない。

とは言え、「やる以上は、勝つ喜びを味あわせてあげたい」と監督。「ひとつひとつの試合をみんなで一生懸命勝ち進んでいく」と目標を挙げ、「子どもたちにとっていい経験、思い出になると思うので、それをサポートしてあげたい」と語ってくれた。

これまでは優勝経験のないベイスターズジュニアだが、今大会はどうだろうか。

 


小山田さん自身も、選考会や大会を楽しみにしているのが伝わってきた


選考会への応募は今月18日の午後10時まで。腕に覚えのある野球少年にはぜひとも挑戦してもらいたい。
なお、7月26日の選考会、8月の最終選考会の様子もお届けする予定なので、お楽しみに。



―終わり―


選考会概要
1.第1次選考会(最終選考会に進む45名程度を選考)
 (1)対象者: 神奈川県内在学の小学校6年生
 (2)日時: 第1回 7月26日(木) ※予備日27日(金)
 (3)会場: 保土ヶ谷公園 少年野球場 (横浜市保土ヶ谷区花見台4-2)
 (4)選考方法: 基礎体力(50m走、遠投)→ 基準値クリア者のみ簡単な実技
 (5)受験資格: 50m走8.7秒以内、遠投50m以上
 (6)申込期間:7月1日(日)10:00 ~ 7月18日(水)22:00

◆詳しい応募条件、内容などは球団公式サイトをご覧ください
http://www.baystars.co.jp/news/2012/07/0701_01.php
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 177 面白くなかった 18

おすすめ記事