ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    お酒はどこで飲む?のアンケートで、思い出したので追加、限りなく公園に近そうなのですが、ズーラシアや金沢動物園隣のののはな館レストラン、野毛山動物園にシーパラダイスでも飲みます。やっぱりその他かな?

    ホトリコさん

    川崎区追分にある油そば伊太郎と言う油そば屋が気になります。客層や味を調べて下さい。川崎区には油そば専門店はないので!宜しくお願いします。

    マサヒコさん

    2月18日の午後4時前頃、三ツ境駅と希望ヶ丘駅の間、275kV高圧送電線の京浜3.4号線1012号鉄塔近くで、大きなネット状のものが送電線に引っかかりショートして何回か爆発(瞬間的に燃焼)する事故があ...

    上拾石鬼平さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

南区中村町にある、「神奈川県立高等学校教職員組合」という表札がかかったものすごーくレトロな建物の詳細を教えてください。戦前からある建物のようですが…(浅田真央子さんのキニナル)

はまれぽ調査結果

今年で築85年。元は衛生研究所で、細菌の研究が行われていた。現在は神奈川県教育委員会が管理し、主に倉庫、時にロケ地として活用されている。

ライター:沢村 友美 (2012年07月22日)

実態を確かめるため現地へ 

市営地下鉄ブルーライン「阪東橋」駅から南へ徒歩約8分。中村川を越えた先に建つのが、今回の調査対象だ。
 


遠目にも、古い建物だと即座に分かる


初めて訪れたのにすぐにそれだと分かるのは、尋常ではない程に色あせた外壁のせいだろう。薄いというのとは明らかに違う、実際に何十年も太陽の光を浴びなければ決して作り出せないような色味や風合いがすっかり染み付いている。
 


正面の門扉は閉じられ、中に人がいる気配もない


近づくと、ひどく劣化している様子が見てとれた。
 


玄関口上部に見られたヒビ割れ


表札には、投稿の通り「神奈川県立高等学校教職員組合」(以後、県立高教組)と書かれてある。
 


壁面の古さと不釣り合いな真新しい表札


それにしても、表札がなければ廃墟としか思えない風貌だ。



表札と異なる、真の所有者が明らかに


建物の裏手に回ると「神奈川県埋蔵文化財センター」があった。同団体は県内にある遺跡の発掘調査や資料等の管理業務を行っている神奈川県の機関。さらなる手がかりを求め、建物の中へ入ってみた。
 


ひっそりとしたセンター入口


そこで係の方に事情を説明したところ、意外な事実が判明した。何と、調査対象の建物は同センターが管理をしているという。現在はセンターの文書保管倉庫として利用しているらしい。表札にあった県立高教組には、たまたま建物の一部を会議や物置用スペースとして貸し出しているだけ、というではないか!
 


建物の主は同敷地内にいた!


偶然にも取材の「本命」に辿りつくことができ、ひと安心。と、ここで担当者から思ってもみなかった言葉が。

「中を見てみますか?壁や床が劣化しているので危険もありますが、それでも構わなければ…」「え?いいんですか?見ます!ぜひ、見せてくださいっ!!!」と、だいぶ喰い気味に返事をする筆者。後日に出直して、建物内に入れてもらえることと相成った。(注※一般には開放されていません)



古地図から歴史をたどる


潜入レポートの前に、建物の歴史について触れておこう。
詳細は管理者でも分からないということで、複数のルートから調べてみたが、やはり確実な情報は得られなかった。それでも、図書館などにあった各機関の報告書や古地図などから概要はつかめたので、それらをまとめてご紹介する。
 


参考資料の一つ「新版 日本近代建築総覧」


なお以下は、資料によって異なる記載があるため、今回の調査や取材を通して総合的に解釈した結果であることをご了承いただきたい。

建築名:県埋蔵文化財資料保存整理館(旧中央衛生研究所)
所在地:横浜市南区中村町3-191-1
建築年:1927(昭和2)年
構造:鉄筋コンクリート造、3階建て
設計者:神奈川県営繕課
経歴:以下にまとめ
 


幾多の変遷を経て、現在に至る


歴史が曖昧なのは、時代によって組織名が次々と変わったせいか?はっきりしているのは、ここが戦前から県によって所有・管理されており、長らく本庁とは別の出先機関になっている、ということ。
 


門柱や外壁には旧管理組織の看板跡が残る



徐々に明らかになる建物の正体。いよいよその内部へ潜入!詳細は次ページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事