検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

「エコキャップ運動」がうさん臭いです。寄付額とは吊り合わない回収経費や、協会や寄付先の中抜きの問題もあります。状態の良い廃PPに対して、12.5~20円/kgの買値は適切なのでしょうか?(ponさん)

はまれぽ調査結果!

キャップの売買価格が適切かは分からないが、再利用資源としての品質が高く、リサイクル事業者が数倍のコストをかけても欲しいほどの価値がある。

  • LINE
  • はてな

2012年07月25日

ライター:吉岡 まちこ

NPOを直撃!まだ始まって5年目

エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップをワクチンに換えるという運動。
捨てる物で子どもの命が救えるならと、大人も子どもも大切に集めたキャップを学校や諸施設にある回収ボックスに入れに行っている。
 


あまりペットボトルは買わない筆者も親子で細々と分別


膨大に集まったキャップは、発展途上国のプラスチック資源として再利用でもされているのかなぁ…と漠然とそんなふうに思っていたが、回収ボックスから先の流れに筆者は考えが及んだことはなかった。

その運動自体に疑問を投げかけている今回のキニナル投稿。ネットでは批判的に書かれている情報を目にすることもある。
運動を進める「NPO法人エコキャップ推進協会」に、どのような仕組みで活動しているのか話を聞きに行った。
 


横浜スタジアムの近く。ごく普通のオフィスビルのワンフロア―


対応してくださったのは専務理事の永田近さん。調べたところ、永田さんは鉄鋼会社で労働組合に長年従事し、退職後に「NPO全国障害者福祉援護協会」を設立。「エコキャップ推進協会」は、NPO化して今年で5年目だ。
 


バイタリティみなぎる、専務理事であり事務局長の永田近さん


ペットボトルの回収が始まった時、キャップは“燃やすごみ”だった。横浜市でプラスチック製容器包装の回収が始まるか始まらないかの2005(平成17)年の春、神奈川の高校生の「ペットボトルはリサイクルされるのに、キャップを捨てるのはもったいない」という発想に、永田さんが参画して回収を始動。

障害者福祉のNPOで知り合ったという建設会社が「キャップを1kgあたり15円で買い取りますよ」と申し出た。焼却すればCO₂を発生させるだけだが、建築資材にリサイクルすると原料になるという。
今、集められたキャップはこういった国内のリサイクル事業者に引き取られ、粉砕しプラスチック原料のペレットにした後、再資源化事業者に納入されているのだ。
 

粉砕しチップにしたキャップ(左)。着色されたペレット(右)
 

キャップはこうして再利用される。プランターはほんの一例


キャップを集める運動はあっという間に広まり、売って貯まった膨大なお金をどうしよう?と思っているところへ、テレホンカードや書き損じのはがきでワクチンを購入している「NPO世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」を知り、15円/kg(正確には15.8円/kg)のうち10円を寄付することにした。これが活動の経緯だ。残り5.8円/kgは純益となってエコキャップ推進協会自体の活動支援金に回される。
 


この箱に約800個2 kgが入り、ポリオワクチン1本分(20円)に相当する



ワクチン代の10倍かかる送料への批判をどう考えているのか? 次のページ≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

横浜のごみ焼却炉では分別したプラも燃やしてるの?

“世界に一着”が3万5000円から! 隠れ家サロン「EVERS SUIT」でオーダースーツデビュー!

  • PR

約3億円の債務超過を抱える神奈川フィルはどうなるの?

一切れで酔えると噂の「Happy Rummy」のアルコールケーキ製造現場に密着。つまみとの相性検証も

  • PR

横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編

お気に入りの紅茶がきっと見つかる、横浜元町老舗の紅茶専門店「ラ・テイエール」

  • PR

横浜市の学校給食の放射能測定値はどうなっている?

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

新着記事

鎌倉を世界遺産に!【編集部厳選】

    • 面白かった6
    • 面白くなかった26
    • コメント3
  • 2019年05月26日

神奈川区神大寺にある「稲見鉄道模型製作所」ってどんな場所?

    • 面白かった141
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年05月25日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

おかえり「FREEWAY428」! 横浜発のアパレルブランドが元町に帰ってきたぞ〜

  • PR

自分らしく輝けるヘアスタイルを! ゆったりと素敵な時間を過ごせる「Hair Design Will」

  • PR

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

元いじめられっ子の元プロ格闘家による熱血指導! どんな子でも楽しく稽古に通い続けられる空手道場

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 南区の中村地区で空き家を改修してコミュニティカフェの開設を目指している団体がいるという神奈川新聞の記...

  • かつて浦島小学校に山下清画伯が訪れたことがあったそうです。その時に油性ペンで描いたスケッチ画三点が校...

  • 昔、江ノ島の参道のお店に飾られていた「頭蓋骨に蛇が絡んだ置物」はなんだったのでしょうか?覚えている人...

あなたはどう思う?

リニューアルしたトップページの感想は?

最近のコメント

アクセスランキング