検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

根岸駅の近くにある交差点「プールセンター入口 交差点」に根岸飛行場跡の看板があります。看板にも説明がありますが、もっと詳しく知りたいですお願いします。(はまっぷさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

根岸飛行場は日本初の飛行艇専用民間飛行場であり、南洋航路定期便が運航していた。戦争が激しくなった頃には特攻隊員の移送もされていたという。

  • LINE
  • はてな

2012年09月29日

ライター:橘 アリー

根岸に飛行艇専用の飛行場があった

キニナル投稿にある横浜市磯子区西町「プールセンター入り口交差点」付近に設置されている看板を確認してみた。「根岸飛行場跡」と書かれたその看板には、ここが、1940(昭和15)年に大日本航空株式会社によって作られた、日本初の飛行艇専用の民間飛行場だったと記されている。
 


根岸飛行場跡の看板
 

看板内地図部分を拡大


「大日本航空株式会社」とは?どうして根岸に飛行場を?普段はあまり馴染みのない飛行艇もキニナル。
まずは、大日本航空株式会社や根岸飛行場について書かれている書籍を参考に調査を開始することに。また、看板の設置団体の一つ磯子区郷土史ネットワークの代表を努められている葛城峻さんにもお話を伺い、貴重な資料をお借りした。


大日本航空株式会社とは?

インターネットで大日本航空株式会社について調べてみると、大日本航空社史刊行会編『航空輸送の歩み―昭和二十年迄―』という書籍の存在を知った。まずはこの本を参考に根岸飛行場ができた経緯を追ってみる。
 


「航空輸送の歩み―昭和二十年迄―」大日本航空社史刊行会編


大日本航空株式会社は1938(昭和13)年12月、官民出資の国策会社として、日本の航空輸送事業を飛躍的に発展させるために設立された。また同時に、海軍が企図する南洋委任統治諸島への航空路計画も大日本航空に担当させたとある。
大日本航空の運航路線は、国内のローカル線や北京線(福岡―青島―北京)、南京線(福岡―上海―南京)、東京―バンコク線、そして南洋方面線(横浜―サイパン―パラオ、南洋島内線)などがあった。

大日本航空の設立経緯からすると、根岸飛行場は海軍の南洋方面への航空路計画と関係がありそうだ。
『航空輸送の歩み』によると、日中戦争(1937年~)と歩調を合わせるように日米関係が悪化しつつある状況で、南洋の委任統治領を日本の防波堤と考えるようになったとある。しかし、当時この重要な島々と本土を結ぶ交通機関は船舶のみで、横浜から3日ないし1週間を要する“きわめてのんびりとした有様”だったそうだ。

そこで、当時、高速交通機関として力を発揮し始めた航空輸送が注目され、海軍内部で海洋航空路開発の必要性が論じられたとある。このような状況から、その海洋航空路開発の使命を担当する「海洋部」が大日本航空設立と同時に同社内部に設けられたのだ。
 


南洋諸島へ向けて根岸湾を離水する九七式飛行艇(葛城さんの資料より)


大日本航空の海洋部は当初、富岡にあった横浜海軍航空隊内の施設を間借りするようなかたちで仮事務所である「横浜支所」を設け、1939(昭和14)年3月に業務を開始した。
なぜ富岡かというと、ちょうどその頃、横浜海軍は川西四発大型輸送飛行艇を使用し、南洋諸島方面へ洋上飛行訓練を実施していたからだ。海洋部はその飛行艇に便乗し、航空路や現地の視察、飛行訓練を行った。

磯子区役所発行の『浜・海・道』によると、1939(昭和14)年4月には、富岡から初の定期便がサイパンを経由してパラオに行き、その後、根岸飛行場ができるまで月2、3回のペースで飛んでいたそうだ。乗員は横浜海軍航空隊員と大日本航空の混成チームで、民間の定期便としての飛行だけではなく、民間機であれば怪しまれないという理由から、軍の南洋方面の偵察も兼ねていたそうだ。


根岸が選ばれた理由は?近代的だったという空港ターミナルの様子は次のページ ≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

根岸に残る「疎開道路」、名付けられたその理由は?

中古マンション×リノベ!余裕をもって自分らしいマイホームを作る「リフォーム不動産 横濱studio」

  • PR

横浜に旧日本軍の軍事施設跡は残っているの?

EDやAGAのこと、こっそり相談できるスマホ診察にも対応した、国内正規薬のみを取扱うクリニック

  • PR

野毛ちかみちで店を出したり、イベントを開かないのはなぜ?

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

完走なるか? 横浜マラソン2016を疾走レポート!

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった32
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

【編集部厳選】昨日のアド街ック天国は「横浜」! はまれぽも横浜発祥の文化をご紹介!

    • 面白かった22
    • 面白くなかった0
    • コメント0
  • 2018年09月23日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

2700円で食べ飲み放題! さらにプラス900円で希少な「生」のさがみビールも飲み放題に!

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

JAZZの生演奏を聴きながら、昔ながらの手作り南欧料理に舌鼓。横浜駅西口「エルスウェーニョ」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 着々と準備が進んでいる相鉄の都心直通プロジェクト、「京王ライナー」や「S-TRAIN」のような座席指...

  • LAやマンハッタンで大人気のウマミバーガー。日本での2号店が横浜の、それも最大競合のシェイクシャック...

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント