ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

    2018年4月21日、1900年生まれの鹿児島県喜界島の田島ナビさん(117)が亡くなり、1901年(20世紀初年)生まれの横浜市西区在住・都千代さん(116)が国内最高齢(おそらく世界最高齢)となり...

    幸人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

子供のころ、南区の永田小学校横にある竹林のむき出しの地層付近で貝の化石を採った覚えがあります。永田周辺は海だったと聞きましたが、本当でしょうか?(fukaさん)

はまれぽ調査結果

はるか昔、8万年前以前、永田小学校付近を含む横浜市は海だった! かつて海の底であったことを示す地層も分布している。

ライター:大和田 敏子 (2013年10月24日)

海の底だった横浜

オシャレなビルが建ち並び、観光スポットやレジャー・ショッピング施設が集まる洗練された大都会、横浜。ここがかつて海だったことを想像したことがあるだろうか。今回の調査は、そういった時代、大昔の横浜に思いをはせるきっかけをつくってくれた。調査にあたって、キニナル投稿者が貝の化石を採ったという場所を特定してみようと思い、京浜急行「井土ヶ谷駅」から徒歩15分、南区の永田小学校に向かった。
 


永田小学校


付近に竹林はないかと探してみる。すると、校舎裏手に竹林らしき緑の生い茂った場所が見つかった。
 


校舎の背景に竹林が見える


竹林のあるところは崖になっている。投稿者が貝の化石を採ったという場所は、ここなのだろうか。
 


永田小学校校舎裏にある竹林
 

崖には、所どころ、むきだしの土が見えている


投稿にある、「ここで化石が採れた」という事実は一体どういうことなのか。また、それはいつごろのもので、どのような貝なのだろうか? 地質学や古生物に関する知識がほとんどない筆者は、一つひとつ確認していくしかない。

まず、化石とは何か?  そこから始めてみることにする。

地質や環境エネルギーなど6分野で研究を行う日本最大級の公的研究機関「産業技術総合研究所」によると「化石とは、一般に、太古の遺骸が砂や泥などの中に埋もれて、何千年、何万年、あるいは何億年という長い年月がかかって、地層の中に残されたもの」だという。

生物などが地層に埋没して自然状態で保存されているものを指すので、余った食料や貝殻を捨てたゴミ箱のようなものであったと考えられている「貝塚」から出土したものは、「自然状態ではない」ため、化石には含まれないそうだ。

このことから考えると、「貝の化石が採れる」ということは、「そこがかつて海あるいは湖であった」と考えるのが自然なようだ。
 


貝の化石(現地で採れたものとは無関係)
『化石図鑑~地球の歴史をかたる古生物たち~』より




専門家に聞く

永田小学校周辺で貝の化石が採取できる可能性について知ることができたらと、「生命の星・地球博物館」の主任学芸員、田口公則さんに相談させていただいた。
田口さんが、1982(昭和57)年に地質調査所(現在の産業技術総合研究所の地質調査総合センター)から「横浜地域の地質」として出版されている地質図と説明書をもとに、永田小学校付近の地質図を紹介してくださった。
 


当時の永田小学校付近の地質図。地質調査所発行5万分の1地質図「横浜」を引用
※クリックして拡大


田口さんは「地質図を読むと、永田小学校周辺には「中里層(なかざとそう)」とよばれる地層が分布していることがわかります。中里層は、およそ100万~70万年前の海成層(海でたまった地層)で、ときには貝化石が見つかることがあります」と解説する。
 


中里層から見つかったウニの仲間の化石(生命の星・地球博物館にて展示)
 

中里層から見つかった二枚貝の化石(生命の星・地球博物館にて展示)


「永田小学校付近には40万年ほど前の地層のひとつ「相模層群上倉田層(さがみそうぐんかみくらたそう)」も分布しています。この上倉田層からも貝化石が見つかることが知られています。」
 


上倉田層から見つかった貝化石(生命の星・地球博物館にて展示)



専門家の意見をもとに、さらに深く「いつまで海だったか」を検証・・・キニナル続きは次のページ!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事