検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

横浜市内の大気汚染物質「PM2.5」の観測場所は何を基準に決めたのでしょうか。区役所であったり、交差点であったり・・・。(恋はタマネギさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

横浜市には14の測定局があり、年度内に全18区に設置予定。設置基準は「市内で大気汚染を常時監視できる地点」で、測定値はホームページで閲覧可能

  • LINE
  • はてな

2013年12月23日

ライター:はまれぽ編集部

そもそもPM2.5って?

発がん性が指摘される微小粒子状物質「PM2.5」は自動車や工場の排ガスなどに含まれる直径2.5マイクロメートル(1マイクロ=100万分の1)以下の大気汚染物質で、人の呼吸器の奥まで入り込みやすく、呼吸器、循環器疾患が懸念されている。
 


実際のPM2.5(神奈川県公害防止推進協議会リーフレットより)
 

PM2.5発生の仕組み(神奈川県公害防止推進協議会リーフレットより)


国の環境基準では、大気1立方メートル当たり1日平均35マイクログラム以下と定められており、横浜市では2011(平成23)年から「鶴見区潮田交流プラザ」「泉区総合庁舎」「青葉台」の3地点で観測を開始し、2013(平成25)年度以内に市内18区に観測地点を設置する予定。12月10日現在では神奈川区、港北区、瀬谷区、保土ケ谷区を除く14区14局で測定を行っている。



観測所はどうやって決めている?

ここで投稿にあった「観測場所は何を基準に決めた」のかについて横浜市環境創造局環境管理課監視センターの竹生田(たけうだ)昭男センター長に伺うと、「区ごとの一般的な環境を配慮し、大気汚染を常時監視できる地点に順次設置している」とのこと。

例えば住宅地が多い区であれば閑静な場所、商業・工業地であれば排気ガスなどを考慮し、交通量が多い場所を選定し、かつ、測定器を設置できる地点で観測しているという。
今年度中には市内全18区で測定ができるよう取組んでいる。
 


測定機がある西区の浅間下交差点
 

青い箱の上にあるのが測定機


粒子状物質の測定機には、PM2.5のみを測定するものと、粒子直径10マイクロメートル(0.01mm)以下の「浮遊粒子状物質(SPM)」を測定するものがある。
 


 

取材中も車や通行人の波が途切れることはなかった浅間下交差点




 

はまれぽ編集部のイチオシ

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

豊富な経験をもとに不動産や相続の悩み解決をサポート。明るく前向きな社会づくりの活動にも注目!

  • PR

Welcome to 東京TEMPLAND! 新横浜の五感で楽しめる“食のテーマパーク”に行ってきた

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

大口商店街でワンコインのマルゲリータを食べてきた。自家製の窯で作る本格ナポリピッツァは絶品の味!

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング