ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    病院ネタでもうひとつ、はまれぽでも名前だけは頻繁に出てくる「けいゆう病院」が、他にある警察病院の中で唯一、消防も関わっている経緯が知りたいです。

    ホトリコさん

    今から15年くらい前、栄区飯島で「セミ男」がいるという都市伝説?がありました。木の上から女の子を見ているから「セミ男」だったと思います。下坂谷バス停の近くには、セミ男が住んでいる緑色の家があると言われ...

    慈悲深い虎さん

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜名物サンマーメン。お店によって味はいろいろですが、オリジナリティ溢れるお店やリーズナブルなお店など変り種が知りたいです(suzukaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

本来のサンマーメンを再現した「栄来軒NOW」、500円なのにボリューム満点の「天龍菜館」、愛情たっぷりの台湾家庭料理「桃園」の3軒をご紹介!

ライター:河野 哲弥 (2014年01月03日)

個性的なサンマーメンを求めて

かつて横浜の港町で、まかない食として愛好されていた麺類にルーツを持つといわれる「サンマーメン」。正式な定義というものはないが、具材にもやしが使われていることと、スープにとろみのあることが特徴といったところだろうか。
 


正式なメニューとしてはじめて登場した、「聘珍樓」のサンマーメン


決まりがないということは、それだけオリジナリティも打ち出しやすいということ。そこで、見た目のインパクトやユニークな物件を探し、各店に連絡をしてみた。
ところが、意外と取材拒否というケースが多く、「常連に迷惑をかけたくない」「1人でやっているので手一杯」などという返答が少なくなかった。

したがって、これからご紹介する店舗は、あくまで一例であることをご了承いただきたい。それでも、それぞれ個性的で、思わず足を運んでみたくなること間違いなし。「具にこだわっている」「価格がリーズナブル」「愛情たっぷりの店主がいる」店舗を、それぞれ1軒ずつピックアップしたので、順番に巡っていってみよう。
 


もやしなしのサンマーメン!? 南区「栄来軒NOW」

最初に訪れたのは、以前からキニナっていたこのお店。横浜市営地下鉄吉野町駅を出てすぐ、吉野町交差点の一角にある。
 


店名が見当たらず、「サンマー麺にこだわった店」とだけ書かれている


外観からして期待できそうだ。それにしても、何に対してこだわっているのだろう。その答えは、のれんをくぐると明らかになった。
 


店内には、このほかにもメニューがビッシリ
 

「発祥当時の元祖三生碼麺(サンウーマーメン)」?


創業1966(昭和41)年、「栄来軒NOW」のご主人である高岡さんによれば、メニューの右端にある1番の「三生碼麺」こそが、発祥当時のサンマーメンなのだとか。具は、「白菜」「シイタケ」「豚肉」の3つだけ。野菜の千切り、乾物の取り扱い、肉の下ごしらえを同時に学ぶことができるので、新米の料理人が練習をかねて、まかない料理に出していたとのこと。
 


独自にサンマーメンの調査をしたという高岡さん


ということは、一般のサンマーメンでよく見かけるもやしは使われていなかったことになる。その点についてたずねてみると、「もやしはね、戦前までは、冬の間しか出回っていない野菜だったんです。『成田食品』という会社が戦後に品種改良をしてね、それで一年中流通するようになってきた。だから、それ以前のサンマーメンに(夏でも)もやしが使われているというのは、つじつまが合わない」と話す。

ちなみに、このもやし革命以後のサンマーメンが、「2番」のメニュー「生馬麺」となる。ほか、合計5種類の味が楽しめるのが、同店の特徴だ。


元祖三生碼麺(800円)を頼んでみた


鶏ガラをベースにしたスープが、なんとも優しい味。具は前述の3点のみで、インパクトこそ少ないが、飲んだ翌日などには、この穏やかなサンマーメンが欲しくなる。なお、店名の「NOW」とは、父親から「栄来軒」を継いだ高岡さんが、「常に伸びるように」という願いを込めて加えた屋号なのだという。
 

まだまだある、横浜のキニナル絶品サンマーメン・・・次のページ≫
  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事