ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大衆演劇ファンには有名らしい川崎の「大島劇場」で大衆演劇の楽しみ方を取材してほしいです。大衆演劇って見たこともないし、どんな人達がどんな楽しみ方をしてるのか、気になります。

    タロー先生さん

    三浦半島イチ美味しい、と言われる?三上農園の直売所のスイカが気になります。今年も大きくて美味しいスイカを堪能したのですが、どんな風にスイカを育ててるのか取材してほしいです。試食もできるし、気さくなおじ...

    タロー先生さん

    横浜で東京キャットガーディアンさんが子猫の譲渡会をやるそうです!http://tcg.ldblog.jp/archives/50584695.html

    yukieさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
2位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
3位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
4位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
7位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
10位
【はまれぽ名作選】西横浜にある中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍のタンタンメンとは?
11位
【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!
12位
【はまれぽ名作選】野毛で食べられる裏メニューって、どういうのがあるの?
13位
【はまれぽ名作選】平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 伊勢佐木町編
14位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
15位
【はまれぽ名作選】かつて馬車道交差点にあった「珈琲屋」、その後どうなったの?
16位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
17位
まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?
18位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
19位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
20位
【ニュース】ホテルニューグランドこの夏だけの限定ラウンジ!
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜
22位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜
23位
「よこはまでカレーがおいしいお店ランキングベスト10」が知りたい!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【編集部厳選】梅雨明けしたし、夏と言ったらビールでしょ!
26位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
27位
【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!
28位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
29位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
30位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜名物サンマーメン。お店によって味はいろいろですが、オリジナリティ溢れるお店やリーズナブルなお店など変り種が知りたいです(suzukaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

本来のサンマーメンを再現した「栄来軒NOW」、500円なのにボリューム満点の「天龍菜館」、愛情たっぷりの台湾家庭料理「桃園」の3軒をご紹介!

ライター:河野 哲弥 (2014年01月03日)

個性的なサンマーメンを求めて

かつて横浜の港町で、まかない食として愛好されていた麺類にルーツを持つといわれる「サンマーメン」。正式な定義というものはないが、具材にもやしが使われていることと、スープにとろみのあることが特徴といったところだろうか。
 


正式なメニューとしてはじめて登場した、「聘珍樓」のサンマーメン


決まりがないということは、それだけオリジナリティも打ち出しやすいということ。そこで、見た目のインパクトやユニークな物件を探し、各店に連絡をしてみた。
ところが、意外と取材拒否というケースが多く、「常連に迷惑をかけたくない」「1人でやっているので手一杯」などという返答が少なくなかった。

したがって、これからご紹介する店舗は、あくまで一例であることをご了承いただきたい。それでも、それぞれ個性的で、思わず足を運んでみたくなること間違いなし。「具にこだわっている」「価格がリーズナブル」「愛情たっぷりの店主がいる」店舗を、それぞれ1軒ずつピックアップしたので、順番に巡っていってみよう。
 


もやしなしのサンマーメン!? 南区「栄来軒NOW」

最初に訪れたのは、以前からキニナっていたこのお店。横浜市営地下鉄吉野町駅を出てすぐ、吉野町交差点の一角にある。
 


店名が見当たらず、「サンマー麺にこだわった店」とだけ書かれている


外観からして期待できそうだ。それにしても、何に対してこだわっているのだろう。その答えは、のれんをくぐると明らかになった。
 


店内には、このほかにもメニューがビッシリ
 

「発祥当時の元祖三生碼麺(サンウーマーメン)」?


創業1966(昭和41)年、「栄来軒NOW」のご主人である高岡さんによれば、メニューの右端にある1番の「三生碼麺」こそが、発祥当時のサンマーメンなのだとか。具は、「白菜」「シイタケ」「豚肉」の3つだけ。野菜の千切り、乾物の取り扱い、肉の下ごしらえを同時に学ぶことができるので、新米の料理人が練習をかねて、まかない料理に出していたとのこと。
 


独自にサンマーメンの調査をしたという高岡さん


ということは、一般のサンマーメンでよく見かけるもやしは使われていなかったことになる。その点についてたずねてみると、「もやしはね、戦前までは、冬の間しか出回っていない野菜だったんです。『成田食品』という会社が戦後に品種改良をしてね、それで一年中流通するようになってきた。だから、それ以前のサンマーメンに(夏でも)もやしが使われているというのは、つじつまが合わない」と話す。

ちなみに、このもやし革命以後のサンマーメンが、「2番」のメニュー「生馬麺」となる。ほか、合計5種類の味が楽しめるのが、同店の特徴だ。


元祖三生碼麺(800円)を頼んでみた


鶏ガラをベースにしたスープが、なんとも優しい味。具は前述の3点のみで、インパクトこそ少ないが、飲んだ翌日などには、この穏やかなサンマーメンが欲しくなる。なお、店名の「NOW」とは、父親から「栄来軒」を継いだ高岡さんが、「常に伸びるように」という願いを込めて加えた屋号なのだという。
 

まだまだある、横浜のキニナル絶品サンマーメン・・・次のページ≫
  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

磯子区役所認定!?「磯子の逸品」ってなに?

横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?

「サンマーメン」に関するキニナル