検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜市内で個性的なサンマーメンが食べられるお店を教えて!

ココがキニナル!

横浜名物サンマーメン。お店によって味はいろいろですが、オリジナリティ溢れるお店やリーズナブルなお店など変り種が知りたいです(suzukaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

本来のサンマーメンを再現した「栄来軒NOW」、500円なのにボリューム満点の「天龍菜館」、愛情たっぷりの台湾家庭料理「桃園」の3軒をご紹介!

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

約100種類のメニューがズラリ、リーズナブルな中区「天龍菜館」



次は、中華街から少し外れた、広東家庭料理のお店「天龍菜館」。JR石川町駅から徒歩約4分、車庫を改装したという狭い同店の壁には、薬膳スープをはじめとした手書きのメニューが、隙間なく並べられている。
 


中華街の各店主も一目置くという、同店外観
 

「酔払い鶏」「親子飯」など、謎のメニューも見逃せない


店主の茹(ヨウ)さんは、高齢のため引退した前店主から、1996(平成8)年にこの店を引き継いだという。ちなみに香港出身なので、日本語はカタコト。中にいた常連さんに通訳してもらいながら、取材を続けた。

さて、同店が提供しているメニューは約100種。得意なメニューは薬膳スープ各種、オススメは「パリ皮チキンの姿揚」「ソフトシェルクラブのピリ辛唐揚」など。


メニューの前で、店主の茹さん
 

常連客のイラストレーターが描きおこした、トレードマーク


さて、そんな同店では、塩味のサンマーメンがいただけて、しかも500円とリーズナブル。ワンコインで食べられる店はほかにもあるが、この値段でこのボリュームは、なかなかお目にかかれないだろう。
 


もやし、ニラ、タマネギに豚肉などが、てんこ盛り

塩味の理由について茹さんは、「広東はもともと塩味、本場の味を横浜でも味わってほしかったから」と話す。もともとスープは得意なだけに、普通の塩ラーメンとひと味違った独特の風味が、湯気に持ち上げられて鼻腔(びこう)をくすぐる。

また、「ナカの人(中華街の店主の意味)もよく通ってくるみたいですよ」と常連さん。立ち寄りがたい雰囲気にめげず、勇気を持って踏み込んでみよう。その実力は、折り紙付きのようだ。また、店舗入口で販売している、マーラーカオ(中華風蒸しパン・500円)もひそかな人気。こちらも、1人では食べきれないほどの大きさだ。
 


本場台湾の客家(はっか)料理でおもてなし、鶴見区「桃園」



最後は、グルメ系のサイトなどで評価が高い、台湾家庭料理の店を訪ねてみよう。京浜急行生麦駅から徒歩約11分、国道1号線岸谷交差点近くにある、1996(平成8年)創業のこのお店。
 


店名の「桃園」とは、台湾国際空港のある県の名前

店主の平井さんは台湾出身。はじめて来日したときは、ほとんど料理の経験がなかったそうだが、日本にある食材の豊かさに感動。帰国後、ぜひ郷土の客家(少数民族)料理を再現したいと親戚などからレシピを学び、再来日を果たした。
 


化学調味料は極力使わない、やさしい味がモットー


「国籍は取得したけど、日本には身寄りがいないでしょ。だから、お客さんが私の家族なの。家族を相手にお店を休むわけにはいかないじゃない、だから、気付いたら18年間も年中無休でやっていたわ」と平井さん。地元の方にも「お母さん」と慕われ、母の日には、開店前の店頭にカーネーションが並べられることも。
 


野菜たっぷりのサンマーメン(840円)


そんな同店のサンマーメンは、しょうゆベースでコクのあるスープが特徴で、焦がしたニンニクが全体に香ばしさを添えている。具は、モヤシ、ニラ、ニンジン、シイタケと豚肉。これを目当てに、毎日訪れる常連客もいるそうだ。
 


よろしかったら食べてみます? と何やら見慣れぬ食材が
 

台湾料理、「マコモダケ(タケノコの一種)の天ぷら」(750円)


ウドのような食感なのに、みずみずしいタケノコの風味が香り、ビールが進みそうな逸品。同店では、約70種類ある本場の台湾料理が1000円未満で楽しめる。現地に行った観光客が、あのおいしさを国内でも味わえないかと、わざわざ検束して訪れるケースも多いらしい。

また、「料理は、出して終わりじゃないの。もし余っていたら、何がいけなかったんだろうと反省して、新しく工夫するようにしています」とのこと。ちなみにサンマーメンは、過去2回ほど改良しているという。どうやら、平井さんの愛情は、衰えることを知らないようだ。
 


【おまけ】似て非なるかな、湘南で味わう横浜の味



サンマーメンには、今回ご紹介したほかにも、ヤキソバや冷やしタイプなど、まだまだ多彩なバリエーションがあるようだ。ちなみに大磯町にある「てるのや」では、こんな看板が、通りゆく人の目を引きつけている。
 


知る人ぞ知る、「てるのや」の看板
 

「ヨンマーメン」(600円)


店主によれば、「辛いサンマーメンに、何か別の名前を付けたくて」とのこと。からしネギがトッピングされたユニークな逸品だ。ほかにもどんな変わり種があるのか、皆さんで捜索してみてはいかがだろうか。
 

―終わり―
 
「栄来軒NOW」
住所/横浜市南区吉野町4-20
Tel/045-261-1033
営業時間/11:30~14:00 17:00~24:30(日曜・祝日は21:30まで)
定休日/火曜日

「天龍菜館」
住所/横浜市中区山下町232
Tel/045-664-0179
営業時間/11:00~24:00
定休日/不定休

「桃園」
住所/横浜市鶴見区東寺尾54-7
Tel/045-586-1500
営業時間/11:30~14:00 17:00~24:00
定休日/原則無休(年始のみ休み)





この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 中華街のど真ん中生まれなのでやっぱり50年以上前から食べていた。聘珍樓のサンマーメンが一番だと思います。

  • 桃園さんの住所が違っています。正しくは東寺尾5-4-7です。

  • 栄来軒NOWはすでに閉店してます

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内でもっとも古くからある「ラーメン店」はどこ?

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

磯子区役所認定!?「磯子の逸品」ってなに?

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

【編集部厳選】食欲の秋がやってきた! 横浜で育った果物を一挙紹介!

特典あり

横浜みなとみらいの「本格焼肉カンゲン」で焼肉三昧。ほっぺがとろける極厚タンとマイルドなキムチはマスト

  • PR

横浜市内で素朴かつ伝統的なパンケーキが食べられる店はどこ?

「鎌倉野菜」や「ジビエ」などの素材にこだわった本格イタリアンを楽しめる上大岡のトラットリア!

  • PR

こんな記事も読まれてます

【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!

横浜初上陸、横浜南幸タイトー跡地にオープンした有名店「俺のフレンチ」に突撃!

日吉にオープンした家系カレーライス「壱番家」に突撃!

鶴屋町のラブホ街に佇む日本酒バル!? 神奈川県13蔵の地酒が飲める「UMAMI」とは?

横浜の老舗大判焼き店「おすとあんでる」。包み紙に隠された謎の挿絵の正体は?

本牧でサバサンド!? 三渓園近くの超ディープスポットに突撃!

横浜ストロベリーフェスティバル2019、ホテルのいちごブッフェを紹介!スパークリングワイン飲み放題も!

【編集部厳選】食欲の秋がやってきた! 横浜で育った果物を一挙紹介!

新着記事