ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

    21日(土)開催される「2017ふじさわ江の島花火大会」って どんな感じなのでしょう?あまり話題になっていないようですし、週末は雨の予想で おまけにこの寒さ。夏だと ブルーシートで場所取りをし、ビール...

    soraさん

    実証実験中の横浜市資源循環局のごみ分別案内「イーオ」が来年度から全面実施になります。自分も分別する時に紛らわしいモノはスマホで参照して活用しているのですが、街中調査ではどの位の方が日常的に活用している...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
2位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
3位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
4位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
5位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
6位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
9位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
10位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
11位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
12位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
13位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
14位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
15位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
【フォトれぽ】春開催は3日で約14万人が来場! 「パンのフェス2017秋 in 横浜赤レンガ」をレポート!
18位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
22位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
23位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
26位
【I☆DB】2位阪神との直接対決! 本拠地ハマスタに訪れたファンの様子は?
27位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
28位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
29位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
30位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

大倉山にある「大倉山もつ肉店」の放つオーラがすごすぎてキニナル!一体どんなお店なのか突撃してきてください!(ふんわりハミングさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

美味い「もつ」でクッと一杯やるのが醍醐味の「大倉山もつ肉店」。創業から50年、店も味もスタンスも変えず続く、大倉山の隠れた名店であった。

ライター:クドー・シュンサク (2014年02月15日)

オーラのある店なんてのは、あまり知らない。異質な感覚や年季による風格ならまだわかる。
あまり得意ではないオカルティックな店なら逃げる、美輪明宏がいたら敬礼して帰るとして、そぞろと、大倉山へ向かった。
 


創業50年「大倉山もつ肉店」

山の上に「大倉」という名の実業家が設立した研究所。それが名前の由来となっているという東急東横線大倉山駅から歩いて2分程、エルム通りを進み左折するとお目見え、「大倉山もつ肉店」。外観、確かに・・・
 


しぶい


オーラというのもわかる。裸電球がとてもしぶい。看板の年季と風格もグッとくる。
そしてそして、漂う串焼きの香りがたまらんです。
店前には持ち帰りメニューの貼り紙が。
 


グラム表示の「もつ焼」もキニナル


店内に入るとお出迎えはこんな方たち。
 


サッポロビア
 

イメジガルズ
 

そして年季の入った木板の品書き


酒場なので、いやはや、おビールを注文。お話を伺うまで待つ間、おビールをゴクリさせていただくことに。
 


では
 

いただきます(ビール中ビン550円)


ここ「大倉山もつ肉店」は日曜日定休で、営業時間は17時から21時まで。現店主の佐藤さんに聞くと創業50年の店で、親戚同士のつながりで経営しているとのこと。店主の佐藤さんと元店主の佐野さんのお二人でお店を営んでいる。
客層の多くはご近所の常連さんが多いが、東京や他県から足しげく通うお客さんもいるとのこと。
 


元店主で現在も店に立つ佐野さんがいらっしゃったので話を聞くことに


「質問は? 何? ・・・(大まかに説明)・・・わかった。さっさとやろう」
基本、取材拒否だというところから何度か交渉して辿り着いた取材であるが、まだ話がしやすい空気ではない。あらためて店の歴史について尋ねたところで「もつ焼き注文した? じゃあ作るからそのまま話をしてくれたら答えるよ」とのお言葉。
 


年季の入った鉄板で白もつとタマネギが丹精に焼かれる


創業からは50年。佐野さんのお父さんが始めた店で、2代目として佐野さんが店主に。そして現在は佐野さんの甥にあたる佐藤さんが店主に。「俺は今もうアルバイトだよ」と佐野さん。理由を聞くことがナンセンスな空気を醸し出す佐野さんの空気感。多くは語る必要がないというのを肌で感じる。看板メニューはと尋ねると「今作ってるこれだよ」と。
 


仕上げにタレを絡め焼いて
 

完成のもつ焼(200円)


香ばしくあまからい香り。一味をサッとかけて一口ほおばる。2噛み3噛みすると、口の中いっぱいにもつのうまみとタレの甘みとコクが広がる。ビールで流す。大げさでもなく、さりげなけれど、至福である。もつ、美味い。
 


「うちは50年、ほとんど何も変わってないんだ」と佐野さん


美味いこのもつ焼のタレ、50年間変わらないレシピで継ぎ足しされたもの。メニューも50年間変わらず。もつ焼を焼いた鉄板も、大きな大きなまな板も、50年間変わらず丁寧に手入れをして使い続けているもの。「何も変わらないとこがいいとこだってお客さんたちは言ってくれる」と話す佐野さん。
 


ここで飲みに来ていた常連のAちゃんさんが話に入る



絶品の串焼きと美味い酒を堪能・・・次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事