ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今では外資や新規進出の方が目立つ横浜市内ホテル事情ですが、横浜で一番有名な地元老舗ホテルである「ホテルニューグランド」が19年4月から隣接複合ビルでパンの自社製造を始めると。確かに多くのホテルがホテル...

    よこはまいちばんさん

    実質は活動の中心が東京となっている地元横浜/神奈川の放送局「アール・エフ・ラジオ日本」。既に多くのAM放送局が導入しているFM補完放送(ワイドFM)は周波数割り当てされているにもかかわらず未だに開始さ...

    よこはまいちばんさん

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

昭和5年まで京浜急行には「反町駅」があったそうです。今の反町駅が出来たのは、京急よりもあとで、京急と東急二つの反町駅があった時代もあったとか。詳しく知りたいです。(ねこぼくさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

京急勃興期の駅の移動と改称の過程で1930(昭和5)年に消えていった反町駅。遺構はわずかに残っていて、市電と東横線とあわせて最大3つ存在した。

ライター:永田 ミナミ (2014年03月05日)

京急にあった「反町駅」の話

いま「反町」といえば東横線の横浜のひとつ手前の駅ということになるが、かつて京急にも「反町駅」があった。しかも東横線よりも前から、というのはとてもキニナる話だ。というか実は気になっていた。
 


横浜駅とともに2006年3月に地下深く潜った東横線反町駅

 
というのも仲木戸駅の高架(京急仲木戸駅高架下に露出したレンガ積みの壁はいったい何?)について調べていたとき、すぐ隣にあった駅なので「反町駅」が存在したことを知って驚き、これは面白いと記事で少しだけ触れようかなとも思った。
しかし、仲木戸の高架と直接関係するわけではないし、残念だけどまたいつか、と思っていたらこんなに早く書けるとは。

さて、1905(明治38)年12月24日に京浜電気鉄道(京浜急行電鉄の前身)の品川~神奈川間が全線開通したとき、終点神奈川駅からは品川方面に向かって、反町駅、中木戸(現在の仲木戸)駅、新町駅というふうに駅が設置された。
 


「模範大横浜市全図 再版」の反町駅周辺部分
(横浜市中央図書館所蔵 提供)※クリックして拡大

 
上の地図は1932(昭和7)年発行のものだが、神奈川、反町、中木戸(現・仲木戸)、新町駅が記載されている。地図にはほかにも京浜電気鉄道反町駅のすぐ上に市電の反町駅、さらに少し離れた上を、カーブを描くように走る東横線の反町駅と、3つの反町駅が記載されている。

早くも「反町駅」の存在が確認できたが、ここに記載されている情報は事実とは少し違う。

京浜電気鉄道の反町駅は地図では滝野川より横浜側にあるが、実際の「反町駅」は滝野川より品川側にあった。この「反町駅」は本当は「神奈川駅」で、ただし地図の「神奈川駅」とは異なる「青木橋駅」だったほうの「神奈川駅」で、さらに1932年時点での正確な名前は「京浜神奈川駅」で……ううむ、こんなに「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものだ、と思ったことはそうない。



地図で見たほうがわかりやすいかもしれない

この当時の事情は、文章で説明するにはちょっと複雑すぎるので、現在の地図を見ながら時系列に沿って説明することに。

ただし100年以上前のことなので、以下の地図には首都高は走っているが、市電は走っていないし、海岸線や道路はもちろん、駅の位置や線路の位置も若干異なるといった相違点がある。

また、電気軌道(路面電車)として出発した京浜電気鉄道は、初期においては駅ではなく「停留所」という呼称も一般的だったが、ここではすべて「駅」という呼称を使用することにする。

それではまずは現在の地図から出発進行。

1. 現在
 


神奈川駅は青木橋の品川側にあり、次の駅は仲木戸駅である

 
ここから109年前の1905(明治38)年に遡ってみると、次のようになる。

2. 1905(明治38)年12月24日
 


品川~神奈川間が全線開通したころ
 

開業当時の終点は神奈川駅で、まだ横浜駅とは繋がっていない。横浜駅はまだ初代(現在の桜木町駅)なので、地図よりもう少し下の位置にある。また、神奈川駅の位置も現在とは異なり、青木橋より横浜寄りにあった。

そして滝野川の品川側に今回の主人公、京浜電気鉄道の「反町駅」があった。


いよいよ主人公「京急反町」の遺構へ
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事