ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今から15年くらい前、栄区飯島で「セミ男」がいるという都市伝説?がありました。木の上から女の子を見ているから「セミ男」だったと思います。下坂谷バス停の近くには、セミ男が住んでいる緑色の家があると言われ...

    慈悲深い虎さん

    自衛隊横須賀病院を取材して下さい。

    ホトリコさん

    2017年12月から約半年クローズしていた県立川崎図書館が2018年5月15日に溝の口で再スタートするのですが、公式サイトによれば「日曜日休館」だそうです。社会人の方も学生さんも日曜日はお休みの方が多...

    ヤマダさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

湘南モノレール大船駅横の広場にある塔です。特に何の役にも立っていませんが、何か意図する所があるのでしょうか?キニなります。(うがろんばさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「大船」にちなんで船をイメージしたモニュメントである。避雷針のようにも見えるが純然たるモニュメントである。

ライター:永田 ミナミ (2014年03月20日)

限りなくゼロに近い情報

下調べでもしようかなと思って、こんなに何も出てこなかったことはないくらい「湘南モノレール大船駅横の広場にある塔」は謎に包まれていた。そういうことなら現場に行ってみよう、行けばわかるさ、と気持ちも軽くさっそく大船駅に降り立ったが、現場に行ってもまだ謎は、バミューダ海域を覆う濃霧のように取材の行く手を阻んだ。
 


「モノレール大船駅横」を手がかりに塔を発見
 

大きさを伝えようと塔の下に立つと立っているのがわからないくらいの大きさ


写真をもとに目分量で測ってみると、塔の高さは10メートルちょっとといったところだろうか。
 


謎の塔が立っているのは地図の赤い星のところ(google マップより)


塔はモノレールの駅の横、そしてルミネウイングの前に設けられた広場にある。広場があるのは2階部分で、すぐ下は江ノ島バス、京急バス、南海バスのロータリーになっている。
 


そしてロータリーの上をモノレールが走っていく
 

塔からルミネウイングを臨む
 

ルミネウイングの前に立つ案内図には「東口広場」とあるが塔のことは案内せず


現場で塔のまわりを歩いてみたら、どこかに塔の名前とか制作者が書かれたものでも見つからないかなと考えていたが、どうもそれらしいものは見当たらない。これはなかなか手強そうだ。
 


周囲に網が張られた棒状の塔が静かに立っているばかり
 

手がかりなしか、と塔の真下から網越しに天を仰ぐ


しかし、天を仰いだ視線を降ろすと、植込みに何か光るものが見えた。お、あれはきっと何かあるぞ、と期待に胸を膨らませながら近づいてみると、そこには「時計台のメロディについて」という説明が書かれていた。
 


「時計塔のメロディについて」と青いホースと大船観音
 

「時計塔のメロディ」とはいったい


近づいて説明を読んでみると、こうある。

時計塔のメロディについて
 時計塔から流れる鐘の音は、鎌倉市と姉妹都市のニース市(フランス)で、時報として流されているスイングベルの音です。
 また、もう1曲は、「人々が買い物をしたり、おしゃべりをしたりと、楽しんでいる。」大船の街の雰囲気を「オルゴール」のイメージとしてつくられたオリジナル曲を鎌倉女子大中高等部トランペット鼓隊の方々が演奏されたものです。

なるほど。「人々が買い物をしたり―――」とは少し変わった曲名だが、それにしても「時計塔」というのはどれのことだろう。いちばん近くに立つ謎の塔に時計はないが、もしかして、時計のない「時計塔」というパターンもあるのだろうか。
 


でも「時計塔」といったら、ふつうバスターミナルに立つあれだろう


とすると、バスターミナルの時計塔が正時を刻むたびにこの広場の塔からメロディが流れて、だから2つの塔を合わせて「時計塔」と呼ぶというパターンか、と思い午後3時を待ったが、ノーメロディだった。
 


ただし、塔を囲むように立つ壁にはスピーカーがあったような跡が
 

垂れ下がる赤と黒のコードがスピーカーがあったことを思わせる


スピーカーらしき跡は2つあるので、ステレオ感もある。かつてここにあったスピーカーからメロディが流れていたのだろうか。
 


もうひとつのスピーカーらしき跡と飛行機雲



そして鎌倉へ。果たして手がかりはみつかるのか!?・・・次のページ≫ 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事