ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

WEDDING YOKOHAMA

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今話題沸騰中の武蔵小杉。でも新しい方の武蔵小杉の住所は「新丸子東」です。以前から疑問でしたが、武蔵小杉と新丸子の境目はどこなのでしょうか?主に、そこら辺に勤務している人、住んでいる人の考えを知りたいと...

    うさおさん

    横浜の外で、横浜家系ラーメンの壱角屋ってのをよく見るんだけど、横浜以外でも家系ラーメンって人気あるのですか?

    bausackさん

    東京都内ですと、たとえば八重洲、大手町、日比谷、銀座、東銀座などを、地下街だけでかなりの長距離を歩くことができます。横浜市内、あるいは他の取材地域でそのようなところ、一筆書きで、交差したり碁盤の目を無...

    うにゅーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

家系ラーメン祭2016に行く?

行きます
日程が合えば
検討中
行けない
行かない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
店がないのに設置された川崎の巨大看板「18禁?」の正体は?
2位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
3位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
4位
全国からお宝を求め「寂しい場所」へ? 都筑区「滝口模型店」に突撃!
5位
【編集部厳選】これぞ「ヨコハマアンダーグラウンド」! 横浜の「裏」に潜入!
6位
大幅リニューアルした横浜アリーナの様子は?
7位
「横浜橋通商店街」の「横浜橋」は実在するのか?
8位
古代から続く道、「中原街道」の歴史とは?
9位
馬車道の東京藝大、なぜ「東京藝大」なのに横浜にある?
10位
綱島にできた日帰り温泉施設「綱島源泉 湯けむりの庄」に突撃!
11位
4000発の花火と光の演出が横浜の夜空を彩った「横浜開港祭2016」最終日の様子は?
12位
100年の歴史ある料亭「金沢園」が「泊まれる文化財」になる?
13位
逗子の米軍住宅地区が一部開放、自然豊かな「池子の森自然公園」とは?
14位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
15位
栄区の「しびれ」という謎の地名の由来は?
16位
「永遠の若大将」も登場! 「第35回横浜開港祭2016」初日の様子は?
17位
阪東橋の道路脇、橋がないのに3つも橋名がつめこまれた謎の石柱は何?
18位
日本最古の小学校が青葉区にあるって本当?
19位
初代横浜駅はどこにあった?
20位
「動かすと事故が多発した」川崎の六地蔵とは?
21位
【編集部厳選】どれが一番お好み? 「ハマのソウルフード」頂上決戦!
22位
世界の料理が楽しめる、みなとみらいの「JICA横浜」ってどんなところ?
23位
【編集部厳選】梅雨・・・ツユ・・・つゆ・・・! 「つゆ」まで飲み干したくなる逸品料理!
24位
新山下運河に掛かる4本の橋、激動の歴史とは?
25位
ラブホテル評論家が厳選! 横浜でおすすめのファッションホテルはここだ!
26位
ベイスターズ女子のための特別なイベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL」の様子をレポート!
27位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
28位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
29位
大岡川沿いの公衆便所はハッテン場って本当?
30位
3月4日オープン! 「MARINE & WALK YOKOHAMA」の詳細は?

横浜のココがキニナル!

横浜市内で紫陽花(あじさい)を楽しむことができるオススメスポットはどこでしょうか?

はまれぽ調査結果

金沢区「八景島シーパラダイス」、中区「三溪園」、
瀬谷区「あじさいの里 白鳳庵」の3ヶ所がオススメ!

ライター:はまれぽ編集部 (2011/06/26)

今年も梅雨の季節がやってまいりました。

関東では5月27日に平年より12日早く梅雨入りし、気象庁が昭和26年に統計を取り始めて以降、関東甲信は2番目に早い梅雨入りなんだとか。

毎日、ジメジメして鬱陶しい梅雨ですが、そんな中で私たちの目を楽しませてくれるのが紫陽花(あじさい)です。
そこで今回は、横浜市内で紫陽花を楽しめるベストスポットを皆さまにお届けしましょう。



6つのコースにて色々な紫陽花の顔をたのしめる

1つ目のおすすめスポットは、金沢区の八景島シーパラダイス園内にある紫陽花観察コース。

八景島内には「スカイガーデン」「あじさいの滝」「あじさい坂」「海とあじさいの散歩道」「あじさいロード」「シークレットガーデン」と6つの観察コースに分けられており、すべてのコースにそれぞれ見どころがある。
 


道の両側に色とりどりのあじさいが咲き誇る

 


潮の香りと紫陽花のバランスが絶妙


現在、レストランや物販・軽食店であじさいをイメージしたグッズ、お土産などを販売するあじさいフェアを行っているので、ぜひチェックしてみてはいかがだろう。



中区の「三溪園」

2つ目のおすすめスポットは、中区にある三溪園。

園内各所に紫陽花が植えられているため、他の花と一緒に楽しむことができる。
 


ゆるやかに流れる川と紫陽花のコラボレーション


入り口から林の中をしばらく歩いていると、少しづつ色とりどりの紫陽花が顔を出し始めた。
 


藁葺きとあじさい


今年の開花は例年より遅く、6月20日前後が満開時期となるようだ。
静かな林の中を散歩しながら、歴史に触れ、その傍ら紫陽花を楽しめば、趣がぐっと深くなりそうなスポットだ。


次のページでは、あじさいを楽しめる隠れ家スポットが登場!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ



【関連記事】

雨の日に小さい子ども連れでも楽しめるスポットは?

外人墓地の近くに、「庭に滝がある呉服屋さん」がある!?