ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

産業貿易センター地下の「どん八」のカツカレーLサイズがすごいらしいです。ぜひ、実食レポートをお願いします。(るいびるさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「どん八」のカツカレーLサイズは直径30cm、深さ5cmほどのお皿にこんもりと盛られた超絶ボリュームだった!さらに、上の「LLサイズ」も存在した!

ライター:はまれぽ編集部 (2014年06月15日)

編集部・宮城が大食いリベンジ

以前、川崎市の「のらくろ」で提供している「激辛ジャンボマーボー麺」に果敢に挑み、30分の制限時間内に5人前の麺は完食するも、具の麻婆豆腐とスープを残すという、なんとも中途半端な結果を残した編集部・宮城。
 


なんちゅう顔をしているのだ

 
その汚名を返上すべく今回挑戦するのは、山下町の貿易産業センター地下にある「どん八 山下町店」。なんでも、度肝を抜くサイズのカツカレーが有名だという。

インターネットなどで下調べをしていると、「Mサイズなめてました」「今度からはSサイズにします」「カツカレー大好きなのに残しちゃいました・・・ごめんなさい」などという文言とともに、画像処理ソフトでいじったかのような縮尺のおかしいカツカレー画像を発見。

むう・・・これはMサイズでもキツそうだな・・・。しかし、キニナル投稿には「Lサイズを実食レポートして下さい」とある。ここはチャレンジしないわけにはいかないっ!!
宮城の新たな戦いが幕を開けた・・・!



どうしてギガ盛りカレーを提供しているのか

緊張しながら、貿易産業センタービルに到着。
 


がんばりまっせ

 
ビルの地下には、いくつかの飲食店が並ぶ。
その一角に、今回の戦いの場所を発見。
 


おっと
 

ここか
 

「ボリュームたっぷり」と謳う黄色い看板が目印

 
店の外には、カツカレーのサンプルが置かれている。
 


うまそうだぞ
 

たのもー

 
店内は、いたって普通の食堂といったところ。

 


テーブルもカウンターもある

 
対応してくれたのは、「どん八 山下町店」の店長。
穏やかな口調ながら、職人の雰囲気が漂う。
残念ながら、お名前と写真の掲載はNGとのこと。

現在はメディアの取材は一切お断りしているそうだが、なんとか頼み込んで取材許可をいただけた。しかし「きっかり1時間で終わらせてほしい」との条件が。お話を伺うことを考えれば、カツカレーに挑める時間は30分ほどか・・・。厳しい戦いになりそうだ。

戦いの前に、お話から伺うことに。

店長が「どん八 山下町店」を切り盛りするようになったのは2000(平成12)年。それ以前は別の店長が運営していたという。扱っていたメニューもカツとカレーが中心だったという。
 


カツメニューもあるのです

 
以前は営業の仕事で関東を中心に回ることが多かったという店長。各地の飲食店で食事をしていくうちに、人気の店の共通点を見つけたという。

「一つは、見ためが派手ではないというところだったかな。建物自体が古くても、きれいに使っているこぢんまりとした店が多かった。もう一つ、人気の店は提供する料理のボリュームがあるんだよ」

そこで提供し始めたのが、この大盛りカレーなんだという。
 


店の外に掲げられているカレーは、洋食屋で出てきそうな見た目だが・・・

 
カレーのサイズは、SからLLまでの4つで提供しているが、「どん八」のSサイズはかなりのボリューム。グラム数などは公表していないというが、ほかのカレー店でいうとLに当たるほどではないかと思えるほどだ。

それなのになぜ、その上をいくMサイズやLサイズなどを提供しているのだろうか。
「うちは広告などは一切打っていないし、こういう取材にもほとんど対応していないんだけど、こういう大盛りメニューを提供することで話題になると思ってね」と店長。
 


これが「どん八」の全メニューだ

 
実際に、6年前くらいから、そのケタ外れのボリュームがについて周辺に勤めるサラリーマンを中心に口コミで広まっていったんだとか。

しかし、いくらなんでもLLサイズを食べきれる方はいらっしゃらないんじゃないですか?

「いや、それがいるんだよ。LLサイズは、Lサイズの1.5倍のご飯、カレーにはたっぷりとチーズをトッピングして、さらにカツも1枚追加して合計3枚になるんだけど、これをね、おいしそうに食べちゃう人もいたなぁ。3年くらい前から提供しはじめているんだけど、数人は完食していったよ」

ギガ盛りカレーを完食する人は、体が大きなスポーツマンタイプかと思いきや、意外にも痩せている人もいるそうだ。早食いするでもなく、自分のリズムで淡々と食べ切ってしまうそうだ。

ま・・・マジですか・・・。

うーん、感覚がマヒしてしまいそうだ・・・。
雰囲気に飲み込まれてしまうまえに、カレーを飲み乾さなければ!

   
いよいよギガ盛りカレーと編集部・宮城の戦いがはじまる・・・! 次ページ≫
 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ワールドカップ特設ページ

横浜でおいしいカレーが食べられるお店を教えて! 相鉄沿線編

中華街でどんなカレーが食べられるのか教えて!

「カレー」に関するキニナル