ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今日発売の東スポに『株式会社うんこ』という会社が載ってたそうです!横浜市にあるそうですが、どんな会社なのかキニナル!ぜひ調査してください!

    rtyuiさん

    幼少の頃、お腹が空けば横浜のデパートの大食堂。うろ覚えだが、店頭の大きなショーケースのサンプルをながめ、メニューを決めると鉄道の切符のような厚紙のチケットを購入して席につく。わたくしは大概、オムライス...

    マッサンさん

    高架になった相鉄下り星川を出た直後右側に見えるようになったホームセンターコーナンの植物等売っている屋外エリアの屋根というか庇の上に何やら稲のような芝生のようなものが植えられているのが見えます。あれって...

    たけし♪さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「5月25日今日は何の日?」
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
4位
【はまれぽ名作選】横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
船も便数も売り上げも減った横須賀の「東京湾フェリー」、本当に大丈夫なの?
6位
全8店舗あますことなく一挙に紹介! 4月オープンの上大岡燦々横丁の魅力とは!?
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
廃線跡巡り! モノレール・ドリームランド線跡に当時の面影は残ってる?
9位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~東海道線編~
10位
新規開店! オープンしたての2店舗で最新の家系ラーメン事情を調査
11位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
12位
辛すぎるのにうまい! “赤くない”激辛ラーメンを提供する2店舗に突撃!
13位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
14位
急きょ開催決定! 鎌倉花火大会が中止になった理由はなんだったの?
15位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
16位
コーヒーとカレーが味わえる居心地の良い横浜の喫茶店を紹介!
17位
【はまれぽ名作選】東神奈川の二ツ谷の近く、半分くらい川の中に建っている謎の家、なぜこんなことになってしまった?
18位
「絶対反対」の看板がある西区戸部本町のホテル建設予定地とは?
19位
大船駅近くにある資生堂鎌倉工場跡地はどうなる?
20位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
21位
横浜DeNAベイスターズのサポーティングガールズユニット「diana」、パフォーマンスの舞台裏に密着!
22位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
23位
【はまれぽ名作】日本最古の現役トンネル、戸塚区と保土ケ谷区をまたがった「清水谷戸(しみずやと)トンネル」について教えて!
24位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
25位
懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!
26位
5月7日まで横浜赤レンガ倉庫で開催される春のビールの祭典「フリューリングスフェスト」をレポート!
27位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
28位
バーなのに絶品中華!? 名店のバーテンダーも通う都橋商店街の「華」に突撃!
29位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
30位
GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜にも地ビールってあるんですか?

はまれぽ調査結果

横浜にも地ビールはありました!!
いろいろな味のビールがあるので、ビールは苦手という方にもオススメ!

ライター:吉田 忍 (2011年06月29日)

地ビールとは

地ビールは、限定量生産する小規模ビール会社による地域ブランドのビールのこと。

日本では経済対策の一環として、1994年(平成6年)4月の酒税法改正により、ビールの最低製造数量基準が2000kl(キロリットル)から60klに緩和されたことを受けて全国各地に誕生した。

つまり、この酒税法の改正により、大手でしか製造できなかったビールが小規模醸造できるようになり、それぞれの個性的な味のビールを楽しめるようになったということ。

それでは、横浜にも地ビールはあるのか? 調べてみると、『横浜ビール』が市内では唯一の地ビール醸造所らしい。さっそく横浜ビールの醸造所に併設されたレストラン『驛(うまや)の食卓』へ行ってみた。
 


地ビールには、そこだけの個性的な味がある




地元横浜のビール 地元横浜の食べ物 地元横浜の方々に

もともと飲食業に携わっておられた太田久士社長だが、最初は地ビールに興味がなかったらしい。地ビールのイメージは「名前がややこしい」「味にクセがある」「値段が高い」で、店を持つ夢はあったけど、地ビールはやりたくなかったとのこと。「普段はキリンの一番搾りを飲んでいますよ」と笑う。

しかし、よく考えると、
「地ビールについてボクみたいなイメージを持っている人はいっぱいいる」
「逆にボクが納得できるものを出したら喜んでもらえるのでは」という結論に至ったのだという。それはビールだけのことではなく、横浜へのこだわりであった。

3.11、震災直後の不安な日々。予約はキャンセルが相次ぎ、店にお客様も来ない。先行きも不透明となって、ないないづくしの時に自分が地ビールや店をやっている一番コアなコンセプトが改めてはっきりしてきたと社長は語る。

「それが、地元横浜のビールを、地元横浜の食べ物と共に、地元横浜の方々に。ということなんです」
 


横浜ビールへの熱い思いを語る太田社長


「今は誇りが希薄になっているでしょう? 家族に対する誇り、街に対する誇り、それが国に対しての誇りにもつながります。自分の家族を誇りに思えない人は、たぶん国に対しても誇りを持てないですよね。自分の街に対し誇りを持てる、そんな味を提供していきたい」

そう語る太田社長のこだわりは、地元とのかかわりあいと地元の食材。
地産地消という考え。地域の中にあって、初めて地ビールの味が際立つのだ。



直営店「驛の食卓」(うまやのしょくたく)

横浜ビールは今年で13年目。
直営店「驛の食卓」は一階が醸造所、二階がレストランで、出来たてのビールと地元にこだわった食材を味わえる。
 


馬車道、関内ホールの交差点から桜木町方面に向かうと右側にある 
 

店に入るとビール醸造タンクが見える
 

イタリアを思わせる階段を上がる
 

広い店内はパーティも可能



横浜ビールのお味は?! 次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

横浜そごう屋上の「海の見えるビアガーデン」とは?

「神奈川地ビール&地元フード祭」ってどんなイベント?