ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    『四軒道路』について調査お願いします岡村から国道16線にでるところに、四軒道路入り口という名前の交差点があります。岡村出身のユズの歌にも、四軒道路 とあるので、それなりに有名で栄えていたと思うのですが...

    あらたたけるさん

    ガキの頃から通ってた思い出の本牧市民プール。今や廃墟の様な佇まいに。内部をレポしてください。また市民の憩いのプールを無くすくせにカジノ建設に尽力を投じている二枚舌市長にもプールに関してインタビューして...

    bubukaさん

    テレビでちょこっと出ていましたが、戸塚界隈でモノマネを披露してくれるオカマのタクシー運転手がいるそうです。テレビにも出ているので取材可能だと思われます。ぜひ取材を。

    山下公園のカモメさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
2位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
3位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
4位
横浜駅発! 乗り入れ終着駅への旅! 京成・青砥駅編
5位
「極悪同盟」も登場! 地域密着型プロレス「三浦プロレス」が立ち上がった経緯とは?
6位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
7位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
横浜市の住民税って高いの?
10位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
11位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
12位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
13位
横浜市職員の給料は高いのか!?
14位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
15位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
16位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
17位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
18位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
19位
日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!
20位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
21位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
22位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
23位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
24位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
25位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
26位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
27位
「ドンドン商店街」って今はどうなってるの?
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
30位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

桜木町から横浜へ向うガードのある歩道や山下公園の高架下にキースへリングに似たような絵が描かれていました。確かロコとネームが描かれていたと思うのですが、どんな方なのでしょうか。(こたきちさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

1970年代後半から桜木町高架下などに独特の絵を描き続けた、アーティストのロコ・サトシさん。パワフルで、優しくて、温かく、楽しい方でした! 

ライター:吉澤 由美子 (2011年06月30日)

1980年代、不思議なフォルムのチョーク絵が桜木町高架下の1.6Kmにわたって描かれていた。
こんなに長い距離のグラフィティが、たったひとりのアーティストによって描かれたのは世界でも類を見ない。
 


荒涼とした高架下にユーモラスでシンプルな絵が登場してイメージが一変した


その絵を描いたロコ・サトシさんは現在、ライブペイントやワークショップ、絵本製作、子どもたちとコラボレーションした壁画制作など、多岐にわたる活動を展開中。

被災地の子供たちに、移動用の遊具を積んで届ける車『プレーカー』のペイントを仕上げたばかりのロコさんに岩崎ミュージアムでお話をうかがうことができた。
 


ペイントが終わったばかりの『プレーカー』とロコ・サトシさん




桜木町高架下のグラフィティをはじめられたきっかけは?

紅葉坂にある青少年センターがあの頃、アーティストに自由に制作をさせてくれたので、毎日通っていました。それで、帰るときあそこをを通るわけ。寂しい場所でね。ふと持っていたチョークで絵を描いたのがきっかけ。それから毎日、少しずつ描き足していって、とうとう紅葉坂から高島町まで全部の壁に描いちゃった(笑)。
 


物語を感じさせる広がりもロコさんの絵の魅力
 


壁に映った影の輪郭を描いたもの。ロコさんの思い出に残る作品だそう



―1.6Kmはすごいですね!これが世界のアートシーンに注目されて、次々に活動の場を広げられたんですね。

厳密に言えば犯罪行為だから捕まるのかなと思ったら、横浜博覧会のパビリオンにペイントを依頼されて驚きました。
 


横浜の市営バスにペイント。街を走る姿にわくわくしたそう



―ロコさんが節度を守られたことでパブリックアートとして市民権を得たんですね。
 桜木町高架下はその後何人ものアーティストが参加するようになったと


ひとりで描き続けて10年たった頃、横浜博覧会の時期に他のアーティストも参加しだしました。あの場所がアーティストと市民がコミュニケーションしながら制作できるパブリックアートのスペースに育ってきたんですね。

あの頃はお互いが表現しているモノに対して、敬意を払っていました。どんなに稚拙な絵でも気持ちがこもっていれば、それを塗りつぶして上から描く者はいなかった。みんな誇りを持って描いていましたね。


―1992年には米西海岸のアーティストも参加して壁画を描かれましたね。

横浜市や警察も実行委員会に参加したので、市民が育てたアートの場が公的に認められた瞬間でした。
 


楽しく穏やか。でもキラキラした目に迫力とパワーがある


―エポックメイキングな出来事ですね。でもその後スプレーによる乱暴な絵が増えてきた

どんな絵が描かれていようがお構いなしに塗りつぶすようになってきました。ただ、そういう行動をするヤツが出てきたのは社会にも問題があるということ。あの時、「恥を知れ」って言った人がいたけど、そうじゃない。誇りを持つことを教えなくちゃいけないよね。人間は誇りがあってこそ、恥を知るんだと思います。


ロコ・サトシさんのパブリック・アートにかける温かい想いは語り尽くせない! 次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事