検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • 横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

ココがキニナル!

元町の「ウチキパン」が人気らしいですが、その理由はなんですか?

はまれぽ調査結果!

頑なに守り通している伝統の味と豊富なメニューが、お客さんの心をガッチリ掴んでいるから!

  • LINE
  • はてな

2011年07月07日

ライター:河野 哲弥

「ウチキパン」とは元町商店街に存在し、横浜のパン屋さんの中では老舗中の老舗、そして「食パン発祥」のお店。

開業から今に至るまで伝統の味を守り通し、いまだに人気メニューの一つなのだとか。味も評判のようで、遠方からイングランドを目当てに訪れるお客さんもいるのだとか。

ちなみに食パンを主食として食べるのは元来イギリスの食べ方で、一般的に「ブレッド」と言われる箱型のものをスライスして食べます。一方、フランスでは「バゲット(フランスパン)」と呼ばれるパンを、料理と料理の間に箸休めとして「皮」だけちぎって食べます。
 


ウチキパンの食パン「イングランド」


さて、そんな老舗の「ウチキパン」ですが、これだけ長く続いている人気のヒミツとはなんなのでしょうか?
そしておススメ商品は?そんな疑問を解決すべく、我々取材班が現地へ直撃!

また、代表取締役である打木宏さんに、昔から変わらぬ美味しさと人気の秘訣を、発祥の秘密話も交えて伺ってきました。



発祥のヒミツ…それは食パンを販売したのが最初という事

打木社長曰く、日本で最初にパンを焼いたのは、江戸時代中期に長崎の出島に来ていたポルトガル人じゃないだろうか、との事。彼らは自分たちだけで食べており、一般の販売などはしていなかったようです。

横浜開港当時の1862年、イギリス人のロバート・クラークが「ヨコハマ・ベーカリー」を山下町に開業。

ウチキパンの創業者でもある打木彦太郎氏は、ロバート氏の元で修業していました。その後、ロバート氏の引退により、彦太郎氏は1888年(明治21年)に若干24歳で「ヨコハマ・ベーカリー」の暖簾を引継ぐことに。そして同年3月、現在の住所に開業したのです。

それ以来、「家庭に販売する為に焼きはじめた」当時の味を、120年以上も頑なに守り通してきました。だから、正確には「食パン販売の発祥」なのだとか。もっとも、ポルトガル人が焼いていたのはバゲットと思われるので、いわゆる「ブレッド」=「食パン」の発祥でも間違ってないそうです。
 


開業当時からこの地で販売してきた




美味しさのヒミツ…それは「ホップ種」と「サイズ」

そんな「ウチキパン」の人気商品は、もちろん伝統の食パン「イングランド」(330円)。

その美味しさには2つのヒミツがあるようで、1つは、イースト菌を使わずに「ホップ種」で生地を発酵させている事。こうすると出来上がりに時間がかかりますが、その分「旨みエキス」がタップリ滲み出てくるのだとか。

もう1つは、意外な事に「サイズ」でした。

スーパーなどで良く見かける食パンは、実はほとんどがアメリカのサイズなのだそうです。いつのまにか、ベルトコンベアを利用して大量生産する、機械の規格に合わせたものが主流になってしまったのだとか。

もちろん「イングランド」の大きさは、「ホップ種」の生地が最も美味しくなるオリジナルのサイズで、スーパーの食パンよりも1回り大きいのが特徴。
 


120年の歴史が詰まった「イングランド」の型
 

ベルトコンベアに乗せない、手作りの焼き方


早速頂いてみましたが、生地と生地がしっかり手を繋いだ「モッチリ」とした食感が独特。

普段、私達が食べているような食パンの甘さは無く、塩分があって主食で味わえる感じです。
中身はもちろん耳まで美味しい。そしてボリューム感も抜群。

香ばしい風味もあって、是非焼きたてをそのままで味わって欲しいですね。


ウチキパンの人気の秘密とは?・・・ 次ページ ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

元町で行われたレッドブルF1マシンのイベントはどんな感じ?

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

横浜のふ頭に数軒ある「波止場食堂」。女性一人でも大丈夫?

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

とんかつ界に革命を起こす? 横浜の老舗のとんかつ店「美とんさくらい」に突撃!

野毛の歴史を知り、温かな想いが宿る居酒屋さん。お1人様のカウンター利用から80名対応のお座敷宴会まで

  • PR

竹林に囲まれた日本家屋? 妙蓮寺、築50年以上の古民家カフェに突撃!

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

新着記事

新横浜ラーメン博物館・平成最後の新店「八ちゃんラーメン」とは?

    • 面白かった48
    • 面白くなかった2
    • コメント0
  • 2019年06月17日

雨でも楽しい横浜!屋内スポット紹介【編集部厳選】

    • 面白かった12
    • 面白くなかった8
    • コメント0
  • 2019年06月16日
【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう

はまれぽ編集部のイチオシ

10分100円で車をレンタルできる!?横浜市緑区で地域密着の「100円レンタカー」が安すぎる!

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

結婚相談所はモテない人の集まりじゃなかった! 理想の相手を“きちんと”見つけたい人必読!

  • PR

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

印刷会社が取り組む「社会変革」って一体何!? 130年以上も続く総合印刷業の老舗「大川印刷」

  • PR

男子禁制!女性専用の医療脱毛ってどんな場所?横浜駅西口直結の「ジェニークリニック」を体験レポート!

  • PR

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 2020年高校野球神奈川大会では横浜スタジアムが使用できないことが予想されていますが対応はどうなるの...

  • 横浜駅西口からほど近い、岡野町の路地裏に、最近では見かけなくなったプラモデル店を見かけました。ウイン...

  • 子安、新子安間にある「入江橋」は歴史のある橋のようです。「復興局」という銘板が気になりませんか?入江...

あなたはどう思う?

シーズン始まって2ヶ月。今年のベイスターズの予想順位は?

最近のコメント

アクセスランキング