検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

元町の「ウチキパン」が人気らしいですが、その理由はなんですか?

はまれぽ調査結果!

頑なに守り通している伝統の味と豊富なメニューが、<br />お客さんの心をガッチリ掴んでいるから!

  • LINE
  • はてな

2011年07月07日

ライター:河野 哲弥

「ウチキパン」とは元町商店街に存在し、横浜のパン屋さんの中では老舗中の老舗、そして「食パン発祥」のお店。

開業から今に至るまで伝統の味を守り通し、いまだに人気メニューの一つなのだとか。味も評判のようで、遠方からイングランドを目当てに訪れるお客さんもいるのだとか。

ちなみに食パンを主食として食べるのは元来イギリスの食べ方で、一般的に「ブレッド」と言われる箱型のものをスライスして食べます。一方、フランスでは「バゲット(フランスパン)」と呼ばれるパンを、料理と料理の間に箸休めとして「皮」だけちぎって食べます。
 


ウチキパンの食パン「イングランド」


さて、そんな老舗の「ウチキパン」ですが、これだけ長く続いている人気のヒミツとはなんなのでしょうか?
そしておススメ商品は?そんな疑問を解決すべく、我々取材班が現地へ直撃!

また、代表取締役である打木宏さんに、昔から変わらぬ美味しさと人気の秘訣を、発祥の秘密話も交えて伺ってきました。



発祥のヒミツ…それは食パンを販売したのが最初という事

打木社長曰く、日本で最初にパンを焼いたのは、江戸時代中期に長崎の出島に来ていたポルトガル人じゃないだろうか、との事。彼らは自分たちだけで食べており、一般の販売などはしていなかったようです。

横浜開港当時の1862年、イギリス人のロバート・クラークが「ヨコハマ・ベーカリー」を山下町に開業。

ウチキパンの創業者でもある打木彦太郎氏は、ロバート氏の元で修業していました。その後、ロバート氏の引退により、彦太郎氏は1888年(明治21年)に若干24歳で「ヨコハマ・ベーカリー」の暖簾を引継ぐことに。そして同年3月、現在の住所に開業したのです。

それ以来、「家庭に販売する為に焼きはじめた」当時の味を、120年以上も頑なに守り通してきました。だから、正確には「食パン販売の発祥」なのだとか。もっとも、ポルトガル人が焼いていたのはバゲットと思われるので、いわゆる「ブレッド」=「食パン」の発祥でも間違ってないそうです。
 


開業当時からこの地で販売してきた




美味しさのヒミツ…それは「ホップ種」と「サイズ」

そんな「ウチキパン」の人気商品は、もちろん伝統の食パン「イングランド」(330円)。

その美味しさには2つのヒミツがあるようで、1つは、イースト菌を使わずに「ホップ種」で生地を発酵させている事。こうすると出来上がりに時間がかかりますが、その分「旨みエキス」がタップリ滲み出てくるのだとか。

もう1つは、意外な事に「サイズ」でした。

スーパーなどで良く見かける食パンは、実はほとんどがアメリカのサイズなのだそうです。いつのまにか、ベルトコンベアを利用して大量生産する、機械の規格に合わせたものが主流になってしまったのだとか。

もちろん「イングランド」の大きさは、「ホップ種」の生地が最も美味しくなるオリジナルのサイズで、スーパーの食パンよりも1回り大きいのが特徴。
 


120年の歴史が詰まった「イングランド」の型
 

ベルトコンベアに乗せない、手作りの焼き方


早速頂いてみましたが、生地と生地がしっかり手を繋いだ「モッチリ」とした食感が独特。

普段、私達が食べているような食パンの甘さは無く、塩分があって主食で味わえる感じです。
中身はもちろん耳まで美味しい。そしてボリューム感も抜群。

香ばしい風味もあって、是非焼きたてをそのままで味わって欲しいですね。


ウチキパンの人気の秘密とは?・・・ 次ページ ≫
 

おすすめ記事

元町で行われたレッドブルF1マシンのイベントはどんな感じ?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

横浜のふ頭に数軒ある「波止場食堂」。女性一人でも大丈夫?

JAZZの生演奏を聴きながら、昔ながらの手作り南欧料理に舌鼓。横浜駅西口「エルスウェーニョ」

  • PR

9月30日から始まった「横浜オクトーバーフェスト2016」初日の様子をレポート!

価格、ボリューム、格式ばらない雰囲気・・・ 日本料理の“常識”を覆す名店「別亭空海」

  • PR

創業95年「尾島商店」が野毛にカフェをオープン! 老舗精肉店が作る肉料理のお味は?

天ぷらはもちろん、新鮮なお刺身や一品料理、そして日本酒も! 旬の味を気軽に楽しめる「天八」

  • PR

新着記事

提供中止になったはずの「コンビニで生ビール」が東戸塚で飲めた!

    • 面白かった82
    • 面白くなかった3
    • コメント0
  • 2018年07月19日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

車の修理、なんでそんな高いの?「ペイントブル横浜旭」ならディーラーよりも安く早く修理できるって本当?

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

過酷で繊細な作業で産業廃棄物を大幅削減してリサイクル。環境問題の解決へ力を尽くす「ホマレファースト」

  • PR

「また同じドレスかぁ」お悩み解消!いつもと違う自分に出会えるレンタルドレス「By Magic」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

これが解けたら超天才!? 「啓進塾 日吉校」から寄せられた偏差値65の中学受験問題が難しすぎる!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 川崎駅のホームを拡幅する為に新しい線路を作っているが、どうやって運行に支障なく新しい線路が使えるよう...

  • 横浜からは少し離れてしまいますが、2014年に箱根の函嶺洞門が閉鎖になり隣にバイパスが通るようになり...

  • 神奈川災害ボランティアセンターがボランティアバスを出す事を決めたそうです。既に募集は終了しており、ま...

あなたはどう思う?

横浜市内を通るよく利用する鉄道路線は?

最近のコメント