検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

元町の「ウチキパン」が人気らしいですが、その理由はなんですか?

はまれぽ調査結果!

頑なに守り通している伝統の味と豊富なメニューが、<br />お客さんの心をガッチリ掴んでいるから!

  • LINE
  • はてな

2011年07月07日

ライター:河野 哲弥

「ウチキパン」とは元町商店街に存在し、横浜のパン屋さんの中では老舗中の老舗、そして「食パン発祥」のお店。

開業から今に至るまで伝統の味を守り通し、いまだに人気メニューの一つなのだとか。味も評判のようで、遠方からイングランドを目当てに訪れるお客さんもいるのだとか。

ちなみに食パンを主食として食べるのは元来イギリスの食べ方で、一般的に「ブレッド」と言われる箱型のものをスライスして食べます。一方、フランスでは「バゲット(フランスパン)」と呼ばれるパンを、料理と料理の間に箸休めとして「皮」だけちぎって食べます。
 


ウチキパンの食パン「イングランド」


さて、そんな老舗の「ウチキパン」ですが、これだけ長く続いている人気のヒミツとはなんなのでしょうか?
そしておススメ商品は?そんな疑問を解決すべく、我々取材班が現地へ直撃!

また、代表取締役である打木宏さんに、昔から変わらぬ美味しさと人気の秘訣を、発祥の秘密話も交えて伺ってきました。



発祥のヒミツ…それは食パンを販売したのが最初という事

打木社長曰く、日本で最初にパンを焼いたのは、江戸時代中期に長崎の出島に来ていたポルトガル人じゃないだろうか、との事。彼らは自分たちだけで食べており、一般の販売などはしていなかったようです。

横浜開港当時の1862年、イギリス人のロバート・クラークが「ヨコハマ・ベーカリー」を山下町に開業。

ウチキパンの創業者でもある打木彦太郎氏は、ロバート氏の元で修業していました。その後、ロバート氏の引退により、彦太郎氏は1888年(明治21年)に若干24歳で「ヨコハマ・ベーカリー」の暖簾を引継ぐことに。そして同年3月、現在の住所に開業したのです。

それ以来、「家庭に販売する為に焼きはじめた」当時の味を、120年以上も頑なに守り通してきました。だから、正確には「食パン販売の発祥」なのだとか。もっとも、ポルトガル人が焼いていたのはバゲットと思われるので、いわゆる「ブレッド」=「食パン」の発祥でも間違ってないそうです。
 


開業当時からこの地で販売してきた




美味しさのヒミツ…それは「ホップ種」と「サイズ」

そんな「ウチキパン」の人気商品は、もちろん伝統の食パン「イングランド」(330円)。

その美味しさには2つのヒミツがあるようで、1つは、イースト菌を使わずに「ホップ種」で生地を発酵させている事。こうすると出来上がりに時間がかかりますが、その分「旨みエキス」がタップリ滲み出てくるのだとか。

もう1つは、意外な事に「サイズ」でした。

スーパーなどで良く見かける食パンは、実はほとんどがアメリカのサイズなのだそうです。いつのまにか、ベルトコンベアを利用して大量生産する、機械の規格に合わせたものが主流になってしまったのだとか。

もちろん「イングランド」の大きさは、「ホップ種」の生地が最も美味しくなるオリジナルのサイズで、スーパーの食パンよりも1回り大きいのが特徴。
 


120年の歴史が詰まった「イングランド」の型
 

ベルトコンベアに乗せない、手作りの焼き方


早速頂いてみましたが、生地と生地がしっかり手を繋いだ「モッチリ」とした食感が独特。

普段、私達が食べているような食パンの甘さは無く、塩分があって主食で味わえる感じです。
中身はもちろん耳まで美味しい。そしてボリューム感も抜群。

香ばしい風味もあって、是非焼きたてをそのままで味わって欲しいですね。


ウチキパンの人気の秘密とは?・・・ 次ページ ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

元町で行われたレッドブルF1マシンのイベントはどんな感じ?

横浜中華街で横浜のソウルフード「ブタまん」を提供する創業明治27年の老舗・ブタまんの「江戸清」

  • PR

横浜のふ頭に数軒ある「波止場食堂」。女性一人でも大丈夫?

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

はまれぽ週末グルメ案内 通が好む!? 中区・「和食」料理店3店

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

保土ケ谷駅東口に密集!? 「ディープな雰囲気の店」に突撃取材!

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

新着記事

炎上ギリギリがモットー!? ふざけたサービス満載の三和交通の内部に迫る

    • 面白かった166
    • 面白くなかった8
    • コメント5
  • 2018年09月20日

磯子区杉田を自販機から見守る! 「ウメニー」っていったいなに?

    • 面白かった71
    • 面白くなかった5
    • コメント1
  • 2018年09月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

穏やかな語り口の中にある熱い思い!「子どものいない夫婦における遺言書作成の大切さ」を説く!

  • PR

安い旨いの理由はフレンチ出身のシェフにあり!豪快かつ繊細な料理に目と舌に喜びを「横浜ビストロZIP」

  • PR

アヒージョ専門店が野毛に。味わいとバリエーション豊かなアヒージョとお酒が楽しめる新名店「SPOON」

  • PR

【スタッフも募集中】「東宝タクシー」の新しい取り組みがすごすぎる!鶴見の名所巡りをしながら聞いてきた

  • PR

真の健やかさと充実した生活への自分づくりを手に入れる、東戸塚の「極真カラテ 神奈川県加藤道場」

  • PR

隅々までこだわったセンスの良い空間で絶品ナポリピザを味わう「Pizzeria PONTE ALTO」

  • PR

味にこだわるガンコ店主が開発。極上カレー「和都ノ屋カレー本舗」。できたてのカレーをお届けします!

  • PR

介護を軸に、新たなコミュニティ構築を模索する、中区石川町「ケアステーション・デイサービス ふれ愛」

  • PR

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

  • PR

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

  • 京急が創業120周年を記念して、駅名変更を検討しているそうです。ひとまず、川崎市の産業道路駅の変更は...

  • 横浜市内に『筒香』さんというめずらしい名字の方は何人いるかな?やはりベイスターズファンかな?キニナル

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント