ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

町のかかりつけ医・関内編

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    最近増えてる多摩川とかのランニングのイベントで、苦しそうな表情で懸命に走るランナーを見ると声援を送りたくなります。勝手に応援したら迷惑でしょうか、、。代わりに聞いてみてほしいです。若者から高齢の方まで...

    タロー先生さん

    武蔵小杉近くのNECの玉川事業所のビルの屋上にあるヘリポートらしい出っ張りが気になります。周りから行く手段が無いように見えるのですが、使えるんでしょうか。そもそも、ヘリ1台分ぐらいの広さに見えるので、...

    タロー先生さん

    川崎市は来年、四半世紀に1回タニタが給食を提供する予定です。内容、味等、レポートお願いします。

    もまさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
2位
横浜に階段を下るタクシーがあるって本当?
3位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
4位
横浜にLRTが走る計画はどうなった?
5位
横浜美術館とマークイズの間のグランモール公園。リニューアル後はどうなる?
6位
【はまれぽ名作選】菊名駅近くの住宅街にあるロータリーができた経緯は?
7位
エコキャップ推進協会が事業費を役員の給料にしていたという真相は?
8位
【はまれぽ名作選】横浜で一番おいしい川の水は?
9位
2016年~2017年 大晦日から元旦にかけての電車運行状況
10位
【はまれぽ名作選】鶴見に「ねぎ坊主」と呼ばれる巨大な廃墟らしき配水塔があるって本当?
11位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
12位
狙え“億”当選! 横浜市内にある年末ジャンボ“億”続出の宝くじ売り場は“東・西・北”にアリ?
13位
山奥に向かって「ずらあ~っ」と並んだちょっと怖い横須賀の稲荷神社とは?
14位
かつて横浜市内を走っていた「トロリーバス」って?
15位
天王町イオンの隣に自動車教習所があったって本当?
16位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
17位
著名デザイナーが設計した横浜駅東口の「ポートサイド公園」にそそり立つ「円柱」と謎の「記号」とは?
18位
「ハマのアメ横」洪福寺松原商店街はなぜ賑わう?
19位
実は三浦で作っていない? 名産「三浦ダイコン」の真相とは?
20位
2017年、酉年にちなんだ横浜市内で見られる珍しい鳥は?
21位
かわいい値札が目を惹く創作和菓子「濱うさぎ」とは?
22位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
23位
【はまれぽアワード2016】今年もっとも「面白かった」キニナルを発表!
24位
年末の大掃除の強い味方! 教えて○○さん! ハウスクリーニング編
25位
横浜市営地下鉄は「長後駅」から通るはずだったって本当?
26位
「人口ゼロの町」、横浜の「秘境町」はどんなとこ? 金沢区編
27位
1200人以上がマイナンバーを受け取れなかった横浜市のシステム障害の詳細は?
28位
破産した中区の伊勢山皇大神宮が三重県の伊勢神宮からまるごと社殿をもらうって本当? 「キティ守」のご利益は?
29位
「PPAP」も? 2017年、そごう横浜店の福袋の中身を大公開!
30位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年1月

横浜のココがキニナル!

2013年12月に惜しまれつつ閉店した洋食の名店、チリバーグの「グリルサクライ」が再々オープンしたとのこと。変わらぬメニュー?(みち坊さん、彗星さん)

はまれぽ調査結果

横浜の洋食文化を守る「グリルサクライ」が2014年9月に昼限定、変わらないメニューで再々開店。ご夫婦のお客さんに対する想いがきっかけとなった

ライター:クドー・シュンサク (2014年12月26日)

取材は、現在分け隔てなくお受けしていないというお言葉から、今回のキニナルの話は始まった。理由はいくつか。常連の方が普段と同じく店に来られなくなるのは申し訳ないから。ご主人の体調面での問題もある。お断りしているところがあるので、どこかだけお受けするのは申し訳ないので。

すべて、真っ当なご意見であった。それでも、2013(平成25)年12月の閉店から2014(平成26)年9月の再々オープンになったグリルサクライを記事にさせていただきたい。その旨を少々お時間をいただきご説明。奥様はご主人と相談してくれ、少しならいいですよと取材を快くお受けいただいた。

クドー・シュンサク、はまれぽ最後の洋食記事、グリルサクライの回です。



昭和31年創業「グリルサクライ」

JR関内駅から3分ほど歩いて、相生町の路地裏へ。現在はランチ限定で営業中。午後3時までの営業の後、次の日の仕込みをしている時間に取材へとおじゃました。
 


橙色がグリルサクライの目印


お店に入ると、おだやかな笑顔でグリルサクライのご夫婦が迎えてくれました。
 


グリルサクライご主人の櫻井俊幸さん
 


奥様の晴美さん


2013(平成25)年12月25日に閉店したグリルサクライ。理由は、ご主人俊幸さんの体調面での問題を考慮しての決断。横浜のいたるところでそのお話は耳にした。
遡ること7年前、ご主人がくも膜下出血で倒れ昏睡状態に陥った。医師の方も助かる見込みはほぼないと話し、店は休業。療養生活に入る。奥様の晴美さんいわく「驚くことに、奇跡的に回復しまして。半年後に店を再開することができました」
 


それから昨年12月まで、常連の方々のいつもの顔を見るのが幸せだったと奥様
 


ご主人も同じ気持ちだったようです


2014(平成26)年9月に再開した経緯の前に、グリルサクライの歴史をおさらい。

1956(昭和31)年の3月、先代であるご主人の父が尾上町の交差点にグリルサクライをオープン。店を受け継いだ現在のご主人は1997(平成9)年までグリルサクライの味を守った。それから8年のブランクを経て、グリルサクライは2005(平成17)年に再オープン。
 


それから昨年12月まで営業していた店の記念模型を見せてもらった
 


常連の方がお作りになった相生町2丁目時代の精巧なグリルサクライの模型


ご主人、1997(平成9)年から8年間は、横須賀の東京電力の社員食堂でチーフを勤めていたという。いい仕事ではあったが、体制が変わり、仕事に支障のある風潮になったのを機に退職。それから2013(平成25)年12月までグリルサクライを復活させ厨房に立ち続けた。
 


2度目の閉店から再々オープンまでの経緯について伺う


一命はとりとめたご主人であるが、体調面の問題は変わらず、やむを得ず2013(平成25)年12月25日にグリルサクライは惜しまれつつ閉店。年が明け、3月までご夫婦でゆっくりと過ごす。

そうしているうちにご夫婦ともども別々の仕事を始めることに。それが、休んでいた3ヶ月がグリルサクライを再々オープンするきっかけとなった。
 


「年齢とね、気持ちの部分。それがもう一度店をやろうと思ったきっかけかな・・・」


休んでいた3ヶ月間、いつも一緒にいた櫻井さんご夫婦。いつも話をして不満こそないが「やっぱり店でお客さんといたころは楽しかった」とご夫婦ともども口にすることが多かったという。その後、勤めに出てからは「この歳で就ける仕事も限られてきますしね、体の不安はあったけど、心の、気持ちの部分での満足を選ぶことにしたんですよ」とご主人。
 


「やっぱり私たちにはこの店が一番だなって。もう一回やりましょうってね(笑)」


「でも本当に、いったい何回やめて何回始めるんだってね。いいかげんにしろって言われると思っちゃいましたよ(笑)」

決して、そんなことを言う人はいないと思います。
そう思わせてくれるお二人の人柄と、グリルサクライの味をこの後いただきました。
 
 
いよいよ「メキシカンチリバーグ」の登場です!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

アットホームで美味しい洋食屋さん「三ツ沢」編

アットホームで美味しい洋食屋さん「伊勢佐木町・阪東橋」編

「洋食」に関するキニナル