家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    磯子区屏風ヶ浦にある「磯子車庫前」の交差点を屏風ヶ浦駅の方から直進すると急にバリケードが出てきて狭められ通行できなくなり、現在は市営住宅に繋がるだけの道路になっています。道路をよく見るとセンターライン...

    ねこみくさん

    三浦半島の有料道路通行券と駐車場料金、ソフトクリーム引換券がセットになっているクーポンのようなものが発売されていると聞きました。ソフトクリームにとても惹かれるのですが、ずばりこのクーポンはお買い得でし...

    さほたんさん

    国道357号の本牧~磯子間の自動車専用道路がありますが本牧から杉田まで専用道路で行くのと下道で行くのでは何分違いますか?これからGWで休みがたくさんあると思うので是非車で両方の道路を実際に走って確かめ...

    横浜ものしり博士さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
2位
駅のホームの立ち食いそば屋さんを完全制覇! ~京浜東北線・根岸線編~
3位
横浜でガッツリみそラーメンが食べられるお店ってどこ?
4位
辛すぎるのにうまい! 激辛ラーメンを提供する戸塚の2店舗に突撃!
5位
200円にこだわった、川崎の「POPカレー」に迫る!
6位
【編集部厳選】これさえ知ってれば横浜ツウ! これが「横浜穴場グルメ」だ!
7位
本牧にある「ちょっとすごい」手作りソーセージのお店に突撃!
8位
8年ぶり、横浜にウェンディーズが復活! 今後の店舗展開の行方は?
9位
4月14日にそごう横浜店にオープンした「タカナシミルクパーラー」はどんな感じ?
10位
メニューや佇まいが“そっくり”な家系ラーメン2店の謎を探る
11位
イモひとすじ60年以上! お父さんが一人で切り盛りする野毛山の絶品「大学いも店」に突撃取材!
12位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
13位
はまれぽ的「変わり種」提案にもチャレンジ!? かっぱ寿司の「変わり種」メニューを調査!
14位
“中華街カレー” ブームのパイオニア! 横浜中華街の老舗店で50年以上前から提供している絶品カレー!
15位
テーブルゲームがあるレトロ喫茶店を一斉調査!
16位
開店10年以上の"家系ラーメン・プチ老舗店"の店長が次に目指すラーメンとは?
17位
【はまれぽ名作選】お高い飲食店ばかり!? みなとみらいエリアで働いている人たちのランチ事情を徹底調査!
18位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
19位
【編集部厳選】「肉より魚派」のアナタ、必見!
20位
【ニュース】崎陽軒がシーサイドラインの限定コラボ弁当を販売!
21位
【はまれぽ名作選】辛すぎるメニューばかりを集めた中華街の「激辛コース」の店、全品完食は可能か?
22位
【編集部厳選】お花見にもってこいの「テークアウトOK」グルメ!
23位
横浜市内のアットホームで美味しい洋食屋さんはどこ? 「相鉄線沿線」編 
24位
毎週土曜日に三崎港の新鮮なまぐろが食べ放題!?野毛の寿司店「秀吉」に突撃!
25位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
26位
【ニュース】3年目の「横浜づくり」が発売決定!
27位
【はまれぽ名作選】シウマイだけじゃない! 崎陽軒で販売していた幻の商品たちを特別レポート!
28位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
29位
【編集部厳選】焼きてての香り、たまりませんなー!
30位
創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新店とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

2013年12月に惜しまれつつ閉店した洋食の名店、チリバーグの「グリルサクライ」が再々オープンしたとのこと。変わらぬメニュー?(みち坊さん、彗星さん)

はまれぽ調査結果

横浜の洋食文化を守る「グリルサクライ」が2014年9月に昼限定、変わらないメニューで再々開店。ご夫婦のお客さんに対する想いがきっかけとなった

ライター:クドー・シュンサク (2014年12月26日)

取材は、現在分け隔てなくお受けしていないというお言葉から、今回のキニナルの話は始まった。理由はいくつか。常連の方が普段と同じく店に来られなくなるのは申し訳ないから。ご主人の体調面での問題もある。お断りしているところがあるので、どこかだけお受けするのは申し訳ないので。

すべて、真っ当なご意見であった。それでも、2013(平成25)年12月の閉店から2014(平成26)年9月の再々オープンになったグリルサクライを記事にさせていただきたい。その旨を少々お時間をいただきご説明。奥様はご主人と相談してくれ、少しならいいですよと取材を快くお受けいただいた。

クドー・シュンサク、はまれぽ最後の洋食記事、グリルサクライの回です。



昭和31年創業「グリルサクライ」

JR関内駅から3分ほど歩いて、相生町の路地裏へ。現在はランチ限定で営業中。午後3時までの営業の後、次の日の仕込みをしている時間に取材へとおじゃました。
 


橙色がグリルサクライの目印


お店に入ると、おだやかな笑顔でグリルサクライのご夫婦が迎えてくれました。
 


グリルサクライご主人の櫻井俊幸さん
 


奥様の晴美さん


2013(平成25)年12月25日に閉店したグリルサクライ。理由は、ご主人俊幸さんの体調面での問題を考慮しての決断。横浜のいたるところでそのお話は耳にした。
遡ること7年前、ご主人がくも膜下出血で倒れ昏睡状態に陥った。医師の方も助かる見込みはほぼないと話し、店は休業。療養生活に入る。奥様の晴美さんいわく「驚くことに、奇跡的に回復しまして。半年後に店を再開することができました」
 


それから昨年12月まで、常連の方々のいつもの顔を見るのが幸せだったと奥様
 


ご主人も同じ気持ちだったようです


2014(平成26)年9月に再開した経緯の前に、グリルサクライの歴史をおさらい。

1956(昭和31)年の3月、先代であるご主人の父が尾上町の交差点にグリルサクライをオープン。店を受け継いだ現在のご主人は1997(平成9)年までグリルサクライの味を守った。それから8年のブランクを経て、グリルサクライは2005(平成17)年に再オープン。
 


それから昨年12月まで営業していた店の記念模型を見せてもらった
 


常連の方がお作りになった相生町2丁目時代の精巧なグリルサクライの模型


ご主人、1997(平成9)年から8年間は、横須賀の東京電力の社員食堂でチーフを勤めていたという。いい仕事ではあったが、体制が変わり、仕事に支障のある風潮になったのを機に退職。それから2013(平成25)年12月までグリルサクライを復活させ厨房に立ち続けた。
 


2度目の閉店から再々オープンまでの経緯について伺う


一命はとりとめたご主人であるが、体調面の問題は変わらず、やむを得ず2013(平成25)年12月25日にグリルサクライは惜しまれつつ閉店。年が明け、3月までご夫婦でゆっくりと過ごす。

そうしているうちにご夫婦ともども別々の仕事を始めることに。それが、休んでいた3ヶ月がグリルサクライを再々オープンするきっかけとなった。
 


「年齢とね、気持ちの部分。それがもう一度店をやろうと思ったきっかけかな・・・」


休んでいた3ヶ月間、いつも一緒にいた櫻井さんご夫婦。いつも話をして不満こそないが「やっぱり店でお客さんといたころは楽しかった」とご夫婦ともども口にすることが多かったという。その後、勤めに出てからは「この歳で就ける仕事も限られてきますしね、体の不安はあったけど、心の、気持ちの部分での満足を選ぶことにしたんですよ」とご主人。
 


「やっぱり私たちにはこの店が一番だなって。もう一回やりましょうってね(笑)」


「でも本当に、いったい何回やめて何回始めるんだってね。いいかげんにしろって言われると思っちゃいましたよ(笑)」

決して、そんなことを言う人はいないと思います。
そう思わせてくれるお二人の人柄と、グリルサクライの味をこの後いただきました。
 
 
いよいよ「メキシカンチリバーグ」の登場です!!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

アットホームで美味しい洋食屋さん「三ツ沢」編

アットホームで美味しい洋食屋さん「伊勢佐木町・阪東橋」編

「洋食」に関するキニナル