ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    当事者(船員)ですみません。1月31日「帆船で皆既月食観察会」が開催されます。場所は横浜みなとみらい「ぷかり桟橋」停泊中の「帆船みらいへ」!19時集合~22時30分までの日帰りコース(3,000円)と...

    SAKO3さん

    地元の企業が横浜市に提案しているという横浜駅から中央卸売市場やみなとみらい、大さん橋などを経由して山下埠頭まで結ぶロープウェイ構想が気になります!横浜博覧会のゴンドラの思い出が蘇り、とても懐かしくぜひ...

    幸人さん

    野毛のお肉屋さん、尾島商店の隣にお洒落なカフェが急に現れました。外観が似ているけれど、尾島商店とのつながりはあるの?

    晴天さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

かつて東海道・横須賀線保土ヶ谷~東戸塚間、熱海方向左側にビタワンの工場があり、斜面に沢山の犬小屋が見えました。犬が放し飼いされてたという話も聞きましたが本当でしょうか?(紀洲の哲ちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

犬は存在したが、犬小屋に見えたのは運動場の退避用の小屋。日本初のペットフード製造会社が認知度を高めるために電車の乗客に向けてアピールしていた

ライター:山口 愛愛 (2014年12月18日)

犬小屋風の屋根で周囲へアピール

JR東海道線、横須賀線から見えたペットフードの広告「ビタワンの看板」といえば、ピンとくるハマっ子も多いのではないだろうか。筆者は幼少期に保土ケ谷区に住んでいたこともあり、この投稿を読んで、「そういえば、いつの間に看板(と施設)がなくなっている・・・」と思い返した。犬小屋があった記憶はないのだが、本物の犬まで存在したという話が浮上。これはキニナル。真相を確かめに、ビタワンの発売元、日本ペットフード株式会社へ。
 


体を張るばかりではなく、たまには企業取材も


横浜を飛び出し、本社のある東京都品川区の天王洲ファーストタワーへ。営業部の営業企画課リーダー、肥後橋(ひごはし)さんを直撃。
 


子どものころからワンちゃんを飼っていたという肥後橋さん


真相の前に、まずは保土ケ谷研究所とビタワンの歴史を遡る。「ビタワン」は日本で初めて開発、販売されたドックフードで、元は1946(昭和21)年に設立された協同飼料株式会社が、「愛犬の栄養食」として1960(昭和35)年に発売したのが始まり。同社が1962(昭和37)年に犬舎を建てた。これが投稿にもある、保土ケ谷の研究所にあたる。
 


横浜市保土ケ谷区権太坂1丁目の丘の上にあった研究所(以下、『日本ペットフード50年史』より)
 

右上に赤い屋根の犬小屋がある


1963(昭和38)年にペットフード事業部が独立して会社組織となり、こうして日本ペットフード販売株式会社(現日本ペットフード株式会社)が誕生した。実は会社より、ビタワンの歴史の方が長いのだ。
 
1972(昭和47)年には静岡工場を建設し増設を繰り返していたが、広い敷地内で研究所と工場を一体化するため、1999(平成11年)に保土ケ谷研究所を閉鎖し、静岡に移転した経緯がある。
 
つまり、ビタワンの看板や犬小屋があったいたのは1999(平成11)年までということだ。
 


「ビタワン」には「ビタミン」「バイタリティ」「一番」の意味も


肥後橋さんに会社の沿革を説明いただき、「保土ケ谷研究所のまわりに犬小屋があり、ワンちゃんを放し飼いにしていたというのは本当なのでしょうか?」と切り出す。
「ワンちゃんがいたのは本当ですよ! でも放し飼いにしていたわけではなく、研究室の飼育棟でワンちゃんを飼っていて、運動時間に芝生の運動場に放していたんです」と説明。
 


研究所と芝生斜面の一部


「犬小屋もあったのですか?」と問うと、「犬小屋に見えたのは、雨が降ったときや、日除けのための休憩所の屋根ですね。生活は飼育棟の中なので、常に芝生にいるわけではありません。周囲へのPRのためにも、分かりやすく犬小屋の形にしていたらしいです」と肥後橋さん。
もちろん、このアピールとは「あれだけ目立つ場所なので、主に電車に向けてですね」

なるほど。肥後橋さんは1998(平成10)年の入社なので、研修期間に数回足を運んだだけだそうだが、当時、研究所に勤務していた社員さんから情報を集めてくれた。

「大きな看板の印象が強いのですが」と聞いてみると、2013(平成25)年、創立50周年を迎えたときに製作した「日本ペットフード50年史」を出し、おもしろい資料を見せてくれた。
 


社内報『日本ペットフード50年史』の情報も


「斜面の看板の反響は大きく、1972(昭和47)年からは3コマ漫画風にしてアピールしていたんですよ。例えばこれは、ワンちゃんがサッカーをしていて、ビタワンが飛んできたらボールそっちのけになり、相手の亀チームにゴールを決められてしまうというものです」
 


ボールよりも
 

キニナルのは・・・
  

ビタワン!


この3枚の看板は約3ヶ月で新しいものに付け替え、6年間くらい続けたそうだ。電車から眺めることを想定して、横に流れるストーリーを楽しめるようになっている。
これらのPRは、ビタワンの歴史やドックフードの認知度を高めるための広告戦略としての理由があった。

日本ペットフードは、日本で最初のドッグフード販売会社。創業当時は、家の外で飼っている番犬に残飯をあげていた時代。まずは「ドッグフードとは何か?」と認知してもらうことから始まり、バランスの取れた愛犬の栄養食が保存性にも経済的にも優れている、と訴求してきた。
 


50年前に発売されたビタワン


テレビやインターネットの情報が溢れる現代と違い、地道な普及活動が必要。
 
「当時は、ペットショップなどは身近にほとんどなかったんですよね。お米屋さんが各家に配達していた時代で、地域に密着していたんです。さまざまな営業活動の一つとして、ビタワンのロゴの下に米屋の名を入れる形で、看板を付けていきました。当時は、看板による普及活動が大きかったんです」
 
これは、子どものころよく見かけた! 
 


当時の店先の看板。今でも残っている店があるようだ


このように、看板やパッケージなどに使われるキャラクターやロゴも重要だ。
 


いくつかの
 

候補の中から
 

決まったキャラクター(写真は初代パッケージ)


キャラクターも劇画タッチなものから、シンボルマークのように親しみやすいタッチに変わってきたそう。
キャラクターはビタワン50周年の際に一新。看板同様に歴史の変遷を感じる。
 


時代と変化
 

ともに
 

変化してます


だからこそ、当時、電車の車窓から多くの人が目にする研究所の敷地は、かっこうのアピールの場となっていた。
今でも日本最大級の施設でペットの飼育研究をしている日本ペットフードは、「しっかりとワンちゃんの飼育や研究もした上で、製品を製造していることをアピールするため」に、犬小屋風の待避小屋をつくり、運動場でワンちゃんを運動させていたということなのだ。

ちなみに、運動場の横には「野鳥の森」や噴水もあり、木々に野鳥フードの試作品を置き研究していたが、商品化には至らなかったそうだ。真夏に社員総出で噴水掃除をするのが恒例で「電車に乗っていた人たちはどのように見ていたか・・・」と思い出を振り返る社員もいるという。
 


試作品置き場
 

噴水も電車から見える位置にあったそう


この飼育棟では、「実験動物」という扱いはしておらず、獣医も付き添い、最後まで愛情を注ぎ飼育していた。2種類の試作品を置き、どちらを選ぶか、実際にどのくらい食べたかなどのリアクションや、毛づやや健康状態などを観察するなどの研究をしているそうだ。

移転した静岡飼育棟は、室内に床暖房と広い庭があり、さらに環境が整っているそう。犬と猫はそれぞれ約70頭飼育され、順番に外遊びで運動しているが外部からは見られないので、電車からでも見えた光景は貴重なシーンだったようだ。
 


現在の静岡工場の施設


「ワンちゃんたちの相性を考慮し、順番に運動場に出したりしています。飼育係は約70頭の名前を覚え、名前で指示を出しています。扉を開けるだけで、みんな戻って来るんですよ。適切な食事と運動でみんな長生きです」と肥後橋さん。

そんな話を聞き、静岡工場へ移転することになり、ワンちゃんが見られなくなって心配していた乗客もいたのではないか? と思ってしまう。

「移転する際には、例の大きな看板でお知らせし、その様子が神奈川新聞でも取上げられたんですよ」と聞き、安堵したのであった。動物はもちろん、お客さんへの気遣いも考えられていたとは、なんだかいい話である。
 


1999(平成11)年6月21日の神奈川新聞の記事より

 
 
日本最古のペットフードも、時代に合わせて進化!≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事