検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お得な【特典】付き♪お店特集!期間限定特典を今すぐGET!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

国内外のクラフトビールの祭典「JAPAN BREWERS CUP FESTIVAL」。日本のビール発祥の地・横浜でどのようなビールが大賞を取るのかキニナル!(k2kaidouさん、えすさん)

  • LINE
  • はてな

2015年01月24日

ライター:はまれぽ編集部

冬のビールの祭典!

ビールの品評会とビールフェスティバルを融合した「JAPAN BREWERS CUP FESTIVAL(ジャパン・ブルワーズカップ・フェスティバル)2015」が1月23日(金)から1月25日(日)まで、横浜市中区の「横浜大さん橋ホール」で開かれている。フェスティバルの入場料は500円。当日券のみで、別途飲食代が必要となる。
 


25日まで開かれるJAPAN BREWERS CUP FESTIVAL
 

冬のビールイベントとしては日本最大規模の催しで、今年で3回目。
JAPAN BREWERS CUP 実行委員会の主催。横浜市中区にビール醸造所を併設したパブを持つクラフトビールメーカー、横浜ベイブルーイング株式会社代表取締役・鈴木真也さんが実行委員長を務める。
 


実行委員長の鈴木さん
 

品評会の審査員約35人は全員ブルワー(ビール職人)。
世界で最も多く造られているスタイルである「ピルスナー(24日午前開催)」と、強い苦みと高めのアルコール度数が特徴の「IPA(インディア・ペール・エール、25日午前開催)」の2品目で審査を行う。審査の様子は一般の入場者も見学できる。

午後に行われるフェスティバルでは、午前中の審査会で入賞したビールも飲むことができるというから、ビール好きにはたまらない。

今回は日本、アメリカ、ドイツ、ベルギー、チェコ、イギリスから30社、42の銘柄が集い、162種類が1杯300円から楽しめる。もちろん、鈴木さんの横浜ベイブルーイングも出展する。
 


鈴木さんこだわりの1杯も!
 

フードも充実していて「勝烈庵」の串カツや、中区吉田町の老舗「鶏肉専門店 梅や」名物のからあげなどが500円から楽しめる。
 


間違いなくビールに合うフードばかり!(写真は勝烈庵)
 

「ビールと言えば夏!」という気もするのだが、鈴木さんによると、冬に開催することにも大きな理由があるという。

「冬は夏場に比べると、ビールの出荷量が多くない分、熟成期間を長く取れるんです。大きいビール工場だと(造れるビールの量に)変わりありませんが、小さい工場しか持たないブルワリー(ビール工場)では、夏場は長い熟成期間を必要とするラガービールは造りにくいのが現状なんです」と鈴木さん。

それはつまり、冬のしっかり熟成された味に深みがあるビールが造れるということ。
 


冬だからこそ造れるビールが味わえるのが魅力!
 

鈴木さんは「そんな特別なビールが集まるのがJAPAN BREWERS CUP FESTIVALの醍醐味です。しっかり熟成の効いたビール職人自慢の一杯を飲んでほしいですね」と話してくれた。

また「ビールは好きだけど、そんなに詳しくない・・・」という方に向けては「ブルワーさんと話をしたり、とにかく種類を飲んで自分の好きなビールを探してください」との楽しみ方のコツを教えてくれた。



 

はまれぽ編集部のイチオシ

ストレス社会を楽に生きるための処方箋。まずは“気づき”を得ることから!

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

昇進や資格取得、スキルアップしたい人が集う“大人の”有料自習室があった。

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

再配達に低賃金。物流業界の問題に真っ向勝負する横浜の「ワンフラット」がすごすぎた

  • PR

法律のプロ(将棋も?)三浦修弁護士に、知っておくと便利な法律を教えてもらった

  • PR

マークされたら言い逃れはほぼ不可能! 全国屈指の総合探偵社「ガルエージェンシー横浜駅前」

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング