ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    ヒアリのその後はどうなったのか?日本の寒さにはヒアリは耐えられないから大丈夫という説は当てはまらず、空調の室外機など温かいところで寒さをしのぐ可能性があるらしいです。

    ナチュラルマンさん

    上大岡の京急百貨店4階テラスには、なにやらどこかの地図のようなオブジェがあります。港南区や南区とも違うようですが何処の地図?

    westband2さん

    川崎区のディープな所に焦点を当てている「ルポ 川崎」が5刷になるほど売れているようです。川崎駅周辺はラゾーナの開業以来、先週末の北口改札やアトレ川崎のリニューアルに至るまで、かなりの開発で華やかになり...

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

国内外のクラフトビールの祭典「JAPAN BREWERS CUP FESTIVAL」。日本のビール発祥の地・横浜でどのようなビールが大賞を取るのかキニナル!(k2kaidouさん、えすさん)

ライター:はまれぽ編集部 (2015年01月24日)

冬のビールの祭典!

ビールの品評会とビールフェスティバルを融合した「JAPAN BREWERS CUP FESTIVAL(ジャパン・ブルワーズカップ・フェスティバル)2015」が1月23日(金)から1月25日(日)まで、横浜市中区の「横浜大さん橋ホール」で開かれている。フェスティバルの入場料は500円。当日券のみで、別途飲食代が必要となる。
 


25日まで開かれるJAPAN BREWERS CUP FESTIVAL
 

冬のビールイベントとしては日本最大規模の催しで、今年で3回目。
JAPAN BREWERS CUP 実行委員会の主催。横浜市中区にビール醸造所を併設したパブを持つクラフトビールメーカー、横浜ベイブルーイング株式会社代表取締役・鈴木真也さんが実行委員長を務める。
 


実行委員長の鈴木さん
 

品評会の審査員約35人は全員ブルワー(ビール職人)。
世界で最も多く造られているスタイルである「ピルスナー(24日午前開催)」と、強い苦みと高めのアルコール度数が特徴の「IPA(インディア・ペール・エール、25日午前開催)」の2品目で審査を行う。審査の様子は一般の入場者も見学できる。

午後に行われるフェスティバルでは、午前中の審査会で入賞したビールも飲むことができるというから、ビール好きにはたまらない。

今回は日本、アメリカ、ドイツ、ベルギー、チェコ、イギリスから30社、42の銘柄が集い、162種類が1杯300円から楽しめる。もちろん、鈴木さんの横浜ベイブルーイングも出展する。
 


鈴木さんこだわりの1杯も!
 

フードも充実していて「勝烈庵」の串カツや、中区吉田町の老舗「鶏肉専門店 梅や」名物のからあげなどが500円から楽しめる。
 


間違いなくビールに合うフードばかり!(写真は勝烈庵)
 

「ビールと言えば夏!」という気もするのだが、鈴木さんによると、冬に開催することにも大きな理由があるという。

「冬は夏場に比べると、ビールの出荷量が多くない分、熟成期間を長く取れるんです。大きいビール工場だと(造れるビールの量に)変わりありませんが、小さい工場しか持たないブルワリー(ビール工場)では、夏場は長い熟成期間を必要とするラガービールは造りにくいのが現状なんです」と鈴木さん。

それはつまり、冬のしっかり熟成された味に深みがあるビールが造れるということ。
 


冬だからこそ造れるビールが味わえるのが魅力!
 

鈴木さんは「そんな特別なビールが集まるのがJAPAN BREWERS CUP FESTIVALの醍醐味です。しっかり熟成の効いたビール職人自慢の一杯を飲んでほしいですね」と話してくれた。

また「ビールは好きだけど、そんなに詳しくない・・・」という方に向けては「ブルワーさんと話をしたり、とにかく種類を飲んで自分の好きなビールを探してください」との楽しみ方のコツを教えてくれた。


会場の雰囲気は!?! 次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事