検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

ゆずの楽曲「岡村ムラムラブギウギ」に登場する仲久保公園や千代作、小笠原文具店、小林商店、またローソンなどは現在どうなっているのでしょうか?(baysさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

銭湯の千代作、五丁目ロ一ソン、小林商店はなくなっているが、仲久保公園や小笠原文具店は健在!今も文房具類はお店の奥に置かれていた。

  • LINE
  • はてな

2011年08月11日

ライター:松野 孝司

いざ、ゆずっ子の聖地・岡村町へ

ゆずっ子と呼ばれるゆずファンにとっては先刻ご承知の事だろうが、「岡村ムラムラブギウギ」は、1997年、ゆずがインディーズ時代にリリースした唯一のミニアルバム『ゆずの素』に収録されている楽曲で、ふたりの地元・横浜市磯子区岡村町を舞台にしたご当地ソングだ。

いつしか岡村町はゆずっ子たちから「聖地」と呼ばれるようになり、休日や横浜のコンサート前日などには、全国からファンが訪れている。

さて、そんなゆずっ子の聖地・岡村町は現在どうなっているのか…。その真相を追究するために一路岡村町へ。
岡村町へは根岸線の根岸駅で下車し、市営バスの78系「磯子駅行」または133系「上大岡駅行」に乗り換えて向かう。
 


JR根岸線の根岸駅で下車。こころからバスに乗り換え
 

4番線の乗り場で78系、133系のバスを持つ


前者は平日1時間当たり3~4本、後者は平日で1時間当たり1~2本の割合で運行。つまり10分に1本程度だ。
「岡村ムラムラブギウギ」の歌詞の中でも「♪バスがやたら走るのは 近くに駅がないからさ」と記されている通りだ。

岡村町エリアには「古泉」「岡村町」「天神前」「横浜岡村郵便局前」などいくつかの停留所があるが、今回は「古泉」で下車することにした。停留所のすぐ近くに二人の母校「岡村中学校」があるからだ。同校のジャージを着て、ゆずが伊勢佐木町で路上ライブをやったことは余りにも有名なエピソードである。
 


ゆずの二人の母校である岡村中学校
 

岡村中学の近くにある、指定ジャージの取り置き店のオリオンスポーツ



やっぱり。小笠原文具店の文具は店の奥に置かれていた

次の目的は「小笠原文具店」だ。半分シャッターが閉まっていたが、店内を覗いてみると地元の小学生の姿が…。どうやら営業中のようだ。取材の旨を伝えると店主の小笠原辰衣さんが快く招き入れてくれた。
 


文具店ながら店頭にはガチャガチャやテレビゲームも
 

「息子が小学校時代に文房具の忘れ物が多くて、それなら自分でやってみよう」と思ってお店を始めたという
 

文房具は店の奥に置かれていた
 

店頭には駄菓子やおもちゃが置かれている


店舗の手前には駄菓子が置かれており、看板商品である文房具は「♪小笠原文具店はなぜか文具は奥にしまってあるよ~」の歌詞通りに奥のほうに置かれていた。

歌詞通りですね、と声を掛けると「本当にね」と辰衣さんは苦笑い。元々は文房具がメインだったが、いつの間にか駄菓子が増えてしまったのだとか。
 


「地元の小学生が来店してくれるのが何よりの楽しみ」という


ゆずの二人も小学生時代はよく通っていたそうで「岩沢(厚治)くんは育ちが良かったね。回りの子供たちが自分のことを『オレ』って言っているのに、岩沢くんだけ『ボク』でしょう。ちゃんと「接骨院の岩沢です」とあいさつするしね。反対に北川(悠仁)くんは、やんちゃ。友だちがカップ麺を食べていると、『スープだけでいいからくれっ!』と言ったりして、よくふざけあっていた」と懐かしそうに話してくれた。

そんな二人がデビューすると、瞬く間に同店にも全国からファンが集まるようになった。
最盛期は「本当に食事どころかトイレに行く時間もないくらいだった(笑)」という。
用意した大学ノートの落書き帳が1週間に1冊のペースでファンからのメッセージで埋まっていったというからその熱狂ぶりがうかがえる。

80歳を過ぎた辰衣さんは今年初めに体調を崩し入院。現在も酸素吸入器が手放せないが、「リハビリになるし、子どもたちが来てくれる限りは続けたい」とやさしく微笑んでくれた。


中久保公園、千代作、小林商店、ローソンはどうなっているの? 次のページ≫
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

レトロ&まったりのお散歩へ。はま旅Vol.2「根岸編」

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

キマグレンを徹底解剖!

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

一見入りづらい、曙町で50年以上続く老舗店。「パブレストラン アポロ」に突撃!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

有隣堂 週間BOOKランキング 4月12日(日)~4月18日(土)

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

悲報!温泉旅行でハブられたヒロシ!「天然温泉 満天の湯」でハッピーになれる?

    • PR
  • 2018年12月16日

家系ラーメン家系図大幅更新!【編集部厳選】

    • 面白かった24
    • 面白くなかった13
    • コメント0
  • 2018年12月16日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

脳も体もリフレッシュ!  初心者からプロアスリートまでが集う「ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

優雅な空間で最高の施術を。3000人以上に指導してきたエステ業界のプロフェッショナルが貴方を美に導く

  • PR

【動画あり】メルセデスAMGなど新型車両をはじめ13台展示のショールーム。横浜中華街から歩いてすぐ!

  • PR

京都の自園で栽培した最高品質のお茶を横浜パッケージで! 忘れられない京都・宇治茶の味「又兵衛」

  • PR

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 12月15日の正午頃、上大岡駅前商店街のアーケード中間付近にある飲食店で火事がありました。この火事で...

  • 平成31年3月3日、京急大師線の東門前〜小島新田が地下化されますが、産業道路駅に3番線があった頃、駅...

  • 神奈川東部方面線の正式名が 新横浜駅を境に「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」に決定したそうです。短い区...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング