検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

1979年から毎年夏に開催されており、かつてジョニー大倉も出演した寿町フリーコンサート。今年も8月16日に開催が決定! 是非取材をお願いします!(ryoryoさん、ぜんちゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

寿町フリーコンサートは1997年に寿町の夜間中学で喜納昌吉が歌ったことがきっかけで始まった。以来数多くのミュージシャンがノーギャラで参加

  • LINE
  • はてな

2015年07月20日

ライター:山崎 島

各所でイベントが数多く開催されている横浜だが、35年以上継続されている企画ってそうそう聞いたことない。しかも朝からホットな寿町で。36年もの間、人間臭さが立ち上るあの街で催されている「寿町フリーコンサート」について、今回は2回にわたってお伝えしていきます。



活気がある寿町へ
 


よっ


土曜日の午前中の寿町。朝から宴が行われているようで、人の話し声で満ちている。

この日伺ったのは、横浜市が所有している「横浜市寿生活館」。ここに寿フリーコンサートを含む「寿夏祭り実行委員会」の事務局が置かれている。
 


保育園や学童保育、町内会館などが入っている
 

で!

 
「寿町フリーコンサート」について、お話してくださったのは、横浜・寿町・フリーコンサート実行委員会の金子・ぶー・祐三さん(右)と、高沢幸男さん。高沢さんは寿夏祭り実行委員会事務局長であると同時に、野宿生活者や生活困窮者の支援活動などをする、寿支援者交流会の事務局長もされている。
 
寿町に関するさまざまな活動をしながら、この街にお住まいだというお二人。寿町フリーコンサートについてのお話だけではなく、この町についても興味深いお話を伺った。



寿町フリーコンサートの歴史を紐解く

このコンサートを始めるきっかけができたのは今から約39年前。当時横浜市の職員で『寿生活館ノート―職場奪還への遠い道(1977年)』の著者の野本三吉さん(元沖縄大学学長)らが私的に開いていた寿夜間学校に、職員のツテでミュージシャンの喜納昌吉(きな・しょうきち)が遊びに来たのだそう。
 


生活館での活動がつづられた貴重な記録

  

当時、生徒の中に喜納昌吉のファンはいなかったが「せっかくなんで」と歌ってもらったところ、その場は大盛り上がり。「もっと大勢の前でコンサートをやってみましょう」ということになり、1979(昭和54)年9月1日に、職安前広場にて第1回寿町フリーコンサートを開催した。以後、「寿町夏祭り」のイベントのひとつとして行われているこのコンサートの会場はずっと職安前広場となっている。
  


職安広場前


第1回からコンサートに関わっている金子さんは「コンサートは普通、ミュージシャンがいて、そのミュージシャンを好きな人が聞きに来ることが多いのです。でも、始めたばかりのころの寿町フリーコンサートは、ミュージシャンもお客さんも、お互いのことは何も知らないところから始まりました。“どうかな”と思ったのですが、演奏が素晴らしかったからか、初対面のお客さんを惹きつけ、すごく盛り上がりました。私も感激して、これは続けていきたいと思いました」と当時を語ってくださった。
  


今も年齢性別問わずに盛り上がっている(2014<平成26>年)

 
以来、毎年開催されるようになった寿町フリーコンサート。

36年間のコンサートの歴史を、金子さんは現在まで「大きく4期に分けている」と説明してくれた。実行委員会は時代によって町と集まる観客の状況を判断し、運営方針を変えているため、期によってコンサートのポリシーや出演者へのスタンスも変化しているとのこと。
 
ではまず1期から。
  


年表ですー(クリックして拡大)

 
第1期(1979<昭和54>年~1982<昭和57>年)当時の実行委員会は、コンサートというイベントの立ち上げ方がまったく分からず、とにかく有名なミュージシャンを呼び、人を集めようと、ひたすらオファーをかけていた。

喜納昌吉をはじめ、南正人やジョニー大倉、友川かずきなど、ドスッと腹の底に訴えかけてくるようなアーティストが出演していた。
  


ロック好きにはたまらない南正人さん
 

南正人さんの本に載っている寿町フリーコンサートの様子(KEEP ON!Minami Masatoより)


「“お金は出せないけど出演してほしい”と熱意を持って交渉しました。ギャラが出せないとなると、なかなか出てくれるミュージシャンはいないかと思いましたが、ロックミュージシャンは非商業的な価値観を持っている方が多く、意外にみなさん引き受けてくれました」と金子さん。

また、有名なミュージシャンを呼びたかった理由の一つとして、当時野外でのコンサートは、きちんと警察や市の許可をとっていたとしても、近隣からの苦情が相次ぐことが多かったそう。その時「有名人がいる」という事実が苦情になりづらいという判断もあり、必ず一人は名のあるミュージシャンを呼びたかったのだとか。

ちなみに、ジョニー大倉が出演した経緯は「喜納昌吉&チャンプルーズ」のメンバーがなかなか集合できなくなったため、ジョニーさんを「新たな看板」として立てたのだということです。
   


立ち上げ当初の観客は「街の人が多かった」という


それから、1982(昭和57)年から出演している「寿限無(じゅげむ)」は、なんと金子さんら寿町フリーコンサート実行委員会のロックバンドなのだ。高校時代からクラシックに親しみ、大学でジャズ、ロックへと興味を広げていった金子さん。「まさか自分で演奏するようになるとは思いませんでした」と、ご自分でも驚かれていた。
  
 
変わり始めた寿町!新しいコンサートの在り方とは!?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

数々の有名ミュージシャンが訪れた、関内にある横浜最古のジャズ

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

アーティスト「矢沢永吉」さんは、トップスターになる夢を横浜で

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

【編集部厳選】寒い季節にうれしい! 安くておいしい「庶民の味方」! 横浜のおいしい「モツ」特集!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【プレイバック】はまれぽライブラリー(2013年12月31日~2014年1月6日)

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

新着記事

グルメだけじゃない!横浜中華街華で中国武術事情を探る・その1

    • 面白かった21
    • 面白くなかった2
    • コメント1
  • 2019年01月17日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった78
    • 面白くなかった17
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

押しの弱い店長におっとり奥様!?みなとみらいに隣接する横浜市神奈川区の物件なら「タウンマッチホーム」

  • PR

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

  • PR

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

「Tシャツ1枚からプリントします」デザインから製作まで一貫して請け負う「オリジナルウエア ブラスト」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

ここが横浜の新特等席! 絶景レストランで「伝統」と「革新」の日本料理を味わえる「横浜 星のなる木」

  • PR

具がおいしいと、粉モンはここまで昇華する。ハマリ度間違いなしの「鉄板 俣野也」

  • PR

「自分らしいウエディング」が実現! レンタルドレスサロン「By Magic」で主役もゲストも笑顔に!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 桜ヶ丘、花見台、桜台小学校、桜丘高校etc桜の木があってこその名称だと思うのですが、桜の木が消えてし...

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング