検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
  • 【随時更新】横浜のビアガーデン最新情報!予約もここから◎
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

相模原の昔からの伝統菓子「酒まんじゅう」がキニナル。祝い事があると振舞うなどの伝統は残っている? 伝統の味を頑なに守っているお店はあるの?(紀洲の哲ちゃん)

はまれぽ調査結果!

酒まんじゅうは現在でも和菓子屋さんで購入でき、お祭りやお祝いの時に登場する。酒種を使って皮を発酵させるのが伝統的な製法である。

  • LINE
  • はてな

2016年01月07日

ライター:福原 麻実

相模原市で和菓子屋さんの前を通ると、よく見かけるのが「酒まんじゅう」の文字。
 


こういうのぼりや、張り紙が目印


「まんじゅう」は小麦粉の生地の中にあんこが入っているやつだろう。それは分かるとして「酒」って、どんなものなのだろう? あんこの代わりに使われているのか? それとも生地に入っているとか? どういうときに食べるお菓子なのだろう? 早速調査へ!
 
 
 
酒まんじゅうって?

「酒まんじゅう」について調べてみると、相模原市に限らず、栃木県日光市、群馬県高崎市や山梨県上野原市など、関東を中心とした各地のお店で製造・販売されていることが分かる。

『地元菓子』(若菜晃子著)によると、酒まんじゅうが作られている街に共通するのは、小麦を育てていた畑作の土地柄であることだという。祭礼などの時に家庭でおまんじゅうを作る文化が山を越え、街から街へと伝播していったようだ、と。

しかしいくら文献を探しても「何年に誰が最初に作った」というような、はっきりしたルーツが見つからない酒まんじゅう。
その製法は? そして現在もその製法を守っているお店はあるのだろうか?
 
 
 

1954年創業の老舗店 志美津屋さんへ

酒まんじゅうの製法を教えてもらうなら、実際に作っているお店に行くのが早いだろうと考えた筆者。
主要な駅に行ってオススメの和菓子屋さんを聞いてみようと、たどり着いたのはJR・京王線橋本駅。
 


初めて来ました、橋本駅


3世代でお出かけ中のファミリーに酒まんじゅうの有名なお店について伺うと「志美津屋(しみづや)」さんというお店を教えていただけた。10分ほど歩いた場所にある、昔からある素敵なお店なのだという。このあたりだとそこが一番有名だとか。近くて古くて素敵か・・・よし、そこに決定!

しかし取材時は年末。お餅を買う人も多くて忙しいだろう。そもそも酒まんじゅうを売っているだろうか。不安になったので電話をかけてから取材に向かった。
 


こちらが志美津屋さん
 

素敵な店構え


お話を聞かせてくださったのは「優しいお母さん」という印象の清水さん。残念ながら写真はNGだったが、触りたくなるくらいの美肌。杜氏(とうじ)の手はきれいだとか、日本酒風呂が肌にいいとか、そんな話を聞いたことがあるが、酒まんじゅうを作るのも美肌効果があるのだろうか。
 


どれも美味しそう
 

「さがみはらスイーツグランプリ和菓子部門」グランプリだったのですね


志美津屋さんは1954(昭和29)年創業。ご家族で経営しているという。創業時から酒まんじゅうを取り扱ってはいるが「昔はこのあたりでは、皆さん家庭で作っていたんですよ」とのこと。

昔ながらの製法で作られているという、志美津屋さんの酒まんじゅう。その作り方を教えていただいた。

(1)麹とお米と水を混ぜて発酵させ、酒種(さかだね)を作る
(2)酒種に小麦粉を混ぜ、こねてから発酵させる(これが酒まんじゅうの生地になる)
(3)あんこを生地で包み、少し寝かせてから蒸す
(4)蒸し上がった酒まんじゅうを冷ます

酒まんじゅうの「酒」は、麹とお米でできた「酒種」だったのだ。
 


麹。これにお米を加えて発酵させると酒種になる(フリー素材)


この酒まんじゅう、現在は「行事やお祭りの時、お祝いの引き菓子、それからお土産にみなさん買っていかれるんです」と教えてくださった。
なるほど、地元のお菓子を買って、他所に住む人に渡す。こういう用途なら年中売られているのも納得だ。

相模原でずっと愛されている酒まんじゅう。実際に食べてみたくなったので、購入。酒種を発酵させるのに1~2日かかるなど、作るのに時間がかかっているのに120円で買えるんだな・・・。
 


シンプルな個装
 

すごくもちもちしている


半分に割った瞬間に、甘い香りが漂った。蒸しパンと甘酒を足して2で割ったような香りだ。割るときに手ごたえを感じるくらいに皮はもっちり、小麦のほのかな甘みが優しい。

軟らかく潰したあんこは、もちろん甘いのだが、ちょっと塩分も感じる。余分なものが入っていない素朴な味だが、お腹にたまるのにもうひとつ食べたくなるこの食べやすさは、名店の技術なのだろうと思った。
 
 


元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「工房スミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

目指せ憧れの美ボディ! 「ゴールドジム横浜上星川」で本気で憧れのボディメイクに挑戦! 

  • PR

フカヒレ姿煮がのった豪華メニューも1人2400円で食べ放題! いま中華街で話題沸騰の「中国飯店」

  • PR

川崎のラブホテルの先のマンションの一室に不動産の“駆け込み寺”と呼ばれる場所が。はまれぽが潜入調査!

  • PR

VIOも腕、脚も。ハードワックスとソフトワックスを使い分けるブラジリアンワックス脱毛でつるすべ肌に!

  • PR

昇進や資格取得、スキルアップしたい人が集う“大人の”有料自習室があった。

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 相鉄線、星川駅が高架され令和3年度にかけて星川駅南口の整備の計画があるようです。バス路線の検討も行わ...

  • JR戸塚駅東口側線路脇にある不思議な雰囲気の神社がキニナル!再開発前からあったと思いますが、開発後も...

  • 桜木町の東横線の跡地が7/16に開放されたようです。どんな展示があるのか気になります。

あなたはどう思う?

横浜市内で遊びに行くならどこが多い?

最近のコメント

アクセスランキング