検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

日ノ出町駅下りホームに1900年イギリス製の刻印がある古レールが柱として残ってます。横須賀駅にも1885年製古レールが。鉄道発祥の地ヨコハマの駅には鉄道遺産古レールがまだ眠っていそう(横濱マリーさん)

はまれぽ調査結果!

明治半ばから昭和40年代まで、使用済み古レールを駅ホームで再利用。さまざまな年代のアメリカ、ヨーロッパ、国産のレールを確認できた!

  • LINE
  • はてな

2016年02月07日

ライター:大和田 敏子

古いレールが駅の建物に再利用されていることは、鉄道ファンに限らず、ご存じの方もいると思う。けれども、そこに使われているレールの種類や年代にまで興味を持って見る方は、少ないのではないだろうか。

今回は、そんなちょっとマニアックな話に踏み込んでみた。
 


こちらは投稿にあった写真

 
まずは、古レールを使用した建築物について、インターネットや書籍で調べてみることに。
 


あまりに専門的なものを避け、概略を調べてみた

 
日本で最初の鉄道開業は1872(明治5)年の新橋(汐留)―横浜(桜木町)間。当初は、ヨーロッパやアメリカからの輸入したレールが敷設されていた。

1901(明治34)年、官営八幡製鉄所が国産レールの製造を開始したが、国産のレールが不足していたため、その後も1927(昭和2)年ごろまでは、輸入レールを併せて使用していたようだ。
 


レールとしての役目を終えた後、再利用されるのが一般的だった時代があった

 
明治の始めごろまでは、多くの駅には上家(うわや・柱に屋根をかけただけの建物)がなく、大きな駅でも木造の上家が主流だった。駅の上家や跨線橋(こせんきょう・鉄道路線をまたぐ橋)、柵などの建造物を古レールの再利用で造るようになったのは、明治の半ばからで、物資の不足が主な理由だったようだ。

そうした再利用は昭和40年代まで続いたが、物資が豊かになったことに加え、レールの素材が変化して加工しにくくなったため、現在は行われていないという。
 


日本全国に、数多くの古レール建築物が残っている

 
投稿にある通り、横浜は鉄道に縁の深い土地。どのような古レールが残っているのかキニナル。そこで、京浜急行電鉄株式会社総務部広報課の飯島学(いいじま・まなぶ)さん、JR東日本横浜支社広報室の野川貴史(のがわ・たかし)さんに、各鉄道に残る古レール造の建築物について教えていただき、その中の数ヶ所を実際訪ねてみることにした。



京急日ノ出町駅には1900(明治33)年イギリス製のレールが!

京急の駅での撮影の際、京浜観光株式会社受託事業部の田中利男(たなか・としお)さんに協力していただいた。
 


田中さんには、古レールについて詳しく教えていただいた
 

最初に向かったのは、投稿にあった京急日ノ出町駅

 
駅ホームの上家を支える柱に古レールが使われているとのことだが、一体どの部分なのだろうか。
 


ホームの真ん中あたり、7本のアーチ状の部分だという
 

レールを使用しているのが分かる

 
日ノ出町は、1931(昭和6)年12月に京浜電気鉄道が開業した駅で、当初は1~2両の電車が停車する駅だったという。駅構内について資料にあった戦前の写真と現在を比べるとホームの長さなど改築部分はあるが、形状はほとんど変わらず、当時のものが残っていると考えられるようだ。
 


ホーム両端、上方を渡る鉄骨はアーチ型でない

 
こちらは車両数が増えてから増築された部分で、使用されているのは古レールではない。
 


鉄骨の幅が一定でなく、レールではないことが分かる

 
あらためて、古レールについて確認できる部分を教えていただいた。レールには、製造会社、製造年、発注元などの情報が刻印されているのだという。
 


下りホームの中ほどに、レールの刻印を確認できるものが残っている
 

文字を見やすくするために写真を回転。一部修正を加えた

 
「HV&COLD 1900 KR」と刻印がある。「HV&COLD」は、「イギリスのボルコウ・ホーン株式会社」、「KR」は「発注元が関西鉄道」という意味だそうで、「イギリスのボルコウ・ホーン株式会社が1900年に関西鉄道から発注を受けて製造したレール」と読み取れるという。

投稿写真のレールにも、同じく「HV& COLD 1900」の刻印があるので、イギリスのボルコウ・ホーン株式会社1900年製のものと考えられる。

駅の品川方向のトンネル手前にある、人道橋の基礎部分にも古レールが使用されている。
 


橋の基礎に古レールが使用されているのが分かる
 

手前にあるレールを拡大してみると刻印が確認できる

 
少し読みにくいが、先ほどホームにあったのと同会社、同時期のレールのようだ。

再びホームに戻りながら、レールの刻印探しをしてみる。田中さんから、レールの刻印は1ヶ所ではないことを教えていただいたので、建物の上部なども見てみる。
 


時代を感じさせる上部の接続箇所
 

ここにも刻印が。1900の文字が何とか見える!?

 
日本製のレールが使われている部分もあると、教えていただく。
 


階段部分の屋根を支えるのは日本製のレール
 

レールに刻印があるのがわかった
 

「37 (マルS) 1949 |||| OH」と読める

 
「37」は単位でレールあたりの重さ、「(マルS)」は八幡製鉄所、「1949」が製造年、「||||」は本数で月を表し、「OH」 がレールの製法だそう。八幡製鉄所が1949(昭和24)年4月に製造したレールのようだ。ちなみに、Sを四角で囲んだマーク「カクS」もあり、こちらは富士製鉄製だという。
よく見るとレール幅は先ほどのイギリス製のものより広かった。

また、レールとは無関係なのだが、日ノ出町駅には有名なタイル絵もあるので、ここで紹介しておく。
 


上りホームにある三浦半島が描かれたタイル絵
 

よく見ると1枚だけ黒いタイルが。日ノ出町の位置!?

 
このタイル絵が、いつどういった経緯で設置されたのかは不明だそうだが、丁寧な描写に驚いた。

駅の外にも古いものが残っていると、田中さんに教えていただいたのは・・・
 


日ノ出町駅から上大岡方面に向かう部分の鉄橋

 
古レールではないが、こちらは接続部分にリベット接合という、現在ではあまり使われない工法が用いられていることからして、かなり古いもの、おそらく開業当時に造られたものと考えられるそうだ。

日ノ出町駅は、トンネルが間近にあり、カーブしている上、その先は高架になっている。その形状から、全面的な改修工事は難しい面もあって、開業当時の建築物がかなり現存しているのだという。
 


隣の戸部駅の上家。古レール使用ではないが、かなり古いものだそうだ

 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

放課後はアメリカへ!ネイティブ講師が教える学童機能付き英会話スクール「キッズパスポート」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

マンガ読み放題!? 高速ドライカットがイチオシの“コミックカフェ” みたいに寛げる「re:mix」

  • PR

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング