検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

鎌倉市には「~谷」を「~やつ」と読ませる場所がたくさんあります。その所以がキニナル!/鎌倉に近い金沢区でも同じような地名が!併せて調査を。(sky13748さん/たにけいさん)

はまれぽ調査結果!

「谷(やつ)」がつく地名が多いのは山の間という地形が由来。「やつ」と読むのはアイヌ語の語源とされ鎌倉では日常的に使われていた。

  • LINE
  • はてな

2016年02月10日

ライター:橘 アリー

どれだけ「谷(やつ)」があるのだろうか?

現代では「谷」という漢字は「たに」「や」と読むのが一般的であろう。しかし、鎌倉では谷を「やつ」と読むことが多いという。
鎌倉に谷を「やつ」と読ませる地名がどれだけあるのかについて調べてみると・・・
 


資料『鎌倉の地名由来辞典』付箋を付けたところが「やつ」と読む地名

 
ちょっと、気が遠くなりそうな数である。
この資料には、鎌倉に隣接する地域も載っているが、鎌倉のみで「やつ」と読む地名を書きだしてみると・・・
 


なんと、全部で56。こんなにあるとは本当に驚きである!※クリックで拡大

 
なお「谷」を「や」と読むのは、姥ヶ谷(うばがや)小袋谷(こぶくろや)関谷(せきや)などがあり、それ以外では、地獄谷(じごくだに)長谷(はせ)などがあった。

「やつ」と読む地名の多くは字名・小字名や谷の名前。その中で扇ヶ谷(おうぎがやつ)は、現在も住居表示の地名として使われており、ほかのものは、その地域の呼び名として残っている。
 


1919(大正8)年の鎌倉の地図で、いくつかの名前を確認できる

 
その中からいくつか印をつけて確認してみる。青丸が「扇ヶ谷」、赤丸が「葛西ヶ谷(かさいがやつ)」、黄丸が「比企ヶ谷(ひきがやつ)」。

名前の由来については「扇ヶ谷」は、諸説あるが「山と谷が入り組んだ扇形の地形であるから」という説が有力。「葛西ヶ谷」は小町の小字で、谷奥には「腹切りやぐら」があり、源頼朝の重臣である葛西清重(かさい・きよしげ)亭があったことに由来。「比企ヶ谷」の由来は、鎌倉時代の御家人の比企能員(ひき・よしかず)一族の屋敷があったことによる。
 


草が生い茂っている「葛西ヶ谷」。この奥の方に「腹切りやぐら」があるよう

 
『鎌倉の地名由来辞典』には、地名の由来についてはそれぞれ記述があるものの、「谷」を「やつ」「や」などと読むことについてその理由の記述はなかった。

それでは投稿にあった横浜市金沢区の「北谷(きたやつ)」についても調査してみよう。
資料『新版かねざわの歴史辞典』によると「北谷」は現在の釜利谷東5丁目の南部にあった字名であるとのこと。
 


「北谷」と呼ばれていた周辺は、現在は住宅地
 

「北谷」という名前は京急バス路線のバス停の名前として残っていた

 
そして「北谷」には民話の伝承があるようだ。
昔、北谷バス停近くに「うなぎの井戸」と呼ばれた井戸があったという民話がある。これは以前に「はまれぽ」で調べた関バス停近くの「うなぎの井戸」と全く同じ内容であるそうだ。

この2つの「うなぎの井戸」は共に上大岡方面から金沢区へ通っている笹下釜利谷(ささげかまりや)道路のそばにあり、笹下釜利谷道路は「かねさわ道」と言われていた鎌倉へ向かう道の一つであった。
 


地図で確認すると、青丸が「北谷」バス停。赤破線の辺りが鎌倉市

 
バス停のある「笹下釜利谷道路」はオレンジ線。黄色矢印方向が上大岡となる。
地図で見ると「北谷」は鎌倉に近い場所であり、そのため鎌倉と同じように「谷」を「やつ」と読むのかもしれない。

「北谷」の字名の由来は、いくつかの資料で確認したが載っておらず、金沢区のシティガイド協会にも問い合わせてみたが、残念ながら不明。
ますます、なぜ「やつ」と読むのかキニナってくる。

「北谷」バス停の近くには、鎌倉・室町時代の武士や僧侶の納骨堂として使われていた「やぐら」と呼ばれるものがあり、鎌倉を感じられた。
 


「やぐら」はフェンスで囲まれていている

 
なお、金沢区の「谷」がつく地名には、昔の字名は「関ヶ谷(せきがや)」「高谷(たかや)」「大谷(おおやと)」、現在もある地名では「釜利谷(かまりや)坂」「谷津坂(やつざか)」などがあった。

鎌倉、またその付近には「谷」を「やつ」と読む地名が多いことが分かった。続いて、人々は「谷」を「やつ」と読むことができるのか調べてみることにした。
 
 
なぜ「谷」を「やつ」と読ませるの!?
 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

古都・鎌倉にも空襲被害があったって本当?

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

諸説ある鎌倉の地名の由来とは?

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

レーズンウィッチで有名な「鎌倉小川軒」オーナーは横浜嫌い!?

白楽の地にて24年。「信頼と信用、約束は必ず守る」を大切にする「株式会社ユナイト」

  • PR

青森県の横浜に共通点はあるのか!?

独自メソッドで楽しく習字! 幼児でも汚さず書ける“水の毛筆”で字がきれいに!「ふでともかきかた教室」

  • PR

新着記事

東横線廃線跡に現れた謎の「R16」!これは一体なに?

    • 面白かった65
    • 面白くなかった7
    • コメント0
  • 2018年12月15日

家系ラーメン家系図大幅更新!【編集部厳選】

    • 面白かった8
    • 面白くなかった3
    • コメント0
  • 2018年12月16日
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

タイヤ販売から車の修理、日本初? のタイヤプリントも。 タイヤのかかりつけ医「タイヤセンター戸塚」

  • PR

歌とダンスと笑いで嫌なことを吹き飛ばそう! 明日の元気はここにある「横浜マリンロケット」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

「人をもてなす」基本中の基本に忠実だからこそ再訪を誓う。「焼肉おくう横浜本店」

  • PR

お客様優先主義が魅力。相鉄線沿線の和田町や鶴ヶ峰、横浜国立大学周辺で自分にあった物件探しなら!

  • PR

女子に密かなブーム? 精力増強に留まらないスッポンの魅力を伝える、野毛の専門店「横浜味処 あぐら亭」

  • PR

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

独特の発想と企画力で業界の若返りを! タクシーの未来を創造する「三和交通」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 12月15日の正午頃、上大岡駅前商店街のアーケード中間付近にある飲食店で火事がありました。この火事で...

  • 平成31年3月3日、京急大師線の東門前〜小島新田が地下化されますが、産業道路駅に3番線があった頃、駅...

  • 神奈川東部方面線の正式名が 新横浜駅を境に「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」に決定したそうです。短い区...

あなたはどう思う?

年末年始はどこで過ごす?

最近のコメント

アクセスランキング