ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市はみどりアップ推進と称して、みどり税を農家に注ぎ込んでいる?らしいですが、それにしては一部を除き、農地が荒れているような?いっそのこと、休耕田畑にお茶の樹を植えて、茶葉を収穫して紅茶や烏龍茶に加...

    ナチュラルマンさん

    らみぃさんに関連しますが、茅ヶ崎牛は県立茅ヶ崎里山公園近くにて畜産家が育てているようです。肉の直売もある? らみぃさんの投稿に併せて、生産家も取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

    茅ヶ崎にある「バリック」というイタリアンのお店で、茅ヶ崎牛のお料理が食べられるそうです。茅ヶ崎の牛?どんな味わいなのか、ぜひ取材してほしいです!

    らみぃさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

鎌倉市には「~谷」を「~やつ」と読ませる場所がたくさんあります。その所以がキニナル!/鎌倉に近い金沢区でも同じような地名が!併せて調査を。(sky13748さん/たにけいさん)

はまれぽ調査結果

「谷(やつ)」がつく地名が多いのは山の間という地形が由来。「やつ」と読むのはアイヌ語の語源とされ鎌倉では日常的に使われていた。

ライター:橘 アリー (2016年02月10日)

どれだけ「谷(やつ)」があるのだろうか?

現代では「谷」という漢字は「たに」「や」と読むのが一般的であろう。しかし、鎌倉では谷を「やつ」と読むことが多いという。
鎌倉に谷を「やつ」と読ませる地名がどれだけあるのかについて調べてみると・・・
 


資料『鎌倉の地名由来辞典』付箋を付けたところが「やつ」と読む地名

 
ちょっと、気が遠くなりそうな数である。
この資料には、鎌倉に隣接する地域も載っているが、鎌倉のみで「やつ」と読む地名を書きだしてみると・・・
 


なんと、全部で56。こんなにあるとは本当に驚きである!※クリックで拡大

 
なお「谷」を「や」と読むのは、姥ヶ谷(うばがや)小袋谷(こぶくろや)関谷(せきや)などがあり、それ以外では、地獄谷(じごくだに)長谷(はせ)などがあった。

「やつ」と読む地名の多くは字名・小字名や谷の名前。その中で扇ヶ谷(おうぎがやつ)は、現在も住居表示の地名として使われており、ほかのものは、その地域の呼び名として残っている。
 


1919(大正8)年の鎌倉の地図で、いくつかの名前を確認できる

 
その中からいくつか印をつけて確認してみる。青丸が「扇ヶ谷」、赤丸が「葛西ヶ谷(かさいがやつ)」、黄丸が「比企ヶ谷(ひきがやつ)」。

名前の由来については「扇ヶ谷」は、諸説あるが「山と谷が入り組んだ扇形の地形であるから」という説が有力。「葛西ヶ谷」は小町の小字で、谷奥には「腹切りやぐら」があり、源頼朝の重臣である葛西清重(かさい・きよしげ)亭があったことに由来。「比企ヶ谷」の由来は、鎌倉時代の御家人の比企能員(ひき・よしかず)一族の屋敷があったことによる。
 


草が生い茂っている「葛西ヶ谷」。この奥の方に「腹切りやぐら」があるよう

 
『鎌倉の地名由来辞典』には、地名の由来についてはそれぞれ記述があるものの、「谷」を「やつ」「や」などと読むことについてその理由の記述はなかった。

それでは投稿にあった横浜市金沢区の「北谷(きたやつ)」についても調査してみよう。
資料『新版かねざわの歴史辞典』によると「北谷」は現在の釜利谷東5丁目の南部にあった字名であるとのこと。
 


「北谷」と呼ばれていた周辺は、現在は住宅地
 

「北谷」という名前は京急バス路線のバス停の名前として残っていた

 
そして「北谷」には民話の伝承があるようだ。
昔、北谷バス停近くに「うなぎの井戸」と呼ばれた井戸があったという民話がある。これは以前に「はまれぽ」で調べた関バス停近くの「うなぎの井戸」と全く同じ内容であるそうだ。

この2つの「うなぎの井戸」は共に上大岡方面から金沢区へ通っている笹下釜利谷(ささげかまりや)道路のそばにあり、笹下釜利谷道路は「かねさわ道」と言われていた鎌倉へ向かう道の一つであった。
 


地図で確認すると、青丸が「北谷」バス停。赤破線の辺りが鎌倉市

 
バス停のある「笹下釜利谷道路」はオレンジ線。黄色矢印方向が上大岡となる。
地図で見ると「北谷」は鎌倉に近い場所であり、そのため鎌倉と同じように「谷」を「やつ」と読むのかもしれない。

「北谷」の字名の由来は、いくつかの資料で確認したが載っておらず、金沢区のシティガイド協会にも問い合わせてみたが、残念ながら不明。
ますます、なぜ「やつ」と読むのかキニナってくる。

「北谷」バス停の近くには、鎌倉・室町時代の武士や僧侶の納骨堂として使われていた「やぐら」と呼ばれるものがあり、鎌倉を感じられた。
 


「やぐら」はフェンスで囲まれていている

 
なお、金沢区の「谷」がつく地名には、昔の字名は「関ヶ谷(せきがや)」「高谷(たかや)」「大谷(おおやと)」、現在もある地名では「釜利谷(かまりや)坂」「谷津坂(やつざか)」などがあった。

鎌倉、またその付近には「谷」を「やつ」と読む地名が多いことが分かった。続いて、人々は「谷」を「やつ」と読むことができるのか調べてみることにした。
 
 
なぜ「谷」を「やつ」と読ませるの!?
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事