検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横浜は昔、大きな合戦が3つありました。鎌倉時代の鶴ヶ峰合戦。戦国時代の小机城合戦と権現山城合戦です。その歴史と古戦場レポと、コアな情報もあれば。(信(しん)さん)

はまれぽ調査結果!

「鶴ヶ峰の戦い」は1205(元久2)年、「小机の戦い」は1478(文明10)年、「権現山の戦い」は1510(永正7)年に起こった権力争いの戦だった

  • LINE
  • はてな

2016年02月18日

ライター:橘 アリー

謀略による「鶴ヶ峰の戦い」

関ヶ原の戦いなど有名な合戦があるが、500年以上前の横浜でも大きな戦いがあった。その戦場でどのような戦いがあったのだろうか。戦いの要所を抑えながら見てみよう。

まず「鶴ヶ峰の戦い」の跡地と戦いに至るまでの出来事を追っていく。

「鶴ヶ峰の戦い」は1205(元久2)年の鎌倉時代に、現在の鶴ケ峰で起きた畠山重忠(はたけやま・しげただ)軍と北条軍との戦い。

 

相鉄線鶴ヶ峰駅から徒歩7分ほどに鶴ケ峰1丁目古戦場跡がある
 

重忠が北条時政の謀略によって討たれ、重忠軍はここで全滅。重忠が討たれた地には慰霊碑がある。

 

畠山重忠慰霊碑
 

では、戦いに至る背景を紐解いていこう。
重忠は、1164(長寛2)年に武蔵の国の武将の父・重能(しげよし)と、衣笠城城主、三浦義明(よしあき)の娘である母の間に生まれ幼少期を現在の埼玉県深谷市で過ごす。

1180(治承4)年、源頼朝が平氏討伐に兵を上げると、父・重能が平家の家人であったため、重忠は平氏方として鎌倉に赴く。由比ガ浜で源氏方の三浦義澄(よしずみ)と戦ったが破れ、雪辱を期すため祖父が城主である衣笠城を攻め、母方の祖父、源氏側の義明を滅す。

 

横須賀市衣笠町の衣笠城址跡の碑
 

その後、挙兵した頼朝は武蔵国で重忠軍に遭遇する。

重忠は、前述のように平氏方として頼朝側の義明を衣笠城で滅ぼしたが、京都に居た父・重能より「自分は平家に使えているが、お前は、畠山の先祖が代々仕えていた源氏として戦え」と書かれた密書を受け取っていた。それにより、頼朝に従い、鎌倉へ向かう頼朝軍の先陣を務る。

 

関係性の図※クリックして拡大
 

後も、重忠は頼朝の平家討伐に尽力した。

1199(正治元)年に頼朝が亡くなると、頼朝の妻の北条政子の父・時政が力を伸ばし、重忠は北条氏の権力闘争に巻き込まれる。

 

鎌倉の源氏山公園の源頼朝像
 

重忠の嫡男・重保(しげやす)は、源実朝(さねとも)の正室を迎えるために上洛したとき、時政の後妻の牧の方の娘婿、平賀朝雅(ひらが・ともまさ)と酒宴で口論となる。

すると、牧の方は、重忠と重保に謀反の罪を問うよう時政に強く求めた。時政の息子の義時(よしとき)・時房(ときふさ)兄弟が重忠を弁護し慎重な判断をするように諭すが、重保は三浦義村(よしむら)によって由比ガ浜で討たれる。

 

関係性の図※クリックして拡大
 

義村は、重忠とは従妹で、重忠が義明を滅ぼしたことを恨んでおり、それを利用した北条時政の謀略。

 

現在の由比ガ浜(フリー画像)
 

重忠は、謀反の意思がないと示すために鎌倉へ向かった。
重忠が菅谷の館(埼玉県)を出発したのは、重保が討たれる3日前。

重忠が二俣川にさしかかったころ、重保が討たれ、義時・時房の北条軍が向かっていると知る。だが、身の潔白のため重忠は、菅谷へ引き返さず、二俣川で北条軍と戦った。そのときの重忠軍は134騎、北条軍は数万騎。

これが「鶴ヶ峰の戦い」。

 

戦いの地は、現在は静かな川と住宅地
 

戦いで、重忠軍は全滅し、重忠は矢の名手の愛甲三郎季隆(すえたか:源氏に仕えた武将)が射った矢で打たれた。

後に、義時は重忠の軍勢があまりにも少なく、重忠は謀反という無実の罪をきせられたとして、その死を悼んだそう。

北条氏の権力争いの結果、時政と牧の方は追放、義時が執権役につく。
重忠の死は、北条氏の権力争いにまきこまれた非業の死である。

重忠は、死の直前「我が心正しければこの矢に枝葉を生じ繁茂せよ」と言い、2本の矢を地面に突き刺した。

 

竹は生茂り「さかさ矢竹」と言われ、現在は慰霊碑の横に植え替えられている
 

ほかにも合戦にかかわりのある場所がいくつかある
 

旭区役所敷地内の「鎧の渡し・首洗い井戸」
 

武士が鎧を頭に乗せて渡ったとされる場所、また、討たれた重忠の首を洗い清めたとされる井戸である。

 

近くに重忠の「首塚」がある
 

重忠と134騎を埋めたと伝えられる六ツ塚
 

「菊の前」が埋葬されているといわれる駕籠塚(かごづか)
 

戦いを聞き駕籠でかけつけた、重忠の内屋(身分の高い人の妻)「菊の前」が、この地で重忠の戦死を聞き自害し、駕籠のまま埋葬されたそう。

次は「小机の戦い」。


続いては、小机の戦い・権現山の戦いについて追う! キニナル続きは次ページ≫
 

おすすめ記事

横浜市内にお城は無いの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

武将たちの熱い思いに触れる旅、はま旅「南万騎が原」編

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

小机城の「伝えの城」だった都筑区の佐江戸城跡に迫る!

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【編集部厳選】横浜は独立国家? アレの名前の由来を探る!

雨でも安心の屋内施設。安全に配慮した環境で、思いきり身体と頭を使って、夢中になれる遊びがいっぱい!

  • PR

新着記事

マグロ味のかき氷! 三浦市「たかなし商店」で変わり種かき氷を食べてみた

    • 面白かった6
    • 面白くなかった0
    • コメント1
  • 2018年08月15日

ラグビーワールドカップを応援! 「横浜西口街バル」が8月16日から開催

    • 面白かった10
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2018年08月14日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
はまれぽ.com無料掲載について
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽで記事を書きたい人集ま〜れ

はまれぽ編集部のイチオシ

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

朝市やカルチャースクールに買い物バスなど、コミュニティを影で支える「横浜セレモ株式会社」

  • PR

チキン南蛮や炭火もも焼きをはじめ、地元出身者が納得する宮崎料理を味わえる「いっちゃが横浜関内店」

  • PR

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

手作りの優しさに包まれて、ゆっくりとティータイムを。気軽にチョークアートを体験できるのも魅力!

  • PR

「海見え」「海近」物件多数! 通勤可能な海辺の住まいなら「湘南海辺不動産株式会社 湘南辻堂不動産店」

  • PR

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

みなとみらいの絶景を独り占め。絶品料理とサービスが魅力の「屋形船すずよし」で最高の横浜クルージングを

  • PR

牛肉はA5ランクは当たり前、さらに等級にもこだわる至極の味わい。牛鍋・しゃぶしゃぶの「じゃのめや」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 新しい箱根海賊船は、水戸岡鋭治が手がけることになりました。岡部憲明氏でなくて何故水戸岡氏なのか?小田...

  • 新横浜の隠れた名店?立ち食いそば屋さんの矢萩が、2018/8/19で閉店するそうです。よく通っていた...

  • 京急は「三崎口駅」を「三崎マグロ駅」にしたり、北斗の拳とのコラボでは「京急蒲田駅」を「京急かぁまたた...

あなたはどう思う?

みなとみらいで行われるピカチュウのイベント見に行く?

最近のコメント