家を建てるなら20代! 〜ヨコタテで叶えた理想の一戸建てライフ〜
“家を建てるなら20代!

ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

ゴールデンウィーク(GW)マル秘大作戦〜2017年版・はまれぽ流〜 [はまれぽ.com]
イベントカレンダー2017年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    2017年世界トライアスロン横浜大会は、女子エリートは、3連勝中のリオ金メダリスト、アメリカのグウェン・ジョーゲンセンが出産を控え、欠場すると思われますが、今年のレース、気たる東京五輪に向けて、男子も...

    エアバスさん

    7月にオープンします「ウイングキッチン京急鶴見」をレポートお願いします神奈川初出店のお店もあるとか・・・

    黒霧島さん

    金沢動物園で4/27・28日に、市とDeNAが自動運転バスの試乗会を行うとのこと。乗客の感想や今後の展開、IT企業DeNAが自動運転バスに参入する狙いなど、ぜひ取材をお願いします!

    たけむらさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
三崎のシャッター商店街に開店した元Jリーガーの接骨院って、いろんな意味で大丈夫?
2位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
3位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
4位
横浜市の住民税って高いの?
5位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
6位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
7位
横浜市職員の給料は高いのか!?
8位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
9位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
10位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
11位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
12位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
13位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
14位
あの横浜スカイウォークは廃墟と化すのか!?
15位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
16位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
17位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
18位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
19位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
20位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
21位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
22位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
23位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
24位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
25位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
26位
返還された上瀬谷通信施設で2026年に「花博」が開催されるって本当?
27位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
28位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
29位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
30位
JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

相模原市がJR相模原駅と橋本駅周辺に美術館を整備する構想を策定したけど、詳細は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

橋本美術館は暫定施設の「アートラボはしもと」を踏襲し、2020年度の開館を目指す。相模原美術館は未定。総事業費は「10億円はいかない程度」

ライター:はまれぽ編集部 (2016年06月16日)

2つの美術館

相模原市は2016(平成28)年5月、文化振興政策の一環として、市内に「美術館(相模原)」と「美術館(橋本)」(いずれも仮称)の2つの美術館を作る基本構想を策定した。

JR相模原駅と橋本駅周辺に整備し、市全体でアートを作り、育て、学ぶ拠点として整備する。
 


2つの美術館を整備する構想をまとめた相模原市
 

相模原市は1986(昭和61)年に策定した市の「第3次総合計画」のなかで、美術館の整備を打ち出しており、30年越しの計画となる。

では、実際、どこにどのような美術館を作るのか。相模原市市民局文化振興課の宮崎健司(みやざき・けんじ)課長に聞いた。
 


写真はNGとのことで
 

相模原市と周辺には女子美術大学、桜美林大学、多摩美術大学、東京造形大学の4大学のほか、美術科を持つ神奈川県立弥栄(やえい)高校がある。

このほか、緑区の藤野地区には300人ほどのアーティストが活動しており、美術環境に恵まれた立地といえる。
 


藤野地区にある「緑のラブレター」
 

現状、展示の場としてJR相模原駅の駅ビル「セレオ相模原」4階に「相模原市民ギャラリー」という機能があるが、市民サークルの利用も多く、市の収蔵美術品を常時展示・公開する機会が少ない。

加えて、相模原市は市立博物館および民間の貸倉庫で収蔵美術品を保管しているが、管理・保存の費用だけでなく、展示の際の運搬費の負担が生じている。
 


展示スペースも限られている
 

一方、前述の4大学と連携を取りながら子どもたちや地域、商店街とともにさまざまな活動を行う「アート活動の拠点」として、JR橋本駅から徒歩約10分、「アリオ橋本」に隣接する形で2012(平成24)年にオープンしたのが「アートラボはしもと」だ。
 


シンポジウムや学生企画展などが行われている
 

しかし、「アートラボはしもと」は民間のマンションギャラリーを相模原市が譲り受けたもので、暫定的な施設になっている。そのため、今後も同ラボでアート活動を続けるには恒常的な施設整備が必要となるという課題があった。

また、市が2001(平成13)年から毎年開催している総合写真祭「フォトシティさがみはら」のさらなる事業展開や充実を図ること、子どもや保護者に美術と触れ合う機会を提供したいという市の方針を実現するには、展示のスペースを含め、現状の市の施設では限界があった。
 


プロ・アマ問わず毎年多くの応募がある
 

では、2つの美術館はどのようになるのか。今後のスケジュールなど詳細を聞いた。


総工費10億円?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ハイブリッドファンの潮×はまれぽ エアコンの風の悩みを解消!

「ちょんの間」だった黄金町は「アート」の力で再生できるのか?

生田緑地にある岡本太郎ミュージアムはどんな感じ?