ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    川崎市多摩区長尾はツツジで有名な等覚院というお寺近くに、労働安全衛生総合研究所という怪しげな施設があります。溝の口駅近くの立呑屋で呑んでいたら、「あそこは旧日本軍731部隊の生き残りの医学者が作り、今...

    ナチュラルマンさん

    アントニオ猪木もよく通ったという、日ノ出町のガード下にあったとされる、マムシハンバーグを提供した店、今もあるのか?調査、宜しくお願い申し上げます。

    ナチュラルマンさん

    日照不足が心配です。横浜市内の近郊野菜の生育状況と野菜の価格が気になります。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

まだまだ花火大会は開催中!あなたはどこの花火大会に行きますか?

よこすか開国祭
サザンビーチちがさき花火大会
小田原酒匂川花火大会
三浦海岸納涼まつり花火大会
川崎市制記念多摩川花火大会
鶴見川花火大会
納涼花火(江の島マイアミビーチショー)
金沢まつり花火大会
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
2位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
3位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
4位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
5位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
6位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
7位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
【はまれぽ名作選】西横浜にある中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍のタンタンメンとは?
10位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
11位
【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!
12位
【はまれぽ名作選】野毛で食べられる裏メニューって、どういうのがあるの?
13位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
14位
【はまれぽ名作選】かつて馬車道交差点にあった「珈琲屋」、その後どうなったの?
15位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
16位
まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?
17位
【はまれぽ名作選】平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 伊勢佐木町編
18位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
19位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
20位
【ニュース】ホテルニューグランドこの夏だけの限定ラウンジ!
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜
22位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜
23位
「よこはまでカレーがおいしいお店ランキングベスト10」が知りたい!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【編集部厳選】食欲がわかない暑い日は、おそばをすすろう!
26位
【編集部厳選】梅雨明けしたし、夏と言ったらビールでしょ!
27位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
28位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
29位
【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!
30位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

相模原市がJR相模原駅と橋本駅周辺に美術館を整備する構想を策定したけど、詳細は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

橋本美術館は暫定施設の「アートラボはしもと」を踏襲し、2020年度の開館を目指す。相模原美術館は未定。総事業費は「10億円はいかない程度」

ライター:はまれぽ編集部 (2016年06月16日)

2つの美術館

相模原市は2016(平成28)年5月、文化振興政策の一環として、市内に「美術館(相模原)」と「美術館(橋本)」(いずれも仮称)の2つの美術館を作る基本構想を策定した。

JR相模原駅と橋本駅周辺に整備し、市全体でアートを作り、育て、学ぶ拠点として整備する。
 


2つの美術館を整備する構想をまとめた相模原市
 

相模原市は1986(昭和61)年に策定した市の「第3次総合計画」のなかで、美術館の整備を打ち出しており、30年越しの計画となる。

では、実際、どこにどのような美術館を作るのか。相模原市市民局文化振興課の宮崎健司(みやざき・けんじ)課長に聞いた。
 


写真はNGとのことで
 

相模原市と周辺には女子美術大学、桜美林大学、多摩美術大学、東京造形大学の4大学のほか、美術科を持つ神奈川県立弥栄(やえい)高校がある。

このほか、緑区の藤野地区には300人ほどのアーティストが活動しており、美術環境に恵まれた立地といえる。
 


藤野地区にある「緑のラブレター」
 

現状、展示の場としてJR相模原駅の駅ビル「セレオ相模原」4階に「相模原市民ギャラリー」という機能があるが、市民サークルの利用も多く、市の収蔵美術品を常時展示・公開する機会が少ない。

加えて、相模原市は市立博物館および民間の貸倉庫で収蔵美術品を保管しているが、管理・保存の費用だけでなく、展示の際の運搬費の負担が生じている。
 


展示スペースも限られている
 

一方、前述の4大学と連携を取りながら子どもたちや地域、商店街とともにさまざまな活動を行う「アート活動の拠点」として、JR橋本駅から徒歩約10分、「アリオ橋本」に隣接する形で2012(平成24)年にオープンしたのが「アートラボはしもと」だ。
 


シンポジウムや学生企画展などが行われている
 

しかし、「アートラボはしもと」は民間のマンションギャラリーを相模原市が譲り受けたもので、暫定的な施設になっている。そのため、今後も同ラボでアート活動を続けるには恒常的な施設整備が必要となるという課題があった。

また、市が2001(平成13)年から毎年開催している総合写真祭「フォトシティさがみはら」のさらなる事業展開や充実を図ること、子どもや保護者に美術と触れ合う機会を提供したいという市の方針を実現するには、展示のスペースを含め、現状の市の施設では限界があった。
 


プロ・アマ問わず毎年多くの応募がある
 

では、2つの美術館はどのようになるのか。今後のスケジュールなど詳細を聞いた。


総工費10億円?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

ハイブリッドファンの潮×はまれぽ エアコンの風の悩みを解消!

「ちょんの間」だった黄金町は「アート」の力で再生できるのか?

生田緑地にある岡本太郎ミュージアムはどんな感じ?