ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    日の出町駅から3分くらいのところに、つけ麺はま紅葉がオープンしています。東京・国分寺の名店「つけ麺 紅葉」ののれん分けのようですが、三種類の麺がとても美味しいです。スープがいい味なのですが、麺をつける...

    Mですさん

    ルミネの女社長が女のための店にするために理髪店を追い出したのが今の横浜駅前理髪店前の行列の原因か?これネタに記事できるかな?

    kodama_koさん

    本牧市民公園に、蒸気機関車のD51が展示されています。公園のホームページには“機関室に自由に入ることができる”とありますが、実際は老朽化を理由に柵が二重に張り巡らされて近づけないという、かなり残念な状...

    濱俊彦さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

相模原市がJR相模原駅と橋本駅周辺に美術館を整備する構想を策定したけど、詳細は?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

橋本美術館は暫定施設の「アートラボはしもと」を踏襲し、2020年度の開館を目指す。相模原美術館は未定。総事業費は「10億円はいかない程度」

ライター:はまれぽ編集部 (2016年06月16日)

2つの美術館

相模原市は2016(平成28)年5月、文化振興政策の一環として、市内に「美術館(相模原)」と「美術館(橋本)」(いずれも仮称)の2つの美術館を作る基本構想を策定した。

JR相模原駅と橋本駅周辺に整備し、市全体でアートを作り、育て、学ぶ拠点として整備する。
 


2つの美術館を整備する構想をまとめた相模原市
 

相模原市は1986(昭和61)年に策定した市の「第3次総合計画」のなかで、美術館の整備を打ち出しており、30年越しの計画となる。

では、実際、どこにどのような美術館を作るのか。相模原市市民局文化振興課の宮崎健司(みやざき・けんじ)課長に聞いた。
 


写真はNGとのことで
 

相模原市と周辺には女子美術大学、桜美林大学、多摩美術大学、東京造形大学の4大学のほか、美術科を持つ神奈川県立弥栄(やえい)高校がある。

このほか、緑区の藤野地区には300人ほどのアーティストが活動しており、美術環境に恵まれた立地といえる。
 


藤野地区にある「緑のラブレター」
 

現状、展示の場としてJR相模原駅の駅ビル「セレオ相模原」4階に「相模原市民ギャラリー」という機能があるが、市民サークルの利用も多く、市の収蔵美術品を常時展示・公開する機会が少ない。

加えて、相模原市は市立博物館および民間の貸倉庫で収蔵美術品を保管しているが、管理・保存の費用だけでなく、展示の際の運搬費の負担が生じている。
 


展示スペースも限られている
 

一方、前述の4大学と連携を取りながら子どもたちや地域、商店街とともにさまざまな活動を行う「アート活動の拠点」として、JR橋本駅から徒歩約10分、「アリオ橋本」に隣接する形で2012(平成24)年にオープンしたのが「アートラボはしもと」だ。
 


シンポジウムや学生企画展などが行われている
 

しかし、「アートラボはしもと」は民間のマンションギャラリーを相模原市が譲り受けたもので、暫定的な施設になっている。そのため、今後も同ラボでアート活動を続けるには恒常的な施設整備が必要となるという課題があった。

また、市が2001(平成13)年から毎年開催している総合写真祭「フォトシティさがみはら」のさらなる事業展開や充実を図ること、子どもや保護者に美術と触れ合う機会を提供したいという市の方針を実現するには、展示のスペースを含め、現状の市の施設では限界があった。
 


プロ・アマ問わず毎年多くの応募がある
 

では、2つの美術館はどのようになるのか。今後のスケジュールなど詳細を聞いた。


総工費10億円?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事