検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

相模原湖駅近くのラーメン店にクマが出たらしいですが・・・どういった状態で出たのか?大きさや種類は?また近隣の皆さんの対策が気になります(ところてん太郎さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

ラーメン店に激突したのはツキノワグマで、体長約1.3メートル。防災放送や防災メールが配信され、周辺住民はクマよけの鈴をつけて対策をしている

  • LINE
  • はてな

2016年06月17日

ライター:はまれぽ編集部

秋田県でのツキノワグマによる人身事故が記憶に新しいなか、相模原市緑区与瀬の「ラーメンセンター相模湖店」前にツキノワグマが出没したとの一報があった。

 

 赤線内が緑区与瀬、ピンが「ラーメンセンター相模湖店」(Googlemapより) ※クリックして拡大

 
相模湖といえばJR相模湖駅すぐそばにあり、観光スポットとして古くから親しまれていて、土日や大型連休となれば観光客も多い。以前はまれぽでも湖畔でキャンプを行っている。

緑豊かな地域ではあるが、駅周辺はにぎやかな印象がある。どのような場所でクマが出没したのか? また、周辺住民はどのような対策を行っているのだろうか? これから観光シーズンを控える現場へと向かった。
 

 
相模湖駅そばのツキノワグマ出没地点へ

  

 JR相模湖駅に到着
   

 徒歩15分で「ラーメンセンター相模湖店」に到着


駅から「ラーメンセンター相模湖店」に向かう国道20号線は車通りも多く、道沿いには郵便局や個人商店、レストランなどが立ち並んでいる。

今回、お話を伺ったのは「ラーメンセンター相模湖店」の店長である、齋藤雄治(さいとう・ゆうじ)さん。

  

 子細にお話してくださった
  

今回、ツキノワグマを目撃し、警察への通報を行ったのも齋藤さんだ。ツキノワグマが出没したのは2016(平成28)年5月28日の午後9時8分とのこと。

「入口横にあるカウンター席に座って、自動ドア横のテレビを見ていたから、はっきり時間を覚えています。物凄い勢いで自動ドアに黒い塊が突進してきて、ガラスにぶつかったんです」

  

 自動ドアの真横にテレビがある


「クマは20号線に降りてきてしまって車に驚いて、逃げ込んできたのかもしれません。多分、ガラスの存在が分からなくて、頭から突っ込んだのではと思います。ガラスに手をついてUターンし、すぐにいなくなりました」と齋藤さん。

 

 ガラスにはツキノワグマの鼻跡や手形が残っている


ツキノワグマが激突した自動ドアは、言葉通り「自動ドア」だ。走ってきたツキノワグマが勢いよくドアにぶつかったため、自動開閉のセンサーは反応せずドアは開かなかったが、スピードによってはセンサーが反応し、ツキノワグマが自然に店内へ侵入してきたかもしれない。

「ちょうど1年ぐらい前、お客さんが自動ドアにぶつかってガラスが割れてしまったので、通常のガラスではなく“強化ガラス”に変えていたんです。あの勢いからして、強化ガラスじゃなかったらガラスは割れていたと思います」と齋藤さんが続ける。

当日、齋藤さんが居たのは入口からほんの2メートルほど先だ。考えたくもないが、もしドアが反応したり、ガラスが割れていたとしたら、ツキノワグマと正面から鉢合わせしていたことになる。

 

 「クマだと一瞬で理解し、店の奥に逃げた」と齋藤さん


もともと、犬や猫などの動物が苦手だという齋藤さんからすれば、ツキノワグマへの恐怖は多大なものだっただろう。

「クマのサイズは1.3メートルぐらいでしょうか。捕まっていないので詳細は分からないそうですが、大人のツキノワグマのようです」

  

 手を広げてサイズを確認するとかなり大く感じる


ツキノワグマはすぐにいなくなったが、急いで自動ドア前に椅子でバリケードを作って警察の到着を待ったそうだ。警察が到着したのはツキノワグマ出没から約20分後の午後9時30分ごろ。パトカー4台で周辺を見て回ったがツキノワグマの姿は確認できず、午前0時近くまでパトカーが店のそばに待機していたとのこと。

翌日の午前10時に市の職員が確認のため店を訪れたが、ツキノワグマの痕跡が見当たらず、最初は「イノシシと見間違えたのでは?」という話も出たそうだ。しかし午前11時ごろ、店の脇にあるゴミ捨て場付近で足跡が発見され、「ツキノワグマの出没」と確認。

 

 赤丸内、かなり大きな足跡が見て取れる


午後1時ごろには相模原市の防災放送である「ひばり放送」にてツキノワグマ出没の周知と注意喚起が行われ、「クマ出没注意」の看板が設置された。

 

 物々しい雰囲気に


「ラーメンセンター相模湖店」は与瀬で40年営業しているが、今まで一度もツキノワグマを目撃したことはないという。現在は人や動物を感知するサーチライトを店外に設置していて対策を行っている。

同店に訪れたお客さんであり、与瀬で生まれ育ったという中年の女性は「ひばり放送を聞いて、びっくりして。自然が多いからサルやキツネ、シカ、イノシシなら出るけど、長年住んでいてこのあたりでクマが出没するなんて初めて聞きました。ちょっと離れた牧野(まぎの)や藤野なら出没するらしいけど・・・」とのこと。

小学校や中学校では臨時の注意喚起メールが回り、近くに住む友人・知人は「クマよけの鈴」を身に着けるようになったそうだ。

 

 女性はこの日もバッグにクマよけの鈴を着けていた


市の対応は? クマのプロはどう見る? キニナル続きは次ページ≫
 

おすすめ記事

米軍施設のある相模原市、騒音問題の現状は?

不動産の「困った 」を総合的に解決。 有効活用への道を開く「日経管財株式会社」

  • PR

リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!

患者さんの痛みと向き合い、快方へと導く確かな腕。泉区「白百合治療院」

  • PR

【ニュース】みなとみらいの二大商業施設で「W★SALE」!

地域密着医療をめざして、ネコがお出迎えしてくれる。横浜市戸塚区「かみくらた動物病院」

  • PR

本数が超少ない北新横浜駅前のバス停はどんな人が利用するの?

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

新着記事

横浜の運送会社「大松運輸」って、休みも取りやすく働きやすいホワイト企業って本当?

    • PR
  • 2018年06月18日

【編集部厳選】ロシア大会開幕! サッカーワールドカップのキニナル! 

    • 面白かった4
    • 面白くなかった12
    • コメント0
  • 2018年06月17日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

中山を愛する名物社長に会える! 住民と入居者のマッチングを大切にする「丸進不動産」

  • PR

1929年創設の歴史に裏打ちされた確かな実績。横浜で本物を学ぶ浅野の建築「浅野工学専門学校」

  • PR

基本を理解することで、学力が伸びる。生徒と並走し、きめ細やかな個別のケアも行う学習塾「ケイスクール」

  • PR

さまざまな場面で最大限の便宜を図る、港北区日吉の不動産屋さん「エス・ケーホーム株式会社」

  • PR

40年以上続く経験豊富で頼れる社会保険労務士事務所「社会保険労務士法人 横浜中央コンサルティング」

  • PR

本当に適正で二人に合ったウエディングを提案してくれる「ウエディングエージェンシー」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

その味を知ったら絶対宮崎県に行きたくなる!曙町の名店「みやざき地頭鶏 てげてげ」

  • PR

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • はまれぽ編集部の投稿記事から取材対象を決め、取材して記事になるまでの過程がキニナル。

  • 横浜インターナショナルスクールが小港町二丁目の国有地(山手警察裏 本牧フロント横)に移転することにな...

  • ロボネコヤマトの実証試験運用が終わってしまいましたが、その後を調べて下さい。

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント