検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

三ツ沢下町の国道沿いにある謎の木の正体は?

ココがキニナル!

この木なんの木?気になります。(雄鳥屋さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

この地に植樹からおよそ40年。気になる木の樹名は、落葉高木のアオギリ。不思議な木の膨らみは、「ガンシュ病」という病気の可能性が高いようだ。

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

神奈川区市営地下鉄ブルーライン三ツ沢下町駅、国道1号線沿いで確認された不思議なビジュアルと雰囲気を醸し出すという街路樹。この木なんの木ということなので調査に。
 


投稿者が送ってくれた場所のgoogleストリートビュー画像



現地、三ツ沢下町へ



駅からほどない距離で現地に到着。少し歴史を感じるブティックの前で問題の木を発見。
 


他の木と比べ強く異彩を放つビジュアルと、屋根との不思議な関係

 


内側から拝見。中央に謎の大きな膨らみ


この木は国道沿いに並ぶ街路樹のうちの1本のようだが、こんな異常なコブがあるのはこの木だけ。
確かに気になるこの木について、目の前に店を構えるブティック「MARUMI」の人に話しを聞くことにした。
 


話はできたが、名前、顔出しはNG


この店のオープン時からのスタッフで店番をしていた女性曰く、この一見不思議な木の名前はプラタナスだったような覚えがあるとのこと。店を始めた三十年ほど前から木はあり、中央の謎の膨らみについては、店を始めた頃は存在もなく、十年ほど前から小さく膨らみはじめ年々大きくなってきているのは気づいていた様子。

特に危機感もなくただ静観していたら、最近ではとんでもなくなってきたので、年に一度雑草の刈り取りにくる業者に話を聞くつもりだったと話してくれた。
 


膨らみを近撮。直径はおよそ60cm超


ブティックの方にはこれ以上話を聞くことができなかったため、2軒隣、こちらも三十年以上前からこの地で店を営んでいるという方に話を聞くことにした。
 


巻き寿司専門店“のんのん”の店主、臼ヶ谷(うすがや)さん


国道沿いに列をなす木は、やはり三十年前から変わらず植えられており、ブティック前の問題の木については、何人かのお客さんや常連の方も他の木と違う感じでなんなんだろうねと話すという。

元々は他の木と同じような形状だったのだが、木の異変について、臼ヶ谷さんは数年前から大きな膨らみが目立つようになり、その不思議な成長が気になっていたとのこと。
 


この種の木の通常がこの形状。背も高い。やはり気になる木は異彩を放つ


臼ヶ谷さんに、近くに造園屋があるから、そこに行けば詳しい話を聞けるのではないかと教えていただいたので向かってみることに。