検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

三ツ沢下町の国道沿いにある謎の木の正体は?

ココがキニナル!

この木なんの木?気になります。(雄鳥屋さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

この地に植樹からおよそ40年。気になる木の樹名は、落葉高木のアオギリ。不思議な木の膨らみは、「ガンシュ病」という病気の可能性が高いようだ。

  • LINE
  • はてな

ライター:クドー・シュンサク

膨らみは木の病気!?

 


こちらの方も名前、顔出しはNG


話には快く応じてくれた造園屋の方は、木はおそらくプラタナスではないかと。
あの大きな膨らみについては“コブ病”という木が侵される病気の一種だろうと話してくれた。

珍しい病気ではなく、湿度が高い場合と、病原菌が細胞を異常に増殖させる際にコブになり、それが進行し続けると大きくなるとのこと。

木の写真を見せたところ、屋根で陽の当たらない環境もコブを発生、進行させる原因かもしれないと言っていた。
もう少し深く聞きたい旨を伝えると、国道沿いの木なので、管轄は国がやっているから詳しい話はそちらで聞くのがいいと教えてくれた。

その場で、街路樹を管理している関東地方整備局横浜国道事務所に電話をかける。
 


取材日、秋には珍しい紫陽花が咲いていた




気になる木の実体に迫る



話を聞いたのは、関東地方整備局管理第二課二次係長の浦丸さん。
樹名については、プラタナスではなく、アオギリ。

同局では、昭和34年から道路管理をしており、確かな情報は残っていないが、昭和40年頃から街路樹としてアオギリが植えられたとのこと。

病気とされているコブについては、発生時期が不明で、ガンシュ病(傷口から細菌が侵入しコブを作る病気。コブ病とほぼ同じ症状)の一種ではないかと判断している様子。

これは、樹木の管理委託をしている民間の業者が判断し、現在病状を調査中で待ちの状況ではあるが、進行具合や詳しい病名が判明次第に放置するか除去するかを決めるようだ。
 


缶コーヒーでコブの大きさ比



まとめ



個人的に調べたところ、他のアオギリと比べて背丈が小さいこの気になる木は、コブの部分の病気が進行しすぎて木そのものの成長を病状が遅延させているようである。

結果、そのコブ自体の異様なビジュアルと、成長の遅れた木の背丈が他のアオギリとは違い、気になる木のビジュアルになったと言える。

気になる木の実体、こんなところでしょうか。


― 終わり ―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 個人的には道路を渡った反対側「遊星人」というスナックの前の青桐のこぶのほうがすごいと思うのだがゴミ集積場所の上にカラス除けシートでくるまれているから気が付きにくい。。

  • 調査ありがとうございます。とてもスッキリしました!

おすすめ記事

東神奈川、川沿いラブホテルは船でいけるのか!?

迷惑な営業電話は一切ナシ。鶴見区「有限会社関榮不動産」

  • PR

国道1号線を「ニコク」というのはなぜ?

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

センター南駅の郵貯ATMがさいたま支店の理由は?

気軽な雰囲気でテニスクラブに入会経験のない人も安心。業界きっての理論派コーチの指導でスキルアップも

  • PR

おしゃれで快適!横浜駅周辺の最新女子トイレ事情を教えて!

特典あり

首、肩、腰、背中。デスクワークによる痛みが消えないライターが横浜の鶴ヶ峰にある整体院に駆け込んだ

  • PR

こんな記事も読まれてます

福富町で声をかけてくるキャッチって違法じゃないの?

資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!

今日は天気図の日! 横浜の気象にまつわる記事をまとめました!【編集部厳選】

開発が進むみなとみらい線の混雑はどうなる? 横浜高速鉄道を直撃!

関内発マスコットキャラクター、コンドームケースに住む妖精「コムちゃん」って何?

崎陽軒が横浜市消防局とコラボした非常食用のレトルトカレーってなに?

ちょっとマニアックな横浜クイズ vol.15

センター南駅の郵貯ATMがさいたま支店の理由は?

新着記事