ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道246号線を走ってると気になるんです。伊勢原の大山阿夫利神社方面に入る交差点近くにある、大きな看板「大山豆腐」が掲げられている閉鎖されている工場があります。何度も食べた豆腐のメーカーだと思うのだけ...

    inemugiさん

    昨日10/17(火)の日本経済新聞に 「リゾートトラスト社がみなとみらい地区に高級ホテル2軒新設」の報が掲載されてましたホテル事情の変化の取材を

    TTTさん

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
4位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
10位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
11位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
12位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
13位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
14位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
15位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
18位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
19位
2学期制って良くなかったの?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
22位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
24位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
29位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
30位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

日常生活の疑問やトラブルを、はまれぽがイチオシする専門家が分かりやすく解説! 第12回は弁護士が教える「心の労働災害」について

ライター:はまれぽ編集部 (2016年08月08日)

日常生活を送るうえで、さまざまな疑問やトラブルが生じることってありませんか?
 
「教えて〇〇さん!」は、そんな疑問やトラブルの解決方法について、はまれぽがイチオシする専門家が分かりやすくアドバイスしてくれるコーナーです。

 

日常の疑問を分かりやすく解説
 

 
 
職場で心の傷を負っている人は増えている?
 
労働災害として認められるのは、ケガなどの目に見えるものだけではない。2011(平成23)年12月、精神障害についての労働災害の認定請求数増加を背景に「心理的負荷による精神障害の認定基準」が定められた。
 
過重労働やパワハラ、セクハラなどを理由に心の病を患ってしまうその前に、どのような対処法があるのか。
みなとみらい線日本大通り駅より徒歩2分、横浜合同法律事務所の弁護士、田井勝(たい・まさる)さんにお話を伺った。

 

どんな疑問にも優しい口調で答えてくれる
 

厚生労働省の報道資料によると、2011(平成23)年度の精神障害による労働災害請求件数は1272件で、2015(平成27)年度には1515件と増加。職場で心の病を患う人は年々増えていると田井さんは話す。
非正規雇用の増加によって、安い賃金で過酷な労働を受けざるをえなくなったことや、長時間労働や強烈なパワハラが行われる、いわゆる「ブラック企業」が蔓延したことが原因だという。
また、ネット環境の発達により、自宅に仕事を持ち帰ることで業務時間とプライベートの境界があいまいになったことも一因なのだそう。

 

「仕事だから」という責任感に心が蝕まれていく(フリー素材より)

 
田井さんは「労働災害請求の中でも、特に心身共に消耗が激しい介護職の増加率が高いです。また、さまざまな責任が課せられる中間管理職を任された人が、精神障害に陥ってしまうケースが多いのです」と話す。
 
また、非正規社員だった人が正社員になった場合、「せっかく正社員になれたのだから」と厳しい環境を我慢し続け、抜け出せなくなるケースも増えているという。
 
 
 
精神障害による労働災害認定基準とは?
 
増え続ける、労働による心の病。自分は大丈夫だと思っていても、誰にでもふりかかる恐れがあると注意を呼びかける田井さん。
 
備えあれば憂いなし。いざというときにどのように動くべきなのか。最初の一歩として、労災認定の評価基準について教えていただいた。

 

3つの「精神障害の労災認定要件」。要件を満たさなければ認定されない
 

厚生労働省が発表している、心理的負荷評価表をもとに「強」「中」「弱」の3段階により心にかかる負担の大きさを評価する。「強」と評価される場合、労災の認定がおりる可能性が高まるので、「現在職場で困っていることがある方は、一度心理的負荷評価表をチェックしてみた方が良いかもしれません」と、アドバイスをいただく。

 

厚労省発表の資料内に心理的負荷評価表が記載されている
 

この評価表。例えば退職について、勧奨は「弱」または「中」だが、恐怖を抱かされる方法で勧奨したり、強要された場合は「強」に認定される。
時間外労働においては、精神障害発病直前の1ヶ月前に160時間の残業をした、あるいは発病直前の2ヶ月間連続して120時間、3ヶ月間では100時間の残業が続いていれば「強」と認定される。
 
こうして明確化された基準に照らし合わせることと合わせ、もう一つ大切なことがあると田井さん。それはしっかりと「証拠を残す」ことなのだそう。
「同僚の証言などで認定が通ることもありますが、タイムカードの記録を残していたり、パワハラの発言を録音しているケースの方が認定を受けやすいのです。パワハラを受けている際、その上司との会話を承諾なしに録音していても、基本的には違法ではないので、自己防衛に必要な処置として行動に移せます」

 

証拠があれば労災認定がされやすくなる(フリー素材より)
 

つらい思いをずっと我慢してきて、病まで患ってしまったのに、証拠がないために泣きをみるなんて救いがなさすぎる。
苦しい中でもこうした認定の事前準備を行っておくことが、後々の救済につながるのだ。
 
 
そもそも精神障害にならないためにはどうすればいい?≫

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事