検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

ココがキニナル!

県道515号線沿いの「三井用水取水口」。横浜市の説明板も立ち近代水道百選にも選定されてるが、一般人にはハード&危険な「観光名所なのに廃墟」な場所。復活の見込みと現状のレポートを(栄区かまくらさん)

はまれぽ調査結果!

日本初の近代水道設備である「三井用水取水口」跡地は現在、廃道の土砂崩れによって辿り着くことができない。また、復活の見込みも立っていない。

  • LINE
  • はてな

2016年11月28日

ライター:細野 誠治

されば港の数多かれど、この横濱に優るあらめや

今回のキニナルを追う前に、分かりやすく、まとめを読者の皆さまに。
ここ横浜で、日本で初めて水道(近代水道)ができた話です。

横浜開港(1859<安政6>年)から、しばらく。横浜は埋立地が多く、井戸を掘っても真水ではなく、塩水や飲料に向かない水が多く湧いてしまう土地でした。人口は増え続けており、水の確保は急務です。

 

今では想像もつきませんが、129年前の横浜での話

 
「何としても水道が必要だ」

当時の神奈川県知事・沖守固(おき・もりかた)氏は1883(明治16)年、イギリス工兵中佐のヘンリー・スペンサー・パーマー氏(1838~1893)に水道の調査設計を依頼。

 

沖神奈川県知事(写真・左)とパーマー氏
『横浜水道創設百周年記念写真集』発行:横浜市水道局

 
依頼から3ヶ月後、神奈川県はパーマー氏より提出された計画書を採択。

事業計画の内容は、取水口を相模川左岸の道志川と合流する「津久井郡・三井(みい)村」として、約44km先の野毛山に建設された浄水場まで、地下に水道管(鋳鉄管)を通すというもの。

 

100年以上前に行われた一大プロジェクト『近代水道創設 ~横浜水道の歩み~』発行:横浜市水道局

 
当初、神奈川県は、多摩川からの取水を想定。しかし、パーマー氏が強く主張する相模川からの取水案に決定。費用も労力もかさむものの、水量の豊富さと、将来の人口増・使用量の増加を見越した「将来性の明るい」相模川案を選択したのでした。

 

配水管を布設している様子。右の写真は保土ケ谷区内で撮影されたとされる
『横濱市水道拡張記念写真集』発行:横浜市水道局

 
横浜に水をーー。
1885(明治18)年、工事総監督工師に就任したパーマー氏は、2年後の1887(明治20)年9月に全ての工事を完了させます。

今から129年前。ついに横浜に水道が通りました。

 

当時の様子と工事現場写真
『横浜水道創設百周年記念写真集』発行:横浜市水道局

 
日本初、近代水道の始まりの地。
現在の神奈川県相模原市、津久井湖のほとり。水が汲み上げられた場所。
そんな「三井用水取水口」が廃墟になっているという。

一体、なぜか? これが今回追うキニナルです。

実は2年前、類似するキニナルを追い、回答を得ていました。

 

野毛山公園にある「野毛山配水池」が閉鎖されている理由とは?

 
野毛山公園内の立ち入り禁止区域にある「野毛山配水池(跡)」は、今回のキニナルである「三井用水取水口」から運ばれてきた水を市内へと分配する前に一旦、貯めておくための貯水施設。

横浜市水道局は、なぜ「水道遺産」を“閉鎖したまま”にしているのか?

理由は「予算内において、まずはライフラインの拡充。また震災などに強い水道管への移行を最優先としているため。よって水道遺産は、現状を維持」とのこと。

今回の「三井用水取水口」も「野毛山配水池」と同様の理由で閉鎖・現状を維持している状態なのだ。

 

運用当時の野毛山配水池(左)と、給水エリアにあたる西区。野毛山頂からの眺め(右)
(左:『横浜水道創設百周年記念写真集』
『横濱市水道拡張記念写真集』発行:横浜市水道局)


現在、野毛山公園には日本初の近代水道創設を讃える説明板が


現在の野毛山配水池跡。門が固く閉ざされている

 
観光名所として「復活の見込み」は、説明の通り。まったくの白紙状態。

では現状は、かつて水を汲み上げていた「三井用水取水口跡」はどうなっているのか? 

野毛山から北西へ約44km。相模原市に位置する水源地、津久井湖へ。
129年後の真実を見に行きます。
 
 

 

はまれぽ編集部のイチオシ

誰もが必ず経験する相続問題。相談するなら、真摯に依頼者と向き合う「本牧司法書士行政書士事務所」

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

お菓子を通して感動を届ける!横浜とともに進化を続け、新たな魅力を発信する老舗の旗艦店「ありあけ本館」

  • PR

【スタッフも募集中】みなとみらいで発見!フロントに大きなカゴを搭載した異様な自転車に乗りたい人は集合

  • PR

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

医療同様に地盤にもセカンドオピニオンを! 過剰な地盤改良を未然に防ぎ、住宅建築コストを削減!

  • PR

結婚相談所はモテない人の集まりじゃなかった! 理想の相手を“きちんと”見つけたい人必読!

  • PR

「仕事」と「プライベート」どっちも充実させたい方、必見!社員寮完備の「みちのく建設」で快適に働こう!

  • PR

トッププロと一緒にShall we Dance?横浜駅近の笑顔が弾ける社交ダンススタジオに体験入会!

  • PR

親子の物語が紡ぎ出す絶品料理の数々!およそ150品目のメニューをそろえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

  • PR

最近のコメント

アクセスランキング