ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

新年会

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧通りの桜並木は、周辺住民の心の拠り所であり、本牧のシンボル、横浜の桜の名所のですが、最近、三之谷~二之谷バス停にかけて桜木が大量に切倒されていることに気付きました。木の老朽化の懸念はありましたが、...

    masasさん

    鶴見の三池公園の入口の通りに道路の上を土管?のようなものが通っているのですがあれはなんでしょうか?それと、私が今20代後半なのですが、私の兄が30代なのですが昔、深夜に土管の手前でクラクションを3回鳴...

    zigoさん

    便乗ネタ。調査エリアの鉄道の高架で一番高いのはどこでしょうか?三崎口手前なんか結構お勧めですが。。。できれば道路の高架、あるいは鉄道や道路の橋まで含めていただければ。地面からの高さです。橋本の先の新小...

    うにゅーさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

初詣は行きましたか?

横浜市内
川崎市内
湘南
横須賀・三浦市内
そのほか
まだ行ってない
行く予定ない

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
横浜のオススメ初詣スポットはどこ?
3位
ついに最終回・・・。ロケ地巡り『逃げ恥』特集第2弾!
4位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
5位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
6位
みなとみらいの「インパクトがすごい」ハンバーガーショップに突撃!
7位
2年続けて大荒れだった横浜市の「成人の日を祝うつどい」、今年の様子は?
8位
【はまれぽ名作選】ラーメン二郎でニンニクマシマシの上ってどう頼むの?
9位
人口がたった1人!? 川崎区浮島の住人とは?
10位
横浜に階段を下るタクシーがあるって本当?
11位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「食べ放題」編
12位
横浜で初日の出が良く見えるスポットはどこ?
13位
一見入りづらい? 野毛の老舗喫茶店「桃屋」のカレーやきそばとは?
14位
銘酒が豊富! 横浜、駅近日本酒飲み放題のお店に突撃!
15位
野毛の怪しい映画館の中はどうなってるの?
16位
横浜港「除夜の汽笛」の正体は?
17位
みなとみらいに新しくできる「合同庁舎」の詳細は?
18位
ライター・松宮が食べまくる! 横浜中華街でギョーザが美味しいお店はどこ?
19位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
20位
本郷台駅の公務員住宅「南小菅ヶ谷住宅」跡地はどうなる?
21位
横浜にLRTが走る計画はどうなった?
22位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
23位
日本大通りに横浜DeNAベイスターズがオープンする新拠点「THE BAYS」の詳細は?
24位
横浜美術館とマークイズの間のグランモール公園。リニューアル後はどうなる?
25位
横浜で富士山が見えるおすすめスポットはどこ?
26位
多国籍の人々が暮らす県最大の公営住宅「いちょう団地」と一見入りにくい「超ディープ」なベトナム料理店「タンハー」に突撃!
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
29位
【はまれぽ名作選】菊名駅近くの住宅街にあるロータリーができた経緯は?
30位
横浜市内で無料かつ建物内にある展望台はどこ?
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年1月

横浜のココがキニナル!

全国的にも流行の兆しを見せているノロウイルス。横浜市内の状況はどうなっているの?(はまれぽ編集部のキニナル)

はまれぽ調査結果

2013年以来3年ぶりの警報が発令。例年に比べて2~3週間ほど早い発令で、横浜市衛生研究所は手洗いなどによる予防を呼びかけ

ライター:はまれぽ編集部 (2016年12月14日)

3年ぶり警報

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が流行の兆しを見せており、横浜市でも12月に入って流行警報が出された。

国立感染症研究所によると、ノロウイルスはヒトに対して嘔吐(おうと)、下痢などの急性胃腸炎症状を起こす。主な感染経路は感染者の糞便や吐物、これらに直接・間接的に汚染された物品類のほか、貝類などによる食中毒がある。多くは数日で自然回復する。
 


48時間以内に発症するケースが多い(横浜市衛生研究所ホームページより)
 

横浜市では感染症法に基づいて「感染症発生動向調査」を行っており、市内に90ある1定点医療機関当たりの1週間の患者数が20人を超える場合は「感染症胃腸炎警報」を発令する。

市衛生研究所によると、横浜市では2016(平成28)年11月28日から12月4日の週の定点当たりの患者報告数は22.74人で、基準を超過したため、警報の発令となった。市内の警報発令は2013(平成25)年以来、3年ぶりとなる。
 


過去6年間の横浜市内の感染性胃腸炎患者の推移
 

市内で最も患者数が多いのは都筑区で定点当たり42.80人。続いて栄区の29.75人、西区の28.33人と、市内全域で流行の傾向にある。
 


区別の流行状況
 

予防方法については「トイレの後や調理・食事前の石けんによる手洗い、便や吐物の適切な処理と消毒に加え、食品の十分な加熱が重要」としており、ノロウイルスの消毒には塩素系漂白剤などに使用される次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効だという。

同研究所は「警報発令の2週間ほど前(11月14日から同20日)も、警報に限りなく近いレベルだった。例年に比べて3週間以上早いペースで患者が増えているので、引き続き注意を呼び掛けていきたい」としている。
 


「まずは手洗いを」と担当者
 


取材を終えて

ノロウイルスは数日で自然回復するものの、症状が重い場合には下痢や嘔吐が1週間近く続くこともあるという。抵抗力が弱い子どもや高齢者を含め、日ごろの手洗いなどで十分な予防をしてほしい。


―終わり―
 

最初へ

前へ

1

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 107 面白くなかった 6


【関連記事】

コンドームケースに住む妖精「コムちゃん」って何?

野毛山動物園のカメは密輸されたカメって本当?

横浜公園にある謎の虫網の正体とは?