ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    地元の企業が横浜市に提案しているという横浜駅から中央卸売市場やみなとみらい、大さん橋などを経由して山下埠頭まで結ぶロープウェイ構想が気になります!横浜博覧会のゴンドラの思い出が蘇り、とても懐かしくぜひ...

    幸人さん

    野毛のお肉屋さん、尾島商店の隣にお洒落なカフェが急に現れました。外観が似ているけれど、尾島商店とのつながりはあるの?

    晴天さん

    はまれぽさんには珍しく、利用バスのアンケートに相鉄バスと東急バスが抜けてしまったのはナゼ?

    ホトリコさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

大さん橋で普段は入れない岸壁を使った初開催の「大さん橋マルシェ」ってどんなイベント?

はまれぽ調査結果

普段は入れない山下公園側の岸壁で行われる「大さん橋マルシェ」。第1回目の今回は、県内外のお店が101店舗出店し、2日間で2万6000人が訪れた!

ライター:福原 麻実 (2017年02月22日)

大さん橋では現在、多くのイベントが開催されている。今回、2月18日と19日の2日間にわたって行われる「大さん橋マルシェ」もそのひとつである・・・はずだが、編集部・広瀬から事前に送られてきた資料には、開催場所は「山下公園側エプロン(岸壁)」と記載されている。

本来は貨物の積み下ろしなどが行われる場所で、国が管理しており普段は立ち入ることができない。そんな、場所で開催されるなんて俄然興味がわく!

「大さん橋マルシェ」とはどんなイベントだろう? 早速調査へ。


開場前から行列! マルシェの初日に潜入!

開場15分前の大さん橋には・・・
 


すごく長い行列が!


開場は午前11時の予定だったが、あまりに人が多かったためか、10分繰り上げてスタート。
 


続々とお客さんが入場!


入場時には「パスポート」型のチケットが手渡され、再入場する際に必要となるそうだ。
 


この青いのがパスポート。ちょっと凝っていてかわいい


無事に入場し、まずは横浜港大さん橋国際客船ターミナルの広報リーダー、斎藤等(さいとう・ひとし)さんにお話をうかがった。
 


にこやかに対応してくださった


大さん橋マルシェとは、名前の通り大さん橋で開かれる市場である。

イベントの主催は「横浜港大さん橋マルシェ実行委員会」で、大さん橋の管理者である横浜港振興協会、神奈川新聞社、ハリマビステムの3社のほか、港湾局や里海イニシアティブ、漁業協同組合連合会などの団体から構成されている。

会場となったのは、普段は入ることができない大さん橋の山下公園側エプロン(岸壁)。約30メートル×450メートルのうち、3分の2を使用するという。この細長い空間に、幅1.8メートル、奥行2.7メートルの店舗が並ぶのだ。

 

この石畳の場所が岸壁。左側に見えるのが、普段から開放されているデッキ部分


出店する企業や団体、個人は公募され、今回は県内をはじめ全国各地から101の店舗が出店したそう。

その101の店舗は大きく分けると、大学生たちによるオリジナル商品が販売される「大学ゾーン」、県内各地から多数の商品が集まる「県内産品ゾーン」、横浜中央卸売市場で扱われる鮮魚が紹介されている「横浜中央卸売市場・地産地消飲食ゾーン」、他府県の特産品がそろう「全国産品応援ゾーン」、食と密接に関わる環境保護活動を行う、もしくはそれに貢献しうる製品を作る企業や団体による「環境ゾーン」の5つに分けられている。
 


店舗の看板を見れば何ゾーンなのかが分かる


斎藤さんにマルシェのおすすめポイントを尋ねると「生鮮ですね」との回答。ということで、その生鮮から、見て回ることに。
 


海辺でダイコンって! という驚きを凌駕する、新鮮な野菜の誘惑


一方、いろんな漁港ののぼり旗がはためく場所も


ちなみにこの魚は展示品。「それぞれの漁港でどんなものが水揚げされるかを知るきっかけになるように」とのことだそう。実際に本物の魚に触ることができるため、子どもたちも楽しそう。

 

見慣れない魚もたくさん。たしかに漁港にも行ってみたくなる


ほかにも見ていくと・・・あれ?
 


「ロイヤルウィング」が出店してる!


横浜の景色を楽しみながら食事ができるレストラン船「ロイヤルウィング」の店舗では船内で購入可能な商品や、今回のために開発されたオリジナルの叉焼(チャーシュー)まん、あんまんなどが販売されていた。じゃんけん大会も行われており、店員の方に勝つと乗船優待券がもらえるというので、挑んでみたが・・・
 


あっさり負けてしまった


ちょうどそのじゃんけんに勝った女性がいらっしゃったので、お話を聞かせていただくことに。

女性は二人連れで横浜市西区在住。今回の大さん橋マルシェは、その1週間前に三井アウトレットパークで開催されていたマルシェで知ったそう。
大さん橋マルシェの印象を尋ねると「地元民が多い感じ。今後もこれくらいの内容・規模で開催されるなら来たい」と話してくださった。
 


2週続けてマルシェにお出かけ。楽しそうでいいな

 
 
神奈川ゆかりの食材を使った昼ご飯を堪能!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事