ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

いまじわじわ話題の「たぬきケーキ」。はまれぽエリアで販売している洋菓子店をレポートしてほしいです。検索してもほとんど出てきません。個人的にも買いに行きたいです!(栄区かまくらさん)

はまれぽ調査結果

老舗洋菓子店の閉店に伴い「たぬきケーキ」は絶滅寸前。今回は必死の大捜査により、3店舗をご紹介! 

ライター:山崎 島 (2017年05月28日)

なんかの記事の冒頭でも書きましたが、筆者はたぬきにただならぬシンパシーを感じています。たぬきって、ずるくって口半開きでおなかぽろーんって出ているじゃないですか。

湘南の記事の時! タイマン張ってるのー  

似てると思うんですよ自分! 加齢とともに確実に似てきている。そんなことどうでもいいですね、失礼しました。

今回は巷でじわりと人気が高まっている、昔懐かしい「たぬきケーキ」を探して、たぬきなんかガブっと食べちゃう編集部・岡田(名前に寅の字が入っているので、たぬきは大好物かと・・・)と歩きまくって三千里!? 最後、挫折しそうになりながらも3店舗、ようやく辿り着き、ご紹介することができました。




歩いててほんっとたまたま見つけた「洋菓子サンピア」 

1軒目は他の取材途中にふらっと見つけたお店。相鉄線「希望ヶ丘」駅から徒歩2分ほどのところにある「洋菓子サンピア」。


坂の途中のケーキ屋さん


地域に根付いた、昔ながらのケーキ屋さんなんだな、という佇まいのお店だ。覗いてみると近所にお住まいと見えるお客さんが、ご店主と立ち話している様子が、これまたいい感じ。

坂の途中、っていうのもまたロマンがある 

ごめんくださーい

店内はレトロで暖かな印象。地元のケーキ屋さんの雰囲気を感じて、たまらんきもちに。ショーケースには色とりどりのケーキが並んでいる。ラインアップもショートケーキやモンブラン、ロールケーキ、黄金色のアップルパイなど、馴染み深いものばかり。 
 

手に取りやすい焼き菓子のコーナーも 

その一角に、今回のキニナル取材の主役が。

 

いる!! しかも仲間も

ひょうきんなお顔したこちらのお三方。右からたぬきくん(280円)、パンダくん(280円)、はりねずみくん(280円) です。うーん、懐かしさがこみ上げる。筆者平成元年生まれなのですが、この風景、見た覚えがあります。

同店は1973(昭和48)年にオープンしたお店だそうで、こちらのたぬきくんらケーキは最近復活させたとのこと。

「お店始めてから30年ぐらいは置いてたんですけど、いつの間にか作るのやめちゃって。最近になってお客さんから『たぬきケーキやらないんですか?』って言われることが多くなって、じゃあもう一度作るか、と」とご店主さん。 
  

ちなみに


パンダはご店主の新作で、はりねずみはたぬきよりもさらに歴史が古いのだとか。たぬきケーキのこだわりについては「顔ですね。これはお店によって違いが出る部分だと思います。人差し指と親指でちょいとつまむんですが、その加減が難しい」とお話してくれた。

訪れたお客さんみなさん懐かしがられるという、大人気のたぬきケーキ、では実際にいただいてみましょう。


たぬきとはりねずみも買いました
 

そーれ!


なんかちょっときりっとした表情してるではありませんか。手のひらサイズがいい感じ。食べるのもったいないなあ。 

が、割る!!


お顔の部分はバタークリームで、胴体はふわふわスポンジと、あれ、栗が入ってる!たぬきケーキってアプリコットジャムが定番だと思ってたなあ。

甘いんだけど、バターのコクと、栗の自然な甘味が、子ども風味なんだけど大人味、というか。きっと懐かしさがプラスされてるからかしら、大人向けの味わいだと思いました。


なかなか目を合わせてくれないはりねずみくんも


中身はたぬきと同じでしたが、刺さってるアーモンドが香ばしくて、こちらのほうが大人向きな印象。食べてて楽しくなるケーキですね。




伝統あるたぬきケーキのお店川崎大師の「ボナール洋菓子店」


思わぬ出会いがあった希望ヶ丘にごちそうさまを告げて、次に向かったのは川崎大師。

京急大師線「川崎大師」駅から徒歩約10分「ボナール洋菓子店」  

看板にSINCE1970って書いてくれているところ、さすがです、助かります。また外の黒板に、「つぶらな瞳でみつめちゃう たぬき」の文字が。

キャッチコピー、秀逸です


売り切れてなくて、よかった! いるんですねたぬき。今回ポンポコ拍子だー。意気揚々と店内へ!


店内は大きなショーケースのぬくもりを感じるかわいらしいかんじ


ショーケースには昔ながらのショートケーキや、新しいデザインのモンブランなど、伝統を受け継ぎつつ新しさも取り入れているおしゃれなケーキが並んでいる。

ショーケースでそのお店の方針がわかるものなんだな 

おっ


いたいた、「つぶらな瞳」のたぬき。なんだかひょうきんなお顔してるなあ。

この日お店に立っていたのは、2代目ご店主の井上さん。井上さんにたぬきケーキについて聞いてみた。今年で46年目になる「ボナール洋菓子店」は、井上さんの父さんが始めたお店だそうで、約10年前にこの場所に移転した。

「たぬきケーキは自分が物心付いたときからありました。40年ぐらいはあるんじゃないですかね」と井上さん。

同店では開業以来たぬきケーキを置いているそうで「ずっと定番でおいていたんですけど、同業者から『古い』と言われて、一度だけ作るのをやめたんです。そしたらお客さんたちから『やめないで』という要望をもらいまして。結局たぬきが姿を消したのは2日間だけでした」と、ボナールたぬき超愛されエピソードを聞くことができた。


ぽんぽこ

同店のたぬきケーキのこだわりは、顔を小ぶりにしているところ。小顔だとかわいらしく見えるそうです。

「最近は地方からこのたぬき目指して来店される方もいますよ」と、40数年変わらずファンの心をゲッツしているボナールのたぬきケーキ。

して、お味はいかに。1つ購入して大師公園で実食。でもその前にちょこっと撮影会!
 
 
たぬきケーキの撮影会開始!・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

懐かし味のパンを求めて! ライター山崎島、軽く旅に出た!

パンケーキ激戦区、山下町の人気店3店舗をライター山崎厳選!

元町・中華街でパンケーキ戦争勃発!? 話題の新店舗に突撃