ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    7月1日・2日に横浜市開港記念会館100周年のイベントが開催されますが、その日に普段は非公開の「ジャックの塔」にのぼれるそうです。イベントも含め、のぼってきてください。

    黒霧島さん

    仲町台からセンター北の港北ニュータウンには池のある公園が多くあります。人工の小川が池に流れ込んでいますが、あの水はどこから来てるんでしょうか?

    山下公園のカモメさん

    関内にある、りせっとcafeが急遽閉店するとのこと。色々な芸人、アーティストのイベントがある楽しいカフェだったのに…最後のイベントもあるようなので、是非取材してください。

    絆マンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
【はまれぽ名作選】民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
13位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
14位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
15位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
22位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
23位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
24位
【編集部厳選】「横浜の目印」のナゾ、いくつ知ってる?
25位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
28位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
29位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
30位
【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

神奈川県が外国人向け観光情報サイト「Tokyo Day Trip」を開設しました。県が発信する観光情報なのに、サイト名に「東京」が! 大いにキニナルと同時に今後どうするの?(よこはまいちばんさん)

はまれぽ調査結果

外国人観光客の間で神奈川県の知名度は低く、検索で観光情報までたどり着かないという弱点を補うために命名された、攻めのサイト名だった

ライター:ミズグチマイ (2017年06月10日)

神奈川なのに東京?

読者のキニナルの投稿によって「Tokyo Day Trip」の存在を知った筆者。さっそくウェブサイトを確認してみる。

 

「Tokyo Day Trip」トップページ。芦ノ湖の写真が表示された
 

ページ上部に"Tokyo"の文字があるが、確かに神奈川県の観光情報を紹介している。
神奈川県の観光情報サイトなのになぜ「東京」・・・? と確かにサイト名でモヤモヤする。

だが、筆者も気を抜けばオーストリアとオーストラリアを間違えたりする。もしかしたら「Tokyo Day Trip」もそういった誤植なのでは!?
このままだと外国人観光客に神奈川県という存在を誤解させてしまう!
これは「Tokyo Day Trip」を運営している神奈川県に、すぐ報告に行かねばなるまい。

 

神奈川県庁にやってきた
 

「Tokyo Day Trip」の企画・運営を行う国際観光課
 

対応してくださったのは、神奈川県産業労働局の国際観光課の今井明(いまい ・あきら)課長、同課の受入対策グループリーダー 南川修(みなみかわ・ おさむ)さん、同グループ主任主事の熊澤英一(くまざわ・ひでかず)さんの3名。

 

写真左から南川さん、今井課長、熊澤さん
 

「早速ですが、『Tokyo Day Trip』のサイト名・・・間違えていないでしょうか? 神奈川県の観光情報サイトで"Tokyo"とはどういうことかと思いまして」と質問をぶつけてみる。

 

「間違えていません」と今井課長
 

今井課長が「サブタイトルを含む『Tokyo Day Trip -Kanagawa Travel Info-』までが正式なサイト名で、神奈川を紹介するサイトであることを明記しています。間違いではありません」と説明してくれた。

なるほどサイトを改めて見ると、サイトのサブタイトルに"Kanagawa"の文字が確かにある・・・。

外国人観光客に神奈川県に来てほしいと思うがあまり、共に「申」という漢字のパーツが含まれている東京を神奈川と見間違えた・・・というわけでもなかった。
だが、なぜ"Kanagawa"より"Tokyo"が目立つサイト名になっているのだろうか? キニナル理由を伺った。

国際観光課は2年前に発足した課で、主に「国内外からの観光客誘致に向けた県内観光資源の発掘・磨き上げ」、「外国人観光客へのプロモーション」、「外国人観光客が神奈川県を訪れた際に快適に旅をすることができる、受入環境の整備」の3つを取り組んでいる。

近年、日本への外国人観光客は年々増えているが、実は神奈川県への訪問率はやや下がり気味という傾向にある。

 

神奈川県への訪問率(赤線)は低下傾向(出典:観光庁 訪日外国人消費動向調査、神奈川県観光振興計画より)
 

訪問率低下の理由は、外国人観光客の旅行のあり方が変化していることに起因する。かつては外国観光客のツアールートに神奈川県が組み込まれていることが多かった。

 

かつてはツアーで旅行する観光客が多かった
 

しかし、ここ最近の外国人観光客の傾向としてツアー旅行ではなく、インターネットなどを利用して、自分で行き先のプランを組む旅行者が多い。だが、旅行者は必ずしも日本の土地勘があるわけではない。検索する際に「神奈川県」という地名を知らないと、結果的に神奈川県の観光情報までたどり着かないのだ。

 

旅のスタイルが変わり、自分で行先を調べる旅行者が増えた
 

熊澤さんは「調べてみると『東京から日帰り(Tokyo Day Trip)』というキーワードで検索する外国人観光客が多いことがわかりました。神奈川県は東京から足を伸ばしやすい位置にあるので、検索で神奈川県を知ってもらうために『東京から日帰り』という言葉をサイト名に入れました」とのこと。

狙いは当たってGoogleで「Tokyo Day Trip」をキーワードとして検索すると、当サイトが表示されるようになっています」(2017年5月の取材時)と解説してくださった。

 

「Tokyo Day Trip」が上位に表示されている(Googleより)
 

しかし、"神奈川"のサイトなのに"東京"という言葉をサイト名に冠するなんて! という否定的な意見はなかったのだろうか? 

「なぜ"東京"なのか? という質問はありましたが、旅行者目線で考えて検索しやすいサイト名に・・・といった目的を関係者に説明したところ、納得してもらえました」とのこと。

ナルホド「Tokyo Day Trip」はインターネット時代ならではの、戦略性のある"攻め"のサイト名だったのだ。



利用状況は? 

実際に海外から来た旅行者に「Tokyo Day Trip」は利用しているのだろうか? 
英語圏に広告を打った効果で、2017(平成29)年2月10日のオープン直後の2ヶ月は順調な滑り出しだったが、広告を打たなかった4月は少し厳しい数字に・・・。

熊澤さんは「今後は広告のみに頼った集客だけではなく、海外の観光ウェブサイトとも連携して周知を進めます。『Tokyo Day Trip』はサイトを公開して終わりではなく、外国人観光客のリアルな動きを掴んで、需要に応じた情報を追加して育て続ける形で運用しています」とお話してくださった。



神奈川県を旅を快適に!

国際観光課では、「Tokyo Day Trip」のようなウェブサイトによる観光情報の発信だけではなく、観光客が神奈川県で快適に旅行することができるように受け入れ環境の整備にも取り組んでいる。

「4月に『MUSLIM FRIENDLY RESTAURANT GUIDEBOOK KANAGAWA』という冊子の第2版を発行しました。ムスリム(イスラム教徒)が宗教上で禁じられた食材を避けて食事ができるレストランをまとめており、主要な駅などで配布しています」と南川さん。

 

観光客が神奈川県で快適に旅行することができるように印刷物も発行
 

また、国際観光課では飲食店での外国人観光客の注文をサポートする多言語対応の神奈川県飲食店検索サービス「KANAGAWA food」も運営している。

神奈川県内の店舗が「KANAGAWA food」に情報を登録すると、多言語対応された印刷用のメニューの作成が可能なほか、本サイトで情報公開も行うことができる。

 

店舗と観光客の対話用、指差し会話用のシート(pdf)も公開されている
 

南川さんは「今後は、言葉の壁で外国人観光客への対応が難しい神奈川県の事業者へのサポートとして、英語・中国語・韓国語に対応した多言語コールセンター(電話通訳サービス)を開設する予定です」と教えてくれた。

神奈川県に観光で来てみたら言葉の壁でトラブルが発生してガッカリ・・・「星1つとさせていただきます」といったSNSでのレビューを避けるためにも有益な施策といえそうだ。

取材の最後に、お三方の個人的な神奈川県の外国人観光客へのオススメスポットを伺った。

熊澤さんは「鎌倉高校前ですかね。『スラムダンク』の舞台としても有名ですし」、南川さんは「大涌谷でしょうか。火山活動の白煙を間近で見られるのは世界でも珍しく、外国人観光客にもとても人気です」、今井課長は「観光地というわけではないですが、個人的には日本の居酒屋を体験してみてほしいです」と、三者三様の回答をいただいた。

 

はまれぽステッカーと共にパチリ


外国人観光客に突撃取材!?・・キニナル続きは次のページ≫
  

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

観光で来た外国人は横浜のどこが一番好き?

明治時代に大人気だった外国人向けの土産「横浜写真」ってなに?

横浜各所で募金を求める外国人の正体は?