ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    日の出町駅から3分くらいのところに、つけ麺はま紅葉がオープンしています。東京・国分寺の名店「つけ麺 紅葉」ののれん分けのようですが、三種類の麺がとても美味しいです。スープがいい味なのですが、麺をつける...

    Mですさん

    ルミネの女社長が女のための店にするために理髪店を追い出したのが今の横浜駅前理髪店前の行列の原因か?これネタに記事できるかな?

    kodama_koさん

    本牧市民公園に、蒸気機関車のD51が展示されています。公園のホームページには“機関室に自由に入ることができる”とありますが、実際は老朽化を理由に柵が二重に張り巡らされて近づけないという、かなり残念な状...

    濱俊彦さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
8位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
9位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
10位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
11位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
12位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

バリアフリー化と共に伊勢佐木町側へ人の流れが誘導される事も期待されている/JR関内駅、どう新しくなったのか/エレベーター等の設置状況は(よこはまいちばんさん/DJ UNAGIさん/ちぐれさん)

はまれぽ調査結果

JR関内駅工事はバリアフリー化と、周辺へのアクセス向上を目的としたもの。今後は認可保育園などの施設も完成する予定。

ライター:福原 麻実 (2017年07月28日)

過去、はまれぽでもご紹介したように、2017(平成29)年4月、JR関内駅が新しくなった。いったいどう変わった? 利用者にとってどこが良くなった? 供用開始後3ヶ月経ってからの変化はあるのだろうか? 早速調査へ。
 
 
 
まずは、JR東日本に話しを聞く

アポをとって、東日本旅客鉄道株式会社横浜支社(以下JR東日本)に取材を行った。

お話を聞かせてくださったのは、JR東日本横浜支社計画協議グループリーダー(当時)の磯嶋雅彦(いそじま・まさひこ)さん、計画協議グループ(当時)の小笠原実(おがさわら・みのる)さん、そして関内駅長の上野耕一(うえの・こういち)さん。
 


JR関内駅についていろいろ教えてくださった小笠原さん(右)と上野駅長

 
「関心を持ってくださってありがとうございます。よい駅を作れてよかった」と自信をもってご紹介くださった。

2014(平成26)年4月からはじまり、2017(平成29)年4月に一部完了したJR関内駅の工事は、駅にある設備の更新・改装といった「リニューアル」ではなく、駅舎そのものが変わる大がかりなもので、JR東日本では「駅舎改良事業」と位置づけているそう。

駅舎を改良する目的は、バリアフリー化と周辺の街へのアクセス強化である。

これまで、関内駅はエスカレーターは南口側のみ、エレベーターは両改札口に設置されていなかった。しかし、そのような設備を設置するにも、1階改札内のスペースは狭く、駅舎外に広げるにも周辺の敷地に余分なスペースがないため、駅舎の改良は実現できなかったという。
 


通勤ラッシュの時間帯には人であふれる駅舎周辺の歩道

 
そこで、今回の工事では階段などを大きく南側に取り付けることで、スペースを確保。

もともとホームの10号車付近からはじまっていた階段の位置を7号車付近に移した。これによって、北端までホームを歩かなくても階段にたどり着けるうえに、11万人もの乗降数に比較して充分とは言えなかった北口側の1階改札内コンコースと周辺通路の狭さも解消された。ちなみに、南口改札側の階段は従来通り。
 


上が改良前の北口改札。下が改良後(提供:横浜市都市整備部都市交通課)

 
さらに、上の図の赤矢印のように、以前はホームから階段を降りUターンして改札を出るという複雑だった動線がシンプルになり、ホームから降りたままの方向へ一直線に改札へ進むことができるようになった。

もちろん、バリアフリー化のための設備も整い、定員15人のエレベーターが2基、エスカレーターも2基、そして多機能トイレも設置され、誰にとっても使いやすい駅になった。
 


2つの扉が直角になっているエレベーターは、省スペースと乗降しやすさが両立している
 

トイレの壁紙は馬車や
ガス灯など横浜らしいデザインで明るくなった

 
もうひとつの目的である周辺へのアクセス強化については、関内駅の駅舎改良事業スタートにあたり、協議会が発足。関内駅北口周辺にはマリナード地下街やイセザキ・モール、馬車道商店街などがあり、それらの街の代表者と、JR東日本、横浜市で話し合いが行われた。

JR東日本の持つ駅作りやバリアフリー化のノウハウに周辺地域の意見を集めて新たな関内駅を作るこの事業は、駅を新しくするだけでなく、駅を中心としたまちづくりの一環という側面も持っている。

三者によるさまざまな意見を集約して改良された駅舎は、前述したように階段を下りてからまっすぐ改札へ抜けられるため、街を一直線に目指せるようになり、複雑だった北口から街への動線がわかりやすくすっきりした。
 


赤矢印が以前の流れ、青矢印が現在の流れ(Googlemapより)

 
さらに、駅が街の一部として大きく変わる、それを象徴するものが関内駅に誕生した。それがこの2階の大きな窓である。
 


窓がなく古い印象の駅だったが、とても明るくなった

 
「とにかく明るく、そして駅からこれから向かう(あるいはさっきまでいた)街が見えるように」という意見を取り入れた結果だという。
 


外から見るとこんなかんじ

 
なお、古い階段は・・・

 

現在このように閉鎖されていて、今後撤去されるとのこと

 
利用者の反応は? 周辺の街に変化はあるのか? キニナルインタビュー結果は次へ
 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事