ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

    横浜から秩父の近くまで、みなとみらい線、東急線、などと、西武線、東武線、などとが、東京地下鉄と相互に乗り入れています。観光客は、埼玉県方向から神奈川県方向の皆様が過半数で、神奈川県方向から埼玉県方向は...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「9月23日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
どうしてこうなの!? 東横線と直通するみなとみらい線が東急電鉄と別会社な深いワケ
5位
横浜橋通商店街の名店「天ぷら豊野」がイセザキモールに移転! その理由とは?
6位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
7位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
8位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
9位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
10位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
11位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
12位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
13位
横浜市の東西南北それぞれの端っこってどこ?
14位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「瀬谷限定販売『鬼盛りすたみな唐揚げ』」編
15位
近未来型ニュータウン? 日々進化し続ける武蔵小杉の現状をレポート
16位
工事が始まった横浜市の新市庁舎の特徴は?
17位
身近にあるけど意外と知られていない!? テレビCMでも話題の「アマノ」ってどんな会社?
18位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
19位
【編集部厳選】実りの秋に米をかき込め! 横浜のおいしい「丼」特集!
20位
三浦市に新バス停誕生! 京急油壺マリンパークバス停の出来た理由とは?
21位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
22位
横浜でおいしいオムライスが食べられるお店はどこ?
23位
【編集部厳選】パラッパラのチャーハンが食べたい!
24位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(関内・馬車道編)
25位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
26位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
27位
何かと話題の横浜市のごみ分別案内チャットボット「イーオのごみ分別案内」。いったいどこまで教えてくれる?
28位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
29位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
30位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017」に潜入!!!

ライター:はまれぽ編集部 (2017年09月10日)

天気はいいとも!

2017(平成29)年9月9日土曜日。

今年の夏は暑いなと思ったら雨ばかり降ったり、このまま秋かと思えば夏が戻ると見せかけてまた雨が降る。

といったご機嫌ななめでなかなかまっすぐにならない天候の日々が続くが、タモリカップ2017横浜大会が開催される本日は、ひさしぶりに気持ちよく晴れる週末となった。
 


鳥浜駅からマリーナへと向かう道にも朝の日差しが降り注ぐ

 
タモリカップをはまれぽが追いかけはじめて今年で4回目。2016(平成28)年は嵐2015(平成27)年は好天に恵まれるも海は凪ぎ、風を待ってスタートが遅れ、ライター永田いわく「日焼けにはご注意を!」の暑い一日だったりした。

タモさん主催の「日本一楽しいヨットレース」タモリカップが横浜で開催されて今年で5回目。1回目は台風によりレースは中止。大バーベキューパーティのみの開催だったため、レースの開催は今年で4回目である。

さて、今年はどうだろう? 
 


ウキウキウオッチングしながら横浜ベイサイドマリーナに到着
 

本部建物周辺では、タモリカップTシャツを着たスタッフたちが準備の真っ最中

 
盛り上がる雰囲気に胸躍らせながら、プレス艇に乗るメディアの方々とともに待機。やがて午前9時、いくつかのモーターボートに分かれ出航した。



天気晴朗なれど、波高し
 


徐行運転のマリーナのなかはもちろん穏やかだが外も穏やかそうだ
 

みなさんおはようございます!
 

と思っていたら、外に出ると波は意外と高かった

 
ボートはしばしば大きく揺れるが、しかし風は非常に穏やかである。そしてひとまず、タモリカップといえばのパレードを見物しに行かなければ。 
 


パレードの会場であるタモリカップの旗艦、帆船「みらいへ」のほうへ

 

出場するヨット186艇はすべて「みらいへ」の前を通過して
 

大会名誉会長タモさんに挨拶をする。さらに有志がパフォーマンスを披露する
 

パフォーマーが登場!

 

すべての艇に「いってらっしゃい」と声をかけるタモさん!
 


そして無数のヨットたちは海をたゆたいながらスタートの時を待つのであった

 
 
 

タモリカップの説明書 

スタートまでの時間を利用して、タモリカップのレースのルールを説明する。 
 


海上でおこなわれるヨットレースはスタートラインがわかりにくいのだが
 

このオレンジ色の旗を立てたモーターボート2台の間がスタートライン
 


そして3ヶ所に配置されたこの黄色いブイを反時計回りに回り

 
ゴールを通過後、2個のピンク色のブイの向こう側を通ってマリーナへ帰っていく。 
 


レースの規則が細かく記された帆走指示書にある「コース図」はこちらである
 


そして日本最大規模のタモリカップでは厳格なクラスカテゴリーも定められている


などと言っているうちにスタートの時刻が近づいてきたので再び視線を海上へ

 
 
 

風がなけりゃ、ねえ船長(キャプテン)!
 
そしてスタートライン艇を探しているときにふと気がついた。あれ、風が止んでいる。2時間ほど前に出航したときは、穏やかながらやわらかい風が吹いていたのだが、いまはすっかり凪いでいる。 
 


どうやらこれは無風状態である
 

そんななかスタート10分前、5分前のサイレンが鳴り
 

第1グループがスタート

 
タモリカップは出場艇数が多いため、第1から第3までのグループに分けて、約10分間隔で3回スタートが切られる。 
 


続いて第2グループ、第3グループもスタート
 

しかしながらゼロではないが相変わらずほぼ無風である
 

嵐のなか、風を切って波の上をぐんぐん滑っていった2016年とは様子が違う

 
穏やかなレース展開である。
 


そして早くもマストをたたんで穏やかな海を楽しむ判断をした艇もあちこちに
 

そう「風だけを頼りに疾走する」のがヨットなのだとタモさんも言っているように
 

風がなけりゃないで、海の楽しみ方はいくらでもあるのだ
 


そんなみなさんに監視艇に乗るタモさんが声をかけてまわる素敵なシーン
 


みなさん思い思いにゆっくりと楽しんでいらっしゃるご様子
 

疾走してもしなくても、海とヨットがあればそれでいいのだ!

 
レースが開始してから1時間半、いまだゴールする艇はないが、秋の気配を帯びた穏やかな海と空はどこまでも眩しく、どこまでも気持ちいいのであった。 
 


というわけで陸へ戻ることに
  

 
 
それでは一旦休憩です キニナル後半の部は次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事