ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    しっちょんさんと同じく、横浜駅北口は鶴屋町へ、やはり有料駐車場に出汁の自販機があります。ペットボトル入りの出汁です。何故、駐車場に出汁の自販機?気になります。

    ナチュラルマンさん

    11/11に妙蓮寺で行われる「寺フェス」が気になります!水行体験もできるとか。ライターの方にぜひチャレンジしていただきたいです!

    miyukidさん

    相鉄バスに「バスナビ」という方法で、コンピュータやスマートホンなどにバスの運行状況を随時案内しています。他のバス会社では、似たような案内を行わないのでしょうか?。神奈川県は観光客も多いと思いますので、...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「10月21日今日は何の日?」
2位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
4位
【はまれぽ名作選】プロでも運転が難しい?市営バスの難関路線に迫る!
5位
100年続く古き良き金魚店が横浜に!? 上大岡の「野本養魚場」を訪問!
6位
人口減少に歯止め? 消滅可能性都市・三浦市の新たな試み、空き家バンクとは?
7位
【はまれぽ名作選】本牧にある遮断機が無い踏切って、どんなふうに機関車が通るの?
8位
地下鉄関内駅の工事の内容は? 謎の右側通行の真相も調査!
9位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
10位
【はまれぽ名作選】上永谷駅付近にあるトンネル入り口「日野隧道」、出口はいったいどこ?
11位
横浜中華街のごみ不法投棄問題、現状と今後の対策は?
12位
横浜のクリーニング店で見かける"かわいすぎるクマ"の謎を探れ!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
15位
【はまれぽ名作選】34駅、計3449段!ライター井上が地獄の階段レポに挑戦!~市営地下鉄~
16位
鶴見に眠るお宝はおいくら万円? なんでも鑑定するあの番組に潜入!
17位
【はまれぽ名作選】なぜミニストップ1号店の場所に港北区の大倉山が選ばれたの?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
創業80年以上の戸塚区で唯一の銭湯「矢部の湯」が閉店するって本当?
20位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
21位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
22位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
23位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
24位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
25位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
26位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
27位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
28位
肩凝りが治る!?高周波バス停の由来は?
29位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
30位
獲れたての魚が食べられる食堂もある本牧漁港ってどんなところ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

JR南武線、横須賀線、東急東横線、目黒線が乗り入れる武蔵小杉。ゆくゆくは東海道新幹線の乗り入れもあるとか? 昔ながらの商店群と新規のタワーマンションの林立する街並みがキニナル(マッサンさん)

はまれぽ調査結果

乗り入れ沿線の増加に伴い発展を続けている武蔵小杉は、近未来型都市へと変貌を続けている。新幹線の乗り入れは、現在のところ検討されていない

ライター:渡辺隼人 (2017年09月15日)

ここ数年で劇的な進化を遂げた街、武蔵小杉。

東京出身の著者からすると、東急東横線(以下、東横線)でオシャレな人気スポットと言えば、自由ヶ丘や中目黒などが思いつく。しかし、近年それらの街を抑え、媒体によっては住みたいエリア神奈川ダントツナンバーワンのはずの横浜の牙城さえも武蔵小杉という街が脅かしつつあるとか・・・

 

現在の東横線「武蔵小杉駅」の様子
 

正直面喰らいつつも、先ずはその歴史を振り返ってみる。



武蔵小杉駅のはじまり

武蔵小杉駅の歴史は意外と古く、1927(昭和2)年、それまで横浜正金銀行(現:三菱東京UFJ銀行)のグラウンドがあった場所に建てられた、南鉄道線の「グラウンド前停留場」がその前身である。

その後、1945(昭和20)年4月、南武線の国有化と同時に「武蔵小杉駅」と名称変更した同駅は、貨物駅としてその歴史をスタートさせた。同年6月に東急電鉄も乗り入れを開始したが、当時まだ暫定的な駅だったため、そのホームにはまだ屋根もなかった。

 

仮設駅として開業した当時の東横線武蔵小杉駅(『東京急行電鉄50年史』より)
 

その後、近くにあった「工業都市駅(東急電鉄)」統合し、1947(昭和22)年、ようやく一般旅客の乗り入れを開始する。

 

1955(昭和30)年ごろの武蔵小杉駅の上空写真(国土地理院より)
 

武蔵小杉駅の主な出来事
 

2010(平成22)年、JR横須賀線の駅が開業し、東急と合わせて5路線(JR南武線、横須賀線、湘南新宿ライン、東急東横線、目黒線)が接続するまさに神奈川屈指のターミナル駅へと成長した武蔵小杉駅。しかし、そのことをもって住みたい街として飛躍的な発展を遂げていると言われても、正直ピンとこない。

 

武蔵小杉駅の乗り入れ人数の推移
 

 
 

現在の武蔵小杉

簡単な予習を終え、筆者は実際に現地に行ってみた。
東急の改札を出て、何気なく東口に降り立った瞬間、思わず絶句してしまった。

 

大都市・・?
 

駅ビルにはTOKYU SQUAREをはじめ、マルエツ、図書館までもが・・・
 

夜景はまるで近未来都市のよう
 

正直、その様相は目を疑うくらいの近代都市だった。
軽装で気軽にやってきてしまった自分に少々戸惑いながらも、2014(平成26)年にオープンした話題の商業施設「グランツリー武蔵小杉」を覗いてみる。

 

エントランス正面に見えるあの青いライトらしきモノは・・・?
 

14メートルの吹き抜けを流れ落ちる水のオブジェ「AQUA DROP」
 

屋上には日本最大級の広さを誇る空中庭園「らんぐりんガーデン」
 

ミストの出る公園って!
 

高層ビル群の谷間に、主婦層向けの恐ろしいほどにスタイリッシュなショッピングモール。
フードコートには平日だったためか、人出は少なかったが、そのテラス席を見て絶句。

 

アジアンリゾートを彷彿させる開放的なテラス
 

・・・学校帰り、こんな場所で宿題をできるなら、さぞかし成績も上がることだろう。
ハイクラスな施設の数々に少々場違い感を感じ、早々にモールを引き上げた筆者、一旦駅まで戻ることにした。
が、そこでふと気づいたのは・・・
この街には一定の人口が集まった駅前に大概ある、駐車自転車が1台も見当たらない・・・。
その理由がコレ。

 

まさに駅前、地下に通じる駐輪場が・・・
 

しかも自転車用エスカレーター付き
 

駅前バスターミナルの地下全てが広大な駐輪場になっている
 

駅前駐輪場と言えば、大概どうしても駅と離れてしまっていて、遅刻しそうな朝にはどうしても煩わしさを感じてしまう。しかし、この駐輪場の出口は正に駅の目の前。ここまで洗練された街に仕上がるまでには、どういった経緯があったんだろうか?

川崎市まちづくり局拠点整備推進室担当部長の白井章雄(しらい・あきお)さんと同係長の里館慶晃(さとだて・よしあき)さんにお話を伺った。

 

快く取材をお受けいただいたお二人
 

武蔵小杉の分岐点は、2006(平成18)年6月の東急目黒線の日吉駅への延伸(複々線化)、2010(平成22)年3月のJR横須賀線武蔵小杉駅の開業などが主なきっかけだったとのこと。

現在、武蔵小杉の代名詞ともいえるタワーマンション群がそびえ立つ東急武蔵小杉駅東側には、元々、東京機械製作所、不二サッシなどの工場があったが、鉄道の利便性の向上により土地価格が急騰。売却利益を得て郊外へと移転していく工場跡地に、大手ゼネコンが目を付け始めた。

もともと東急沿線は「田園都市理念(英国の経済学者エベネザー・ハワードによって提唱された自然と共存した街づくり計画)」にもとづいた街づくりを目指していたため、工場が移転しポッカリと空いた広大なエリアに市や鉄道会社が熟考を重ねた大規模な都市開発計画を打ち出し、瞬く間に都市化が進んでゆく。
まさに全てのタイミングが良かったそう。

なお、キニナルにあった新幹線の乗り入れについては、川崎市まちづくり局拠点整備推進室によると2017(平成29)年現在、未だ検討されてはいないとのことだ。

 

武蔵小杉で最初に建てられたタワーマンション「ザ・コスギタワー」
 

2009(平成21)年に策定された小杉駅周辺のマスタープラン(クリックで拡大)
 

2017(平成29)年現在、武蔵小杉駅周辺には9棟のタワーマンションが建設され、更に3棟が着工中とのこと。
既成の物件に捕らわれず、綿密な計画のもと街づくりを一から始められたことが、現在の武蔵小杉を作り上げられた最大の要因といえるだろう。
 
 
続いては、昭和の風情を探して・・・キニナル続きは次のページ≫

 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事