検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜でよく見かけるクリスマスツリーって、いつ撤去されるの?

ココがキニナル!

クイーンズスクエアとかのクリスマスツリーって何日の何時に撤去されるんでしょうか?クリスマス後すぐなのでしょうか?(八毛さんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

クイーンズスクエアでは、25日23時~28日午前中にかけて作業が行われる。その他は、25日の営業時間終了後から翌朝までに撤去されることが多い。

  • LINE
  • はてな

ライター:河野 哲弥

クリスマスツリーはいつまで見ることができるのか



年末を飾る華やかな風物詩「クリスマスツリー」。

横浜でも、多くの場所でシンボルとなり、公式サイトなどを通じて開催期間が明記されている。
しかし、それはあくまでも公式なものであって、撤去作業が完了するまでは、事実上見ることはできる。

では、本当の意味での展示終了時はいつなのか。
今回は、そんな「クリスマスツリー」の撤去日程を調べてみたいと思う。

まずは、質問にあったクイーンズスクエア横浜の「シンギングツリー」へ行ってみた。

 


画像提供: クイーンズスクエア横浜クリスマス委員会




見学者も多い、横浜を代表するクリスマスツリー



全長約12.6m (土台部含む) という巨大な「シンギングツリー」は、1997年のクイーンズスクエア横浜開業当初から飾られ、「音と光の連動」がコンセプトとなっている。

期間中毎日6回(17:30/18:30/19:30/20:30/21:30/22:00) 行われるショータイムでは、演奏に合わせてさまざまに変化するイメミネーションが楽しめる。

みなとみらい地区の冬の風物詩ともいえる同ツリーには、昼間の時間でも、次々と見学者が訪れていた。

 


カメラや写メを撮っていく人が多い
 

買い物などで来るときには、必ず訪れるというKさんご一家


こうした見学者は、撤去の日時などを気にしたことはあるのだろうか。
さっそくKさんに聞いてみると、やはり「考えたこともなかった」そうだ。

他の人にも同様の質問をしてみたが、帰ってくる答えは一緒だった。

そこで、撤去にどのくらい時間がかかると思うか、という質問に変えてみた。得られた回答は6件。
なぜか「6時間」という回答が最も多く3件、次に「2日間」が2件、中には「1カ月」という答えもあった。

もし一カ月もかかるとすれば、完全撤去のころには「大寒」を迎えているという話である。

では、本当のところはどうなのだろう。
そこで、「シンギングツリー」を管理する、クイーンズスクエア横浜クリスマス委員会を訪ねてみた。




実は、登録商標だった「シンギングツリー」



対応いただいたのは、同委員会副委員長の石川さん。

撤去の詳細について訪ねると、「そんな質問をされたのははじめてですよ」と苦笑されていた。

 


「シンギングツリー」の設計図


この「シンギングツリー」。実は有限会社パワーエッグの登録商標名なのだそうだ。

その特徴は、まさに「音と光の連動」であり、100チャンネル以上の明滅・色制御が可能で、表現はされるパターンは無数にある。音楽に合わせて、どう表現されているかが見どころだそうだ。

 


イベント中は、ロウソクの灯が揺らいで見える


クイーンズスクエア横浜の開業当初は、「クリスマスツリー」に生木を使っていたこともあったそうだ。

しかし環境面などを考慮し、2000年ごろから、現状のような構造物に切り替えたとのこと。
その仕組みは6層に分かれ、オフシーズンは倉庫にしまってあるそうだ。